ハイドロキノンは、肌の漂白剤と言われるほど強力な塗り薬です。有効な美白成分として注目され、アメリカでは様々な用途で認可されていることから、手軽に購入することができるものです。しかし、日本国内ではその強力さ、副作用などから濃度制限がかけられているので、皮膚科医や美容外科医の処方が必要になります。また、使用する際にも、十分に医師に相談することが必要不可欠です。

ハイドロキノンをデリケートゾーンの黒ずみに使うとどんな効果があり、どんな使い方が良いのでしょうか?
また、敏感な陰部に塗るため、副作用などはないのでしょうか?

ハイドロキノンの成分はどんなもの?

ハイドロキノンは、メラニン合成酵素となるチロジナーゼ阻害剤です。これは、いちごやブルーベリー、コーヒーなどにも含まれている物質であり、日本国内では2%までの配合であれば厚生労働省が許可をしているので市販の化粧品にも配合することができます。
しかし、それ以上の濃度のハイドロキノンの場合は、皮膚科などでの処方が必要になります。濃度が高くなることで発がん性が指摘されていることもあり、皮膚科で処方されるハイドロキノンも4%から5%程度となっています。

アメリカでは認可されていますが、ヨーロッパでは使用が禁止されている国も多いです。

ハイドロキノンはシミに効果を発揮する?

シミやシワを改善する効果がある薬といえば「トレチノイン」を思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。
トレチノインは、肌のターンオーバーを促進することから肌の内部のシミなどを排出する効果があるものです。一方、ハイドロキノンはトレチノインとは違った角度からシミにアプローチすることができるもので、どちらの薬もシミを改善することができるものですが作用の仕方が違っています。

ハイドロキノンはシミを生成するもとに働きかけることができ、今あるシミを排出しながらシミができるのを予防する効果があります。
ハイドロキノンはシミを作り出してしまう酵素を抑制することができるので、改善と予防を同時に行うことができるようになるのです。

なんでデリケートゾーンの黒ずみ解消に効果があるの?

ハイドロキノンには

・メラニンの生成を抑える
・メラニンの数を減らす

という二つの効果があります。
デリケートゾーンの黒ずみはメラニンによるものなので、ハイドロキノンを使用することで蓄積されたメラニンにも効果を発揮します。ですので、デリケートゾーンの黒ずみを解消することができるのです。

もちろん肌の漂白剤とは言っても即効性はありません。また、デリケートゾーンに使用する上では注意点がいくつかあります。
刺激が強いことでも知られているハイドロキノンですが、デリケートゾーンに使用するのであれば皮膚科医に相談をして濃度調整をしてもらうことで安全に使用することができます。

ハイドロキノンの効果を実感できる「安全な使い方」

ハイドロキノンは刺激の強い薬だと理解しておきましょう。そのため症状に合わせて皮膚科医による濃度調整が必要不可欠で、安全に使用するためには専門の医師に相談することをおすすめします。

ハイドロキノンの使用は一般的には1日2回、連日で使用します。

手順1

まずはデリケートゾーンを弱酸性の石鹸を使って優しく撫でるように洗浄しましょう。※皮膚を強くこすらないようにしましょう。

手順2

洗浄直後は角質層が水分を多く含んでいることから、薬剤が浸透しすぎる可能性があるので、必要以上に刺激を与えてしまう可能性があります。
※お風呂上がりから20分程度待ってから塗りましょう。

手順3

デリケートゾーンの黒ずみが気になる部分に薄く塗り広げていきます。

ハイドロキノンの6つの注意点|恐ろしい副作用とは?

デリケートゾーンの黒ずみに高い効果を発揮すると言われているハイドロキノンですが、使用する際にはメリットだけではなくデメリットも十分に理解して使用する必要があります。

注意点1、効果が高い=刺激が強い!

かなり刺激が強いと言ってもいいでしょう。ハイドロキノンを使用する上で一番気をつけなければならない点です。
美白効果のある成分と言えばトレチノインやアルブチン、ビタミンC誘導体などがありますが、これらの成分の中でも一番刺激が強いと言ってもいいぐらいです。もともと肌が弱い人の場合は、デリケートゾーンに使用するのであれば十分に医師に相談をして自分でもパッチテストをしてから使用する必要がありますし、普段肌の弱さなどが気にならない場合でもVIOラインでIラインは特にデリケートな部分となるので注意が必要です。

注意点2、全ての黒ずみに効果を発揮するわけではない!

日常生活の中で発生したメラニンが肌の中に溜まっているという状態の黒ずみの関しては、ハイドロキノンは高い効果を発揮します。ですが、できてしまってから何年、何十年も経っている場合は、肌の奥深くに色素沈着があるので、ハイドロキノンによって改善するのは難しいと言えるでしょう。
また、生まれつき遺伝が原因で黒ずみやシミ、そばかすなどがある場合には、ハイドロキノンで改善することはできません。

注意点3、デリケートゾーンには特に注意が必要!

デリケートゾーンに使用することで、黒ずみを劇的に改善することができる可能性があります。しかし、ハイドロキノンを使用すると元々の肌の色まで薄くしてしまうことになり、白い斑点(白斑)ができてしまう可能性があります。まるで、まだら模様の様になってしまうことがあります。

注意点4、濃度に注意が必要!

市販の美白クリームに使用することができるのは、2%までのハイドロキノンです。これ以上になると皮膚科医など専門の医師の処方が必要になります。効果が薄いからといって、勝手に濃度を高くしてしまうなどすると思わぬトラブルが起きてしまうことがあります。

注意点5、副作用があることを知っておく!

ハイドロキノンをデリケートゾーンの黒ずみの解消のために使用する場合には、副作用についても知っておく必要があります。刺激が強いことから肌荒れを起こすことがあり、痛みやかゆみ、乾燥、赤みなどが起こることがあります。それだけで済めばいいですが、皮膚のただれ、ケロイド状になることもあり、取り返しがつかない状態になることも少なくありません。

注意点6、使用中は紫外線に注意が必要!

ハイドロキノンは、メラニンの生成の抑制と蓄積したメラニンの除去をすることができるものです。ですが、メラニンは本来肌を紫外線から守る働きを持っているものなので、メラニンそのものが除去されてしまうことで、肌は極端に紫外線から弱くなってしまいます。紫外線に当たることで黒ずみが悪化してしまうこともあるので、ハイドロキノンを使用している時は、十分なUVケアが必要不可欠です。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンは最適なのか?

デリケートゾーンの黒ずみに非常に高い効果を発揮すると言われているハイドロキノンですが、他の美白成分に比べると刺激が強すぎることから、医師の処方や注意点などを見ると、取り扱いも少し面倒だなと感じている人も多いでしょう。
また、デリケートゾーンという敏感で大事な場所に、使用するという事に不安を感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

シミの改善などにはおすすめできるものではありますが、基本的にはデリケートゾーンの黒ずみの改善のためにハイドロキノンを使用するのはおすすめできません。
取り返しのつかない皮膚になってしまう可能性が低くないためです。

デリケートゾーンの黒ずみを改善したいのであれば、デリケートゾーン専用の美白クリームで副作用や肌のただれの心配をすることなく黒ずみを改善するのがよいでしょう。