「日本人女性は、デリケートゾーンのお手入れをしない人が多い」とよく言われていますが、本当にそうならちょっと恥ずかしいですよね。

 

海外の人にアソコの悩みを聞く機会がないので、気になって調べてみました。こちらのページでは、外国人のデリケートゾーン事情や解消法、海外ブランドの専用商品を解説します。

ドン引きされる!?海外の人から見た日本人のデリケートゾーンの感想

まず初めに外国の人による、日本人女性のデリケートゾーンへのコメントを見つけたので紹介します。

日本人はきれい好きな人が多いと思っていたけど、アソコは真っ黒なんだね。なんでお手入れしないのか不思議。(アメリカ人男性)
留学中に日本で彼女ができたことがあるけど、びっくりしてしまった。ムダ毛の多さにショックだった。(ブラジル人男性)

文化の違いは仕方ないにしても、幻滅されてしまうなんて嫌ですよね。日本人はデリケートゾーンのお手入れに無頓着な方なのかもしれません。

 アソコの悩みは万国共通!?海外のデリケートゾーンの黒ずみ事情


世界レベルで見たデリケートゾーンの黒ずみ事情ってどうなのでしょうか?

海外の女性に聞いてみた!デリケートゾーンの事情を教えてください

一部の国の人に、アソコのお手入れ事情を聞いてみました。

フランスではフェミニンゾーンは皆気を使っているわ。ネイルを気にするようにね。いつどんな出会いがあるかわからないから。専用の商品も売られているのよ。(フランス人女性)
私の国では男性の目も厳しいの。元カレには、「ここは剃ったがいいよ」とアンダーヘアを指摘されたこともあるぐらいよ。お風呂で一緒に脱毛してくれたわ。(イタリア人女性)

デリケートゾーン専用の商品があり、積極的にお手入れしている国もあります。パートナーから指摘されるという人もいました。少し日本の感覚と違うと感じました。

地域ごとにみるデリケートゾーンに関する意識のちがい

アメリカ・ヨーロッパ

アンダーヘアの脱毛に積極的です。子供の時にデリケートゾーンの脱毛法や洗い方を教える家庭も多いです。

ブラジル

ブラジリアンワックスの由来でもある国で、VIO脱毛に意識が高いです。リオのカーニバルでビキニを着るために、脱毛をする女性も多いです。小陰唇が大きい人は、ビキニからはみ出さないように手術する人もいます

イスラム圏

富裕層の多い国では、脇やデリケートゾーンの脱毛が一般的です。宗教の関係でビキニを着る人はいませんが、デリケートゾーンに気を使う女性は多いです。

アジア圏

VIO脱毛をしない女性が多いですが、最近脱毛ブームに伴い行う人は増加傾向にあります。

国内ではデリケートゾーン向けの美白クリーム・デオドラント・石鹸なども見かけるようになりました。

日本は最近気にする人が増えた?海外のデリケートゾーン事情を見た感想


とくに親が子に陰部のお手入れを教える国があることに驚きました。確かに、脱毛法や洗い方は自分ではわからないし、親から教えてもらいたいですよね。

 

国内ではデリケートゾーンの処理法を話題にする家庭は少ないし、友達にも相談しにくいと思います。だから一人で悩む女性も多いし、何もアクションを起こさず放置という人もいるのが現状です。

 

しかし最近はネットもあるので、比較的情報も調べやすくなりました。脱毛サロンや陰部専用商品も増えているので、前よりはデリケートゾーンの美容意識も上がっていると考えられます。

 

また海外は脱毛に関して一歩進んでいるのに対し、日本は黒ずみの対策にも積極的と感じました。

アメリカ人はデリケートゾーンが黒ずみにくい!?

アメリカでは黒ずみよりも、脱毛やにおい対策が主流です。白人の人はメラニン色素が少なく黒ずみにくいからです。

 

黄色人の多い日本では、黒ずみを気にする女性が多くいます。そのため美白系の商品も多いのです。

 

白人の人は、そこまで黒ずみを気にしていなくても良いということになります。

外国人はどう解消しているの?海外のデリケートゾーンの黒ずみ対策


とはいえ、色素の薄い白人女性も黒ずみは気になっている人はいるみたいです。商品の数は少ないですが、自宅で重曹・レモン・ビネガーを使ってお手入れしている国もあります。

 

このような材料を用いた海外のレシピは発見できませんでしたが、国内のレシピはあったので参考にしてください。

方法1.重曹を使った黒ずみ対策

重曹と水を練り合わせマッサージをする方法です。重曹にはピーリング効果や汚れの吸着が期待できるため、国内でも紹介されています。

 

⇒重曹の黒ずみ対策に関する内容は「デリケートゾーンの黒ずみは重曹で薄くなる?変化を写真に撮りました」のページにまとめましたのでお読み下さい。

方法2.レモンを使った黒ずみ対策

1/2カットしたレモンを、黒ずみに優しくこする方法があります。レモンには新陳代謝の促進が望めるため、透明感ある肌へと導きます。お風呂上がりに1日2回使用します。

 

手軽にできる方法です。レモンなら1個約100円なので1回約50円でお手入れ可能です。もったいないと感じる人は、先にレモン汁を絞り、残りのエキスを使うのも良いでしょう。

方法3.ビネガーを使った黒ずみ対策

リンゴ酢を水で割って使う方法があります。リンゴ酢には血行やターンオーバーの促進が望めます。肌刺激を感じないよう薄めて使うのがポイントです。

 

⇒リンゴ酢の黒ずみ対策に関する内容は「【実践済】デリケートゾーンの黒ずみを美白してピンクにする12の方法」のページにまとめましたのでお読み下さい。

アメリカでは効果と副作用が強いハイドロキノンが有名!?

アメリカ人(白人の人)は、黒ずみにあまり悩む人がいません。そのため美白系のアイテムも数が少ない傾向にあります。あるとしてもハイドロキノンがポピュラーです。

 

20年以上も昔から使用されている成分で、黒ずみの原因であるメラニンの生成抑制や消滅効果が期待できます。「肌の漂白剤」と呼ばれる最強の成分です。

 

そのぶん白斑などの副作用が懸念されているので、使用に注意が必要です。肌色ではなく白くなるので、斑点模様のように見える人もいます。

 

濃度が高ければ、効果も副作用のリスクも上がります。個人輸入もできますが、リスクが高いのでオススメできません。それなら日本が販売している、肌刺激の少ない美白クリームの方が使いやすいでしょう。

海外のブランドだけ紹介!デリケートゾーンの黒ずみ解消商品7選

次に海外発のデリケートゾーン向けの商品を紹介します。おもに石鹸が多いです。それぞれの特徴や口コミを見ていきましょう。

 

以下の商品は、全て税込価格で表示しています。

商品1.サマーズイブフェミニンウォッシュ


アメリカ発のデリケートゾーンのケアブランド「サマーズイブ」の弱酸性ソープです。肌に優しい「ノーマルスキン」と、マイルドな「センシティブ」の2種類から選べます。

 

サマーズイブは、米国売上個数シェア44.7%の人気のブランドです。世界30カ国以上で販売されています。専門医監修のもと検査されているので、安全性への配慮も◎


期待できる効果効能 乾燥・かゆみ
成分 ヤシ油アルキルグルコシド
値段 864円/237mL
1mLあたりの値段 約3.6円

サマーズイブフェミニンウォッシュの口コミ

ヒリヒリせず洗えます

前はボディソープでアソコを洗っていたけど、これに替えてからしみなくなりました。やはりパーツによって専門の石鹸を使うのは大切ですね。

(28歳/派遣/写真は非公開希望)

センシティブを使っています

肌の弱い私は迷わずセンシティブを購入しました。肌が潤っている気がします。海外のソープってどうなのかなと思ったけど、なかなか良い感じです。

(32歳/イベント関係/写真は非公開希望)

商品2.ラクタシード

フランス・パリを本拠とするサノフィの「ラクタシード」は、世界中の女性のために作られたブランドです。天然ミルク由来のホエイと乳酸配合、デリケートゾーンに近いpH値で優しく洗浄します。

 

やさしい洗浄感の「オールデイケアA」と、さっぱり系の「オールデイフレッシュA」があります。製薬会社であるサノフィが、研究開発してできた商品です。世界29カ国の女性に愛用されています。


期待できる効果効能 摩擦・ムレ・かゆみ・におい
成分 ホエイ・乳酸
値段 780円/150mL
1mLあたりの値段 約5.2円

ラクタシードの口コミ

毎日癒されています

ラクタシードにかえてからバスタイムが楽しみになりました。フローラルの香りで一日の疲れをリセットできます。以前はフェミニンゾーンが何かとトラブル続きでしたが、最近少し落ち着いてきました。

(36歳/営業/写真は非公開希望)

もう手放せません

香りも良いし、容器も細身で使いやすいです。普通の石鹸より値段は張るけど、お肌のことを考えたら安いと思います。生理中や夏のムレが無くなりました。

(26歳/サービス業/写真は非公開希望)

商品3.インティマ


ポーランドでシェア&売上ナンバーワンの陰部専用ジェルです。pH値に配慮された弱酸性でできています。天然成分やうるおい成分も入っています。清潔肌へ導く「インティマD」と、ヒーリング効果が望める「インティマC」などがあります。

 

デリケートゾーンのお手入れ先進国ヨーロッパだからこそ、誕生したウォッシュジェルです。化粧品トップメーカーZiaja社によって臨床試験が行われています。


期待できる効果効能 乾燥・おりもの・ムレ・におい・かゆみ
成分 ヤシ油由来の洗浄成分・ビタミンB5・天然ハーブエキス
値段 1,296円/200mL
1mLあたりの値段 約6.5円

インティマの口コミ

体臭に効果を実感

最近においが気になっていたので始めてみたらマシになりました。市販のデオドラントより、こっちの方が効果を実感できました。黒ずみの変化はまだありません。

(25歳/アルバイト/写真は非公開希望)

生理中のムレとかぶれ

毎月生理が来ると、デリケートゾーンが大変な状態になります。でもこのソープと相性が良いみたいで、トラブルが起きにくくなりました。スッキリするのでオススメです。

(31歳/公務員/写真は非公開希望)

商品4.ウーマンエッセンシャルズジェルウォッシュ


フランス発のデリケートゾーン向けブランドの、体・陰部向けの洗浄料です。全身これ1本でOKです。植物由来の洗浄成分と、ビタミンEや乳酸も入っています。ピーリング効果も望めるから、澄み切った肌を目出せます。

 

ウーマンエッセンシャルズは、現代女性のライフスタイルを考えて製品づくりをしています。希少な成分配合で高い品質が特徴です。


期待できる効果効能 乾燥・角質汚れ
成分 モモ核油グリセレス・ビタミンE・乳酸
値段 4,104円/200mL
1gあたりの値段 約21円

ウーマンエッセンシャルズウォッシュの口コミ

デリケートゾーンがしっとり

とある美容系の本でこの商品を見たことがあり、調べて買ってみました。少し値段は高いけど乾燥しにくくなりました。

(35歳/金融関係/写真は非公開希望)

今ハマっています

百貨店で見つけて購入したのですが、すごく気に入りリピート購入しています。前より肌がすべすべになり調子が良いです。保湿剤とラインづかいもしたいです。

(28歳/受付/写真は非公開希望)

商品5.VagisilFeminineWash


アメリカで人気の、デリケートゾーン向けにおい対策ソープです。pHバランスに着目しているから、敏感肌も優しく洗浄できます。「OdorBlockProtectionWash」と「pHBalanceWash」「intimateWash」のの3タイプから選べます。

 

日本ではあまり見かけない商品ですが、アマゾンなどで売られています。ただ輸入商品なので在庫の数はやや少な目です。


期待できる効果効能 におい・乾燥
成分 グリセリン・アロエベラ
値段 4,249円/355mL
(アマゾンの値段)
1mLあたりの値段 約12円

VagisilFeminineWashの口コミ

友人からの頂き物

海外旅行のお土産でもらい使ったことがあります。海外の石鹸という感じがしました。とくにヒリヒリもしなかったです。

(29歳/事務/写真は非公開希望)

毎日これで洗っています!

アマゾンポイントで買い今使っています。少し値段が高いですが、たっぷり入っているので長持ちします。デリケートゾーン専用なので心置きなく使えます。

(34歳/営業/写真は非公開希望)

商品6.プリマサリラペソープ2


インドネシアのジャムウの知恵が詰まった陰部専用石鹸です。ベストセラーのサリラペソープに美白が望める成分が追加されています。ラブタイムにもぴったりの石鹸で、顔や全身づかいにも◎

 

スティック状で吊るすための紐もついているから、お風呂場にすっきり保管できます。1個で2ヵ月と長持ちします。


期待できる効果効能 黒ずみ・におい・膣のゆるみ
成分 ジャムウ成分
値段 1,296円/70g
1gあたりの値段 約19円

プリマサリラペソープ2の口コミ

本格的なお手入れ

デリケートゾーンの石鹸といえば、ジャムウ石鹸ではないでしょうか?数々のジャムウソープを使ってきましたが、サリラペが気に入っています。黒ずみの変化はまだですが、気になる体臭対策にもってこいです。

(35歳/自営業/写真は非公開希望)

彼氏のために始めました

あそこのにおいが強く、エチケットとして購入しました。最初は普通のサリラペを使っていたけど、美白もしたかったので今はサリラペ2を愛用しています。1年交際している彼とも順調です。

(28歳/派遣/写真は非公開希望)

商品7.pHケアフェミンウォッシュ


アメリカやフランスなど世界26カ国で愛用されています。アットコスメのボディソープ部門で3位にも輝いた実力派アイテムです。

 

デリケートゾーンの肌に近い弱酸性で、スッキリ汚れを落とします。うるおい力も望める陰部専用石鹸です。肌のバランスを崩しにくいから、におい対策にもオススメです。無香料タイプや香り付タイプ、合計4種類から選べます。


期待できる効果効能 におい・乾燥
成分 グリセリン
値段 756円/60mL
1,296円/150mL
1mLあたりの値段 約9~13円

pHケアフェミンウォッシュの口コミ

無香料がおすすめです!

デリケートゾーンのにおいが強い方です。前は香り付を選んでいたけど、どうしても体臭と混ざって困っていました。無香料にしたところ臭い混じりが軽減されました。毎日快適です。

(28歳/営業/写真は非公開希望)

かさかさしなくなった

乾燥でビキニラインがかさついていたけど、pHケアにしてましになりました。手触りも良くなり嬉しいです!

(24歳/飲食/写真は非公開希望)

海外の石鹸やソープは美白できない!?デリケートゾーンの黒ずみはどう解消するの?

海外の石鹸やソープは、黒ずみ解消というより、においや乾燥対策が主流です。確かに陰部専用の石鹸なので、通常のボディソープより肌に負担をかけにくく、軽い黒ずみ予防は期待できます。

 

しかし石鹸だけだと、効果を実感できない可能性もあります。しっかり効果を感じたい人は、美白クリームを併用しましょう。

海外だけじゃない!日本でもデリケートゾーンのお手入れは当たり前

海外の人の方がデリケートゾーンのお手入れに積極的なことがわかりましたが、日本人は見えない部分に無頓着なのでしょうか。


私は、国内でデリケートゾーンのお手入れをする人は増えたと感じています。温泉で専用石鹸を持参している人を何回か見たし、友達の家にも黒ずみ解消クリームが置いてあったからです。もしかして皆話さないだけで、実は色々やっているのかもしれません。


服や下着で隠れる部分ですが、もちろんキレイな方が良いです。石鹸で臭いや乾燥対策をするのも大切だけど、日本人は黒ずみが起こりやすいので、同時に美白クリームも忘れずに使っていきましょう。


そうすれば、色々な悩みが軽減されやすくなりますよ!