病院

デリケートゾーンが黒くなって悩んでいるなら、それの解消法が気になりますよね!コレの解消法の1つに、美容皮膚科や美容外科といった病院でのホワイトニング処置があります。

やはり病院での処置なら確実性も高そうに思えますが、この方法でデリケートゾーンの黒ずみは解消できるでしょうか?また、この方法のオススメ度はどれほどのものでしょうか?

デリケートゾーンの美白に今興味がある方に向け、これら気になる情報をお届けします。

デリケートゾーンの黒ずみはホワイトニングで解消できる?できない?

一度黒くなったデリケートゾーンのお肌は、お風呂などでしっかり洗っても落ちないものの、病院などでのホワイトニングなら落とせることがあります。

そのワケは、この症状の原因や仕組みにあります。濃い色が一度ついても、手術などナシで、クリームなどの利用で落とせたりするんですよ。

原因は日常生活の中にある!デリケートゾーンが黒くなる原因は?

ホワイトニングを頼りたくなるほどデリケートゾーンが黒くなる原因ですが、実は日常生活の中にたくさんあるんです。

デリケートゾーンを黒ずませる原因

  • アンダーヘアをカミソリなどで処理する
  • 下着による締め付けやこすれ
  • アンダーゾーンの摩擦
  • 不健康な生活

これらにまったく当てはまらない方は、なかなかいませんよね。どれか1つにでも当てはまると、デリケートゾーンが黒くなる恐れがあります。

複数に当てはまる方など、デリケートゾーンがかなり濃い色に染まる方も多いですね・・・

デリケートゾーンが黒くなるのは、そこにメラニンが溜まっているから!

これら原因がどうしてデリケートゾーンを黒ずませるのか、そのワケは、先の原因は「メラニン」を発生させるからです。

メラニンとは、髪の毛に多く含まれる色素のこと。黒い色素も多いですし、酸化することで黒くなるものもあります。

どちらにせよ、メラニンがたくさんできるほどお肌は黒く見えるんですね。

メラニンが作られる仕組みは2つある!

メラニンができる仕組みは2つあります。

1つは「刺激」。先ほどの原因には、「カミソリでのお手入れ」や「下着の締め付け」など、お肌に刺激となるものが多かったのに気付きましたか?

メラニンは紫外線を防ぐなど、お肌を守る機能もあります。ですから、お肌が刺激を受けるほど、メラニンがたくさん作られます。

もう1つの原因は、「ホルモンバランス」です。体内のホルモンの命令でメラニンが作られることもあるので、お肌がまったく刺激を受けなくてもデリケートゾーンが黒ずむこともあります。

ホルモンバランスは不健康な生活をすると崩れやすいので、だから不健康な生活自体が黒ずみの原因にもなるんですね。

一度できたメラニンはお肌のターンオーバーで減るのを待つのが基本

一度できたメラニンは、お肌のターンオーバーのとき、一緒になくなります。ターンオーバーとはお肌の細胞が新しいものへと生まれ変わるサイクルのこと。

お肌の細胞は常に新しいものがお肌の底で作られており、約1か月ほどでお肌の細胞はすべて新しいものに生まれ変わるのが基本です。

このサイクルが正常に回っていれば、メラニンも少しずつ垢と一緒に排出されますので、だんだんとメラニンが減っていきます。

お肌からメラニンがなくなれば美白完了!?病院でのホワイトニングも可能

このように、いつの間にか黒くなったように見えるデリケートゾーンも、ちゃんと理由があって黒くなっているんです。しかも、メラニンは一度できたらずっと残るものでもありません。

新しく作られるメラニンがなく、今あるメラニンがターンオーバーですべてなくなれば、お肌が黒く見える原因がなくなるわけですから、デリケートゾーンの黒ずみも消えます。

実際にはデリケートゾーンが黒ずんでいる方のターンオーバーは乱れていることが多いので、セルフケアだけでは数年かかることもありますが、仕組み的には自然に薄まることもあるんです。

ですから、美容皮膚科などの処置でホワイトニングすれば、手術などナシでも解消できたりするんですね。

ホワイトニングの方法にはどんなものがある?

トレチノイン

トレチノインとはお肌のターンオーバーを促す成分で、塗り薬として出されることが多いです。国内品の市販は禁止されていますので、病院で処方してもらうのが基本ですね。

コレを使うとお肌の細胞がどんどん入れ替わるため、メラニンをお肌の外へ排出しやすくなります。また、漂白成分の「ハイドロキノン」の浸透をよくする効果もありますね。

副作用の心配も大きい方法ですが、病院でのホワイトニングの方法の定番の1つです。この塗り薬のお値段は、5gで約2~3千円です。

ハイドロキノン

ハイドロキノンとは肌の漂白剤と言われる成分で、やはり塗り薬として出されることが多いですね。

ハイドロキノンはメラニンの生成を抑えるのはもちろん、酸化して黒くなったメラニンを元の色に戻したり、メラニンを作る細胞そのものを減らす効果もあります。

黒ずみ解消にピッタリの効果なのもあって、市販品に配合されることも多いです。病院でもトレチノインと並んでよく使われる塗り薬ですね。お値段は約2~3千円ほどです。

ビタミンC誘導体ローション

これは主にビタミンCの効果でホワイトニングする方法ですね。ビタミンCはメラニンを抑えたり、酸化して黒くなったメラニンの色を戻すなど、ハイドロキノンと似たような効果があります。

そのようなありがたいビタミンですが、非常に壊れやすく、お肌にも浸透しにくいというデメリットがあります。それを改良したのがこの「誘導体」です。

これは普通のビタミンCと違い、お肌に浸透した後にビタミンCとして機能する特殊な成分なんです。

ビタミンCが壊れないまま浸透し、しっかりと美白効果を発揮してくれるんですね。お値段は30mlほどで約3~4千円です。

ケミカルピーリング剤

ケミカルピーリング剤とは、お肌の表面の不要な角質をはがす塗り薬のことです。お肌を柔らかくする作用や、お肌のターンオーバーを促す作用があります。

コレでターンオーバーを促すことでメラニンが排出されやすくなり、お肌の色が白くなるわけですね。お値段は130g程度で約5千円です。

トラネキサム酸(内服薬)

トラネキサム酸とは塗り薬に配合されることも多いですが、病院では飲み薬として出されることもあります。

その効果はメラニンの生成を抑えることです。メラニンができにくくなるため、美白しやすいお肌となります。お値段は28日分で約2~3千円です。

レーザー治療

病院によってはレーザー治療という方法もあります。これはメラニンだけを除去できる特殊なレーザーを当てることで、デリケートゾーンに溜まっているメラニンを物理的に除去する方法です。

外科的な処置ですが手術という感じではありません。体にメスなどは入れられませんし、麻酔ナシでも痛みを感じないこともある方法です。

一度のレーザー治療ですぐ黒ずみを解消できるわけではなく、このレーザーを何度か当てることで、少しずつホワイトニングされるのが基本です。お値段は1回当たり1~3万円程度です。

選べる治療内容や診療方針、値段は病院によるので注意!

このように美容皮膚科などの病院では、黒くなったデリケートゾーンのホワイトニング処置がたくさんあります。

ただ、処置の方法は各病院によりますし、デリケートゾーンの症状やアナタの体質に応じて最適な方法を指導されますから、特定の方法を選べるとは限りません。

また、先にご紹介した治療費もあくまで一例で、病院によって違いがあります。具体的にどのような処置になり、費用がいくらかかるかは、必ず事前に確認するようにしてくださいね。

これらホワイトニングはあまりオススメじゃない!?4個の理由

美容皮膚科などで受けられるホワイトニングのための処置をご紹介しましたが、デリケートゾーンの黒ずみにこれらが強くオススメかというと、実はそうでもないんです。

これらでデリケートゾーンのホワイトニングをしたいとき、知っておきたい大きな注意点が4つあります。これがあるため、強いてオススメではないんですね。

1、アンダーゾーンの赤みやかゆみなどの副作用がある

トレチノインハイドロキノンなど、ホワイトニングの定番方法ですが、「赤み」や「かゆみ」といった副作用が出ることは多いです。

特にアンダーゾーンのように元からデリケートな場所に塗ると、これら副作用が強く出たり、他の部位よりも副作用の影響を強く感じたりもしますね。

普通のスキンケアクリームなどでお肌が赤くなったことがない方でも、このような副作用が出やすいのは、病院での処置のデメリットです。

2、効果が強力なだけに深刻な副作用も起こり得る!?

病院での処置は強力なだけに、市販品ではあまりないような、深刻な副作用が起きる恐れもあります。たとえばトレチノインやハイドロキノンの場合はというと・・・?

デリケートゾーンの美白方法 深刻な副作用
トレチノイン 出血
ハイドロキノン 色抜け

トレチノインを使うと皮がむけることが多く、その効果が強く出すぎると出血する恐れがあります。

ハイドロキノンの方は、メラニンを作る細胞自体が減り過ぎることで、その部分だけ本当に漂白されたように白くなり、戻らなくなることがあります。

もちろん医師の指導の元での処置ですから、十分に安全性はあるものの、セルフケアではあまり起こらない深刻な副作用もあり得ることは、病院でのホワイトニングのデメリットですね。

3、こまめな通院が必要!?手間がかかりがち

これら副作用が強すぎないか、こまめに確認しながらのホワイトニングになりますし、レーザー治療など、何度も通院するのが前提の方法もあります。

1度病院に行って薬をもらったり、処置を受ければ終わりなのではなく、デリケートゾーンの美白が終わるまで小まめに通院する必要があることが多いですね。

そのため、時間や手間が取られがちなのもデメリットです。

4、健康保険が使えない!?治療費が全額負担で高くなりがち

デリケートゾーンの黒ずみ自体、特に健康には問題ない症状です。これらのホワイトニング処置は美容治療となり、健康保険が使えないことが多いです。

そのため、毎回の診察費や薬代が全額自己負担となり、お財布を圧迫しがちです。

このように、病院での処置なら効果の確実性も高く、オススメのように見えますが、注意したいデメリットもあります。病院だから絶対にオススメというわけではありませんので、注意してくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみを無くしたい、薄くしたい場合はどうすればいい?

美容皮膚科などの病院で受けられるホワイトニング処置がオススメでないなら、黒ずんだデリケートゾーンを解消するにはどうしたらいいのでしょうか?

実は黒くなったデリケートゾーンの解消クリームがありますので、これがオススメです!

専用クリームがオススメ!ホワイトニングに必要な効果がたっぷり!

これら専用クリームには次の効果があります。

  • 新しいメラニンの生成を抑える
  • ターンオーバーを促す

デリケートゾーンの周りが黒くなる原因を解消するように、メラニンとターンオーバーにそれぞれ作用します。これら効果のおかげで、お肌にはメラニンが溜まりにくくなり、減りやすくもなります。

デリケートゾーンのホワイトニングに必要な効果がしっかり入っていますから、コレを使ううちにだんだんとデリケートゾーンの黒ずみも解消されていくんですよ。

使い心地は普通のケアクリーム!?副作用の心配はほとんどナシ

病院でのホワイトニング処置には副作用もありましたが、これら専用クリームの場合、その心配はほとんどいりません。医薬品ではありませんので、お肌にもとても優しいんです。

むしろターンオーバーを促すため、お肌を健康に保つ成分も入っています。これのおかげで、普通のスキンケアクリームのような使い心地もあります。

もちろん体質によって合わないことはありますので、絶対に副作用がないとは言えませんが、基本的にほとんど心配はいりません。デリケートゾーンへの使用も比較的安心ですよ。

これら黒ずみ解消用クリームはネット通販で簡単に購入できる!

この専用クリームは、主にネット通販で買えます。薬局などにはあまり出回っていませんので、探すときはネットを使ってください。

ネット上にそのクリームの公式通販サイトがあることも多く、それらサイトで注文すれば、あとは自宅に届くのを待てばOK。購入はとても簡単です。

通院の手間もナシ!一人でも手軽に黒ずみ解消ケアができる!

クリームさえ購入できれば、あとは普通のスキンケアクリームのように、ケアしたい場所に塗るだけ。このクリームなら、黒ずんでいるデリケートゾーンに塗るだけです。

一人でも手軽にできるケアですし、病院のように何度も通院する必要もありません。誰にも内緒で黒ずみ解消を目指すこともできるんですよ。

ちょっとのコツでクリームの効果もアップ!一人での美白も十分可能!

このようにデリケートゾーン用の専用クリームを使えば、セルフケアでも美白できることもあります。ただ、病院での処置に比べると、「本当に効果あるの?」という不安もありますよね。

そんなときは、セルフケアのちょっとしたコツを知っておくといいです。デリケートゾーンが黒くなる原因を避けるように意識するといいんですよ。

【セルフケアのコツ】

  • アンダーヘアのお手入れはサロンで頼む
  • 下着は柔らかくて刺激のないものに変える
  • 健康的な生活を心がける
  • デリケートゾーンの摩擦を極力避ける

このコツを心がけると、デリケートゾーンの美白ケアにも有利です。黒ずみ解消クリームを塗っているときに実行すると、クリームの効果がより高くなります。

こういうコツもありますので、専用クリームでの美白も十分可能です!病院でのホワイトニングに比べて負担も少ないのでオススメですよ。

まとめ

以上のように、デリケートゾーンの黒ずみは病院などでのホワイトニング処置で解消できますが、オススメかどうかはまた別の話です。

病院で受けられる強力なホワイトニング処置は、アンダーゾーンへの強い刺激となることもあります。それを了解の上、お医者さんとよく相談して治療を受けるのが基本ですね。

セルフケアに限界を感じているなど、病院でのホワイトニングを特に希望しているわけでない限り、黒ずみ解消クリームの方が手軽でオススメですよ。

なるべく手軽な方法で治したい方や、黒ずんだアンダーゾーンを人に見せたくない方など、あまり病院に行きたくない方は、ぜひ専用のクリームも考えてみてくださいね。