石鹸
悩ましいデリケートゾーンの黒ずみ。しかし悩むだけでは消えませんから、この黒ずみを解消するアイテムが気になりますよね?

そんなときによくオススメされるのが「黒ずみ解消石鹸」ですが、これは本当に効果があるのでしょうか?

これら石鹸の効果や、各商品、実際に使ってみた感じなど、黒ずみ解消石鹸についてしっかりご紹介させてもらいます!

デリケートゾーンの黒ずみは石鹸で薄くなるの?ならないの?

デリケートゾーンの黒ずみは石鹸で本当に薄くなるのでしょうか?実は、石鹸でこれら黒ずみを薄められることはあります。

なぜこれら石鹸で薄められるのか、黒ずみの原因なども含めてご紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみとはメラニンだった!?

デリケートゾーンにできる黒ずみとは、そもそも何なのでしょうか?この黒ずみの正体は、お肌に溜まったメラニン色素。これが、お肌が黒ずんで見える原因です。

メラニン色素とは?

  • お肌の中で作られる色素のこと
  • お肌の刺激やホルモンによって作られる
  • お肌を保護する役目がある
  • 色は「黒」になることが多い
  • お肌のターンオーバーで古い細胞と一緒になくなる

メラニン色素がお肌にでき、お肌が黒くなると、紫外線がお肌に与えるダメージを軽くできます。このような保護の役割もあるので一概に悪者ではありません。

しかしお肌が刺激を受けたりすると自動的にメラニンが作られるため、気づくとお肌が黒ずんでいることも。これが陰部で起きると、「デリケートゾーンの黒ずみ」となるんですね。

デリケートゾーンの黒ずみができる具体的な原因は?

デリケートゾーンの黒ずみを招く原因は、日常生活の中にたくさんあります。具体的にいくつかあげてみましょう。

  • アンダーヘアーのお手入れ
  • 下着の締め付け
  • デリケートゾーンの摩擦
  • 不健康な生活
  • 強すぎるソープや石鹸

アンダーヘアのお手入れや下着の締め付けなど、陰部への刺激となるものは基本的に黒ずみの原因です。また、不規則な生活はホルモンバランスを乱し、やはり黒ずみの原因となりがちですね。

さらには強力なソープや石鹸で体を洗っていると、黒ずみができることも。これらは洗浄力が強すぎて、肌荒れを招くことがあります。肌荒れはお肌のターンオーバーを乱す原因になりがちです。

ターンオーバーが乱れるとお肌の細胞の入れ替わりのリズムが乱れ、不要なメラニンがいつまでもお肌の中に留まる原因になるんですね。

このように、日常生活の何気ない原因で、VラインやIラインなど、デリケートゾーンに黒ずみができることがあります。

美白石鹸はデリケートゾーンの黒ずみの原因となるメラニンを減らす!

お肌に溜まったメラニンが原因となるデリケートゾーンの黒ずみですが、コレを解消するための石鹸には、これらを解消できるような成分・効果が含まれています。具体的な効果は商品によるものの、次の効果のいずれかになることが多いですね。

黒ずみ解消石鹸の効果とは?

  • 専用成分で新しいメラニンができるのを防ぐ
  • お肌をケアしてターンオーバーを促す

メラニンはお肌の中で作られますが、これをなるべく抑える成分もあります。それを配合することで、メラニンが作られにくいお肌を作ってくれます。

そして黒ずみができるのは肌荒れによるターンオーバーの乱れもありますから、コレの解消成分も入っています。お肌のケアクリームのような効果もあることは多いですね。

これら成分や効果がデリケートゾーンの黒ずみの原因を解消していきますので、次第に黒ずみが薄まっていくのがこれら石鹸の効果です。

黒ずみ解消効果の1つ!デリケートゾーンを洗うときの刺激も減らす

デリケートゾーンの黒ずみを招く原因に「強すぎるソープ、石鹸」もありましたが、これら美白石鹸はどうなのでしょうか?

黒ずみ解消石鹸が黒ずみの原因になっては、意味がありませんよね。この点の心配は不要です。通常の石鹸とは大きく違う点があるからです。

通常の石鹸との違いとは

  • 美白石鹸はお肌と同じ弱酸性が多い
  • 通常の石鹸はアルカリ性が基本
  • 不要な汚れだけをしっかり落とせる!

通常の石鹸やソープはアルカリ性が基本で、洗浄力も強めです。汚れを落とせるのはいいですが、落とさなくてもいい善玉細菌などまで洗い流し、肌荒れを招くことがあります。

それを避けるため、黒ずみ解消石鹸はお肌と同じ弱酸性になっていることが多いです。お肌に不要となる汚れ、たとえば「恥垢」や「尿」、「経血」や「」などだけをしっかりと落とし、それ以外のものはなるべく落とさないように洗えます。

先ほどご紹介した「ジャムゥソープ」のように、優しい天然成分が主成分となっている石鹸も多いですから、この石鹸の洗浄力自体が黒ずみの原因となることは少ないです。

デリケートゾーンの黒ずみ解消石鹸に含まれる成分とはたとえば?

これら石鹸に含まれる成分も商品によって様々なのですが、たとえばこれら石鹸の定番「ジャムウソープ」の場合、次のような成分が含まれていますね。

  • 甘草
  • ローズマリー
  • セージ
  • カミツレ
  • パパイヤ
  • ミョウバン

ジャムゥとは、インドネシアの家庭に伝わるハーブ等の調合薬のことで、現地では民間療法薬として様々なことに活用されています。お肌のケア効果も高く、黒ずみ解消石鹸に応用したのがこれら石鹸なのですね。

ジャムウの名の通り、普通の石鹸にはあまり含まれていない特殊な成分を多く含み、黒ずみ解消効果のある特殊な石鹸となるわけです。

デリケートゾーンの黒ずみ解消石鹸の使い方

黒ずみ解消石鹸の使い方は、商品によって違いことがあります。通常の石鹸やソープと同じように使えばいいこともありますが、特殊な使い方をする場合もあります。

たとえば、「泡パック」として使う石鹸の場合、次のような使い方になります。

  1. 石鹸をよく泡立てる
  2. デリケートゾーンの黒ずみを泡でパック
  3. 数分待つ
  4. 泡を洗い流す

このように少し特殊な使い方となる場合もあります。各商品の使い方通りに使うと、黒ずみが解消するようになっています。

石鹸でのデリケートゾーンの黒ずみ解消によくあるQ&A

お肌が弱くても使える?
黒ずみ解消石鹸には敏感肌の方でも使えるものがあります。そのような石鹸を選べば、お肌が弱い方でも黒ずみ解消石鹸でのケアはできます。
生理中や妊娠中でも使える?
使える商品はあります。ただ、絶対ではないので、使用前によく確認されることをオススメします。
デリケートゾーンのどこの黒ずみに効くの?
VラインやIラインなど、陰部にできる黒ずみ全般の解消に使えます。ただし、粘膜の中には使えないものがありますので、膣内に成分が入らないように気を付けた方がいいですね。
デリケートゾーンに使っても本当に大丈夫?

低刺激の石鹸も多いので、陰部の黒ずみに使っても基本的に大丈夫です。痛みがあったり、かぶれたりといった心配は基本的に少ない商品ですね。

ただし体質との相性はありますので、各商品の成分をよく確認し、不安なときはデリケートゾーンに使う前、他の部位で試してみるといいでしょう。

デリケートゾーン専用なの?脇とか他の部位にも使える?
他の部位にも使える石鹸が多いです。陰部の黒ずみ解消のほか、脇の黒ずみやニオイケアに使える石鹸などがありますね。
これら石鹸って、値段はどれくらいするの?

黒ずみ改善成分が入っているなど、通常の石鹸とは成分が違いますので、普通の石鹸よりは高いことが多いです。具体的には、1~2千円程度か、それ以上することもありますね。

商品によっても値段はかなり変わりますので、購入前にいくつかチェックしてみるといいでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみ解消に効果のある石鹸とはどんなもの?

ラブコスメのシリーズ

ジャムゥハーバルソープ
sekken-herbal

商品内容 ニオイ・黒ずみ等の解消石鹸
成分 パーム油、カミツレ油、アロエエキスなど
値段 1,895円



ジャムゥハードバブル
sekken-hardbubble

商品内容 ニオイ・黒ずみ等の解消石鹸
成分 オリーブオイルエキス、パパイヤ酵素エキスなど
値段 2,362円

黒ずみ解消石鹸の中でも人気商品なのが、このラブコスメのジャムウソープのシリーズです。どちらもデリケートゾーンのニオイや黒ずみを解消してくれる、スタンダードなケア石鹸になりますね。

東京ラブソープのシリーズ

東京ラブソープ
sekken-love

商品内容 ニオイ・黒ずみ等の解消石鹸
成分 グリチルリチン酸2K カモミラエキス セージエキスなど
値段 1,598円



東京ラブソープ プレミアム
sekken-lovepremium

商品内容 ニオイ・黒ずみ等の解消石鹸
成分 EFG、フラーレン、加水分解ヒアルロン酸など
値段 2,138円

東京ラブソープ ピュアガールズ
sekken-tokyopure

商品内容 ニオイ・黒ずみ等のケア石鹸
成分 加水分解エラスチン、ユキノシタエキス
加水分解アナツバメ巣エキス、セラミド3など
値段 1,598円

東京ラブソープも、デリケートゾーンケア石鹸の有力ブランドの1つです。基本商品となる「東京ラブソープ」のほか、さらに各種美容成分を追加した「プレミアム」、「ピュアガールズ」などのタイプもあります。

ヴィーナスラボのシリーズ

ジャムウクリアナノソープ
sekken-nano

商品内容 ニオイ・黒ずみ等の解消石鹸
成分 チョウジエキス、ウコン根茎エキス
アロエベラ葉エキス、ユキノシタエキスなど
値段 1,512円



薬用ハーブナノソープ
sekken-yakuyou

商品内容 ニオイ・黒ずみ等の解消石鹸
成分 イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウムなど
値段 1,728円

ヴィーナスラボからもいくつかのケア石鹸が発売されています。「ジャムウクリアナノソープ」がいわゆる基本的なケア石鹸です。「薬用ハーブナノソープ」になると、2つの有効成分も加わり、さらにしっかりとデリケートゾーンをケアしてくれます

その他のシリーズ

シークレットレディ ジャムウソープ
sekken-seacret

商品内容 ニオイ・黒ずみ等の解消石鹸
成分 サトウキビエキス、茶葉エキス、柿タンニン
プラセンタ、カミツレ、オタネ人参など
値段 2,138円

これは1つで「ニオイケア」「黒ずみケア」「抑毛」「引き締め」「フェロモン」という5つの効果があるオールインワンタイプのデリケートゾーン用石鹸です。デリケートゾーン周りにありがちな、女性のデリケートなお悩みを解決してくれます。


ジャムウプレミアムソープ
sekken-premium

商品内容 ニオイ・黒ずみ等の解消石鹸
成分 ヤシ油、ミョウバン、カミツレ油
アロエベラエキス、オタネニンジンエキスなど
値段 2,047円

ジャムウプレミアムソープとは、デリケートゾーンのニオイや黒ずみなどをケアする基本的なケア石鹸です。香料や着色料、保存料等は不使用ですので、陰部への使用も安心です。


薬用ジャムウソープ ディアルナ
sekken-dialuna

商品内容 ニオイ・黒ずみ等の解消石鹸
成分 イソプロピルメチルフェノール(有効成分)、グリチルリチン酸ジカリウム
ハマメリスエキス、チャエキスなど
値段 2,500円

薬用ジャムウソープソープ・ディアルナとは、デリケートゾーン周りに使えるケア石鹸です。配合された各種成分が、ニオイや黒ずみを優しくケアしてくれます。


ドルチェローズ 生ジャムウソープ
sekken-nama

商品内容 ニオイ・黒ずみ等の解消石鹸
成分 オリーブ油、カミツレ油、アロエベラエキス
パイナップル果実エキス、ハチミツなど
値段 1,600円

ドルチェ・生ジャムウソープとは、やはりデリケートゾーン周りのケア石鹸なのですが、ニオイや黒ずみのほか、保湿、引き締め、アンダーヘアケアといった効果もあり、コレ1つでいろいろなケアができます。


プラチナムラブソープ
sekken-platinum

商品内容 ニオイ・黒ずみ等の解消石鹸
成分 プラチナ、ヒアルロン酸、プラセンタ
ダイズエキス、カキタンニンなど
値段 870円

プラチナムラブソープとは、成分にプラチナを含んでおり、高級感のあるケア石鹸です。もちろん各種のケア成分を含みますので、デリケートゾーン周りのニオイや黒ずみをしっかりケアしてくれます。


ジャムウソープ ペマエンジェルレディハート
sekken-pema

商品内容 ニオイ・黒ずみ等の解消石鹸
成分 ホワイト377(フェニルエチルレゾルシノール)、パパイヤ果実エキス
カミツレエキス、アロエベラ歯エキス、オリーブ油など
値段 1,900円

ジャムウソープ・ペマエンジェルレディハートは、特にデリケートゾーンが繊細な女性でも安心して使えるように独自開発されたジャムウソープです。繊細なお肌を優しく洗いつつ、美白成分やジャムウ成分がしっかりとお肌をケアしてくれます。


ロンタルハーバルジェルソープ
sekken-lontar

商品内容 ニオイ・黒ずみ等の解消ソープ
成分 ソープナッツ、カキタンニン、ミョウバン
シャクヤク根エキス、セージ葉エキス、パパイヤなど
値段 2,376円

ロンタルハーバルジェルソープとは、もちろんデリケートゾーンのニオイや黒ずみのケアソープなのですが、他にも美容成分を多く含んでおり、お肌の透明感のケアもできます。家族に見られても恥ずかしくない商品デザインなども、女性には嬉しい商品ですね。


アンボーテ フェミニーナウォッシュ
sekken-feminina

商品内容 ニオイ・黒ずみ等の解消ソープ
成分 ダマスクローズ水、アロエベラ、ローズヒップ
エーデルワイス、セージ、ハマメリスなど
値段 通常価格 6,980円(定期購入時 3,980円)

「アンボーテ フェミニーナウォッシュ」とは、タレントの住谷杏奈さんがプロデュースしたデリケートゾーンのケアソープです。オーガニック原料を多く使用しており、お肌に優しく、さらには保湿などの美容効果も高いのが特徴的です。


アムールモア デリケートジャムウソープ
sekken-amour

商品内容 ニオイ・黒ずみ等の解消石鹸
成分 オリーブ油、パーム油、ホホバ油、レモングラス葉
ウコン根、レモン果皮油、ティーツリー葉油など
値段 2,700円

アムールモア・デリケートジャムウソープは、デリケートゾーンのトラブルを引き起こす原因に注目し、石油系の油を一切使わずに作られたケア石鹸です。他にも刺激となる成分は極力不使用とされており、安心して使えるのが特徴的です。

デリケートゾーンの黒ずみ解消石鹸は効果ある?実際に使ってみた

デリケートゾーンの黒ずみ解消石鹸を使うとニオイ解消効果を実感

たくさんの種類がありますが、どれを使ってもケア石鹸というだけあって、使うとアソコがとてもサッパリする感じがしました。

これら石鹸はニオイケアも兼ねているものがとても多く、これを使い始めてから、お風呂に入る前などに下着を脱いだとき、ムワッとニオイが広がることが前より減った気がします!この効果は女性としてすごく嬉しかったかも。

使い方は各デリケートゾーンの黒ずみ解消石鹸によるので確認が必要

これら石鹸ってすごくたくさんの種類があるんですが、使い方が商品によって微妙に違うことがあります。多いのはやっぱり「泡パック」ですね。この石鹸をよく泡立ててから、デリケートゾーンとかをパックするという方法です。

ただ、商品によっては普通の石鹸と同じように、「コレで体を洗ってください」ってものもありました。だいたいは泡パックだったけど、使う前に使い方を確認した方がいいと思います。

これら解消石鹸を使って私のデリケートゾーンの黒ずみは、あまり変化なし

そして肝心のデリケートゾーンの黒ずみへの効果だけど、いろいろ使ってはみましたが、結局私の陰部の黒ずみは、これら石鹸では薄まりませんでした・・・。

ニオイへの効果は強く実感したので、やっぱり特殊な効果がある石鹸なんだろうなとは思えましたが、私は黒ずみへの効果を実感できなかったので、黒ずみ解消を第一に考えている方には、あまりオススメじゃないかも・・・。

また、実際にこれら石鹸を使ってみて、「ちょっとイマイチかも?」と感じた点が他にもあったんです。それも合わせて、デリケートゾーンの黒ずみ解消に特にオススメというわけではないかもなというのが、私の感想です。

デリケートゾーン黒ずみ解消石鹸はあまりオススメじゃない3個の理由

デリケートゾーンの黒ずみが石鹸で薄まるまでに時間がかかる!?

どの黒ずみ解消石鹸でも「石鹸」ですから、最後は洗い流すのは共通でした。これ、「もったいないな」って思ったんですよね。

せっかく黒ずみ解消成分が入ってても、結局最後は洗い流しちゃうなら、「お肌に残る成分ってどれくらいなんだろう」という疑問はありました。

それでも黒ずみが薄まればよかったんですけど、実際に私は効果を実感していないので、やっぱりここが気になるかなぁと。

黒ずみだけを薄めたいなら、他のクリームとかの方がしっかり成分がお肌に残るので、黒ずみの解消は早そうだなと思いました。石鹸だけだと時間かかりそうなところが、ちょっとイマイチでしたね。

デリケートゾーンの黒ずみ解消できるタイミングがバスタイムに限られる!

実際に使ってみたらよくわかりましたけど、デリケートゾーンの黒ずみを石鹸で解消できるのって、1日でバスタイムくらいですよね。それ以外の時間には、ケアが難しいなと。

1日2回シャワーを浴びるときなんかはいいんですけど、忙しくて1日1回しかお風呂に入れないときなんか、1回しか黒ずみ解消ができないので、そこがちょっと不便だなぁと思うこともありましたね。

石鹸でのデリケートゾーンの黒ずみ解消は意外と負担だった・・・

仕事で忙しいときなんか、お風呂で泡パックとかするのは、けっこう負担でした。普通のソープより泡立ちが悪い石鹸もあって、泡立てるのもちょっと手間だし、その泡でパックして待つ数分も、忙しいときは面倒になったり・・・。

また、友達との旅行や仕事関係での出張で外泊するとき、さすがにこれら石鹸を持って行ってケアしようという気にはならず・・・。

これがクリームなら、もっと簡単にケアできるのに」って思うことも、正直ありましたね。これら理由から、あくまでデリケートゾーンの黒ずみを最優先で解消したいなら、あまり石鹸はオススメじゃないかもと思っています。

デリケートゾーンの黒ずみを無くしたい、薄くしたい場合はどうすればいい?

デリケートゾーンの黒ずみに石鹸があまりオススメじゃないなら、何ならいいのかが大事ですよね!効果が大きいとオススメされることもあるのは、「病院の受診」や「ハイドロキノン」などの黒ずみ解消薬です。

しかし私がオススメなのは「黒ずみ解消クリーム」ですね!石鹸でダメそうなら、まずこちらのクリームを使うといいですよ。

オススメなのはデリケートゾーンの黒ずみ解消クリーム!

デリケートゾーンに使える黒ずみ解消クリームには、多くのメリットがありますよ。

黒ずみ解消クリームの特徴

  • デリケートゾーンの黒ずみに塗るだけの簡単解消
  • クリームの成分がずっとお肌に残り、しっかり浸透
  • 副作用なども少ない低刺激クリーム
  • 自分一人で手軽なセルフケアができる!

これはさっきの黒ずみ解消石鹸のクリーム版のようなものです。黒ずみ解消成分がギュッと詰まっています。ただしクリームですから、塗った後に洗い流す必要はありません。

クリームを陰部の黒ずみへと塗れば、それで黒ずみケアは完了です。もちろんデリケートゾーンにも塗れるよう、低刺激になっていますから副作用の心配もほぼありません。

石鹸よりもさらに手軽なケアになりますから、忙しい女性にもオススメです。このクリームは普通に市販されていますので、アナタ一人でこっそりケアすることだってできますしね。

黒ずみ解消石鹸だと難しそうと思える陰部の黒ずみには、これらクリームを使ってみるといいですよ!

クリームと合わせると効果的なデリケートゾーンの黒ずみ解消のコツ

クリームを使うだけでもかなり効果的な黒ずみ解消ができますが、それに黒ずみケアのその他のコツをあわせれば、さらに効果的に黒ずみをケアできます。

黒ずみ解消その他のコツ

  • アンダーヘアーのお手入れは丁寧に
  • 刺激や摩擦を避ける
  • お風呂では優しく洗う
  • 規則正しく生活する

これらはいずれも、デリケートゾーンの黒ずみの原因を避けるような対応ですね。完璧にやるのは難しいですが、少しでもこれらのコツを実践すると、黒ずみを解消しやすくなります。

特に気を付けたいのは、下着の締め付けやデリケートゾーンの洗い方です。アンダーヘアーのお手入れなどは人によってやっていたりいなかったりがありますが、下着やデリケートゾーンの洗い方は、すべての女性が関係する話ですよね。

下着はなるべく通気性がよく、締め付けの弱いものを選ぶのがオススメです。小さくてきついものなどは避けてくださいね。デリケートゾーンの洗い方のポイントは、次のものです。

  • 爪は必ず短くし、洗うときは立てない
  • 泡立てた泡と指の腹で優しくなでるように洗う
  • 固めのタオルなどはなるべく使わない

このようなポイントも押さえつつ、黒ずみ解消クリームを使うと、黒ずみを効率よく薄められますよ。効果的にデリケートゾーンの黒ずみを薄めたい方にはオススメです。

他のデリケートゾーンの黒ずみケアはオススメじゃない!?

実は美容皮膚科などでデリケートゾーンの黒ずみは診てもらえます。その結果、お肌の漂白剤などとも言われる「ハイドロキノン」を処方してもらえたりしますね。

これらで陰部の黒ずみを治せることはありますが、石鹸やクリームにはなかったデメリットもあります。

病院やハイドロキノンのデメリット

  • 通常より高い治療費がかかりがち
  • 通院の手間がかかる
  • デリケートゾーンの黒ずみを直接他人に見られる
  • 強い刺激や副作用の心配がある

まず病院で診てもらうと、これは美容分野になりますので、健康保険が使えないのが基本です。1回の診察や処方、薬代を合わせて1万円を超えることもありますね。

このようなデメリットのほか、効果が高いと評判のハイドロキノンは、副作用も強いです。黒ずみケアクリームや石鹸に比べ、痛みや赤み、かゆみなどが出ることも多いです。

特に元からデリケートな場所に塗ると、他の部位以上に副作用に注意が必要ですね。そのため小まめに通院して状況を確認してもらう必要がありますし、そのたびにデリケートゾーンの黒ずみを見せる必要もあることも。

時間や手間もかかりますし、精神的な疲れもけっこう大きいです。このようなデメリットもあることから、病院での治療を特に希望している方以外には、強いてオススメではありません。

美白石鹸のように自宅でできるケアがいいなら、まずは黒ずみ解消クリームを使ってみるといいですよ。

まとめ

以上のように、黒ずみ解消石鹸を使ってデリケートゾーンの黒ずみを解消できることはありますが、オススメかどうかはまた別の話です。あくまであそこの黒ずみを解消したい方には、クリームの方がオススメかもしれません。

黒ずみ解消石鹸に特にこだわりがない方は、ぜひ黒ずみ解消クリームを使ってみることをオススメします!