64398327
デリケートゾーンの黒ずみが気になっている女性も多いのではないでしょうか。
下着との摩擦による刺激や洗いすぎ、ホルモンバランスの乱れや肌のターンオーバーの低下などがデリケートゾーンの黒ずみの原因となるのですが、普段の生活や下着の素材などを見直すことで改善することが出来ます。

さらにデリケートゾーンを美白、保湿するクリームやジェル、石鹸などを併用することで改善をさらに効果的なものにすることができるのですが、そこで取り入れたい美白成分がビタミンCです。
ビタミンCと言えばレモンなどの柑橘類やほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれている成分で、サプリメントなどで取り入れることができ、さらには化粧品などで皮膚に塗ってその効果を得ることが出来ます。
ではビタミンCとはどのような成分で、ビタミンCが美白に効果のある仕組みなどを紹介しましょう。

usukunatta_02

ビタミンCってどんな成分なの?

私たちが生きていく上でビタミンCは欠かせない栄養素です。
ビタミンCの別名をアスコルビン酸といい、水溶性でビタミンCには酸化を防ぐ作用があります。
紫外線の浴びすぎや喫煙、ストレスなどによって体内では活性酸素が過剰に増えてしまいます。
この活性酸素は細胞を傷つけ老化の原因となってしまうのですが、ビタミンCが身代わりになって酸化されることで細胞が傷つくことなく酸化から守ってくれるのです。
またコラーゲンの合成にも欠かせない栄養素であり、美肌を目的としたサプリメントや化粧品などに配合されているのはこのためです。
ですがビタミンCは空気に触れるとすぐに壊れてしまい、とても不安定な成分で浸透性がないことからそのまま肌に塗ってもなんの効果も発揮しません。
そこで化粧品に配合することができるように改良されたのがビタミンC誘導体です。

美肌に欠かせないビタミンC誘導体とは

不安定で壊れやすいビタミンCを化粧品として取り入れることができるように改良されたのがビタミンC誘導体であり、L―アスコルビン酸りん酸イソパルミチン酸などの物質を結合させて安定性をつけ、吸収性を高めたものです。
安定性が増したことでつけてから24時間持続するようになり、吸収性はビタミンCの8倍以上になります。
そして皮膚の中に吸収されると肌自身が持っている酵素が働くことで皮膚の中でビタミンCに変化するのでビタミンCの効果を得ることができるのです。
ビタミンC誘導体はプロビタミンとも呼ばれており、刺激が少ないので安心して使用することができるものです。

ビタミンCの美白の仕組みって?

ビタミンCは美白のビタミンと呼ばれるほど高い美白効果を持っています。
できてしまったメラニン色素の還元作用とメラニン色素の生成抑制作用を持っているので黒ずみを予防し、すでにできてしまった黒ずみを薄くする効果もあるのです。
また紫外線を浴びることで発生する活性酸素を除去し、ビタミンEの合成促進作用があるので血流の流れをよくして肌の新陳代謝を高めることができるので、肌のターンオーバーを促しくすみのない透明間のある肌を作ることが出来ます。

肌につけるだけで効果を得られるの?

肌に直接ビタミンC誘導体をつけることで不足しているビタミンCを補給することが出来ます。
できるだけ高濃度のものをつけるのがおすすめで、顔全体にビタミンC誘導体が配合された化粧水や美容液などを塗り、さらに効果を高めたい場合にはラップなどで密閉して角質を膨潤させることでビタミンCの浸透を助けることが出来ます。
デリケートゾーンの黒ずみを改善する際にもラップパックを取り入れることでより効果を高めることが出来ます。

ビタミンC誘導体の濃度は高ければ高いほどいいの?

ビタミンC誘導体の効果をより得たいと考えた時にビタミンC誘導体の濃度は高ければ高いほど効果も高いのでは?と思うのですが、一般的な美白化粧品の場合はビタミンC誘導体の濃度は1%から2%程度であり、基本的にはビタミンC誘導体単体では効果を期待することはできません。
医薬部外品の場合は上限が3%と定められており、医療の現場で使われているものでも8%から10%程度です。
5%以上のものに関しては効果の差はあまりなく、肌の状態によっては刺激が強くなることがあるので高ければ高いほどよいというものでもないのです。

ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体と一言で言っても天然型や速攻型など様々な種類のビタミンC誘導体があり、ブランドやメーカーなどによって呼び方も違います。

りん酸アスコルビルマグネシウム

肌につけると短期間で吸収されて皮膚の酵素によってビタミンCりん酸マグネシウムに分解されます。
水溶性のビタミンC誘導体の中では最も効果があると言われており、ビタミンC誘導体の定番です。
紫外線にさらしてしまうと活性を徐々になくしてしまうので、りん酸アスコルビンマグネシウムが使われている場合は保存に注意が必要です。

りん酸アスコルビルナトリウム

肌につけると短期間で吸収されて皮膚細胞でビタミンCとりん酸ナトリウムに分解されます。
コストが易く、水に溶かしやすいので皮膚科などで使われることが多く、りん酸アスコルビルマグネシウムに比べると刺激が強くなります。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(テトライソパルミチン酸アスコルビル)

ビタミンC誘導体の中では比較的新しいもので他の水溶性ビタミンC誘導体に比べると皮膚からの吸収が数倍良いものです。
自然界にのみ存在し、肌に塗ると皮膚の中でビタミンCパルミチン酸に分解されます。
水溶性ではなく脂溶性なので肌に塗った時の乾燥や刺激なども少なく、オイル状になっています。
クリームやジェルなどに使われているのもこのビタミンC誘導体が多いです。
長時間作用するので、もっとも優れているビタミンC誘導体と言えるのではないでしょうか。

りん酸アスコルビルアミノプロピル

りん酸アスコルビルマグネシウムと同じ程度の効果を得ることができるとされているビタミンC誘導体で、製造が簡単なことから化粧品の原料になるのですが、安全性については臨床例があまりないことからあまり使われていないものです。

アスコルビル酸グルコシド

ビタミンCに糖を結合させることで常温の環境で元も安定して長期保存ができるものです。
安定型のビタミンC誘導体と言われており、刺激性が低いので一般の美白化粧品にこの型を1%から2%程度配合したものが多くなっています。
ただし、最近の研究では皮膚に吸収したあとにビタミンCと糖に分解する酵素がないこととでビタミンCに変換することができずにそのまま排出されてしまう可能性が高いことがわかっており、安全しに問題はないが効果を期待することが出来ない可能性が高い。

アスコルビル酸グルコシド脂肪酸

ジェルやクリームなどに配合しやすいように脂溶性にしたビタミンC誘導体であり、持続時間が長く、作用する時も長いが糖と結合していることからビタミンCに変換することができずに効果が出にくいと研究で明らかになっています。

パルミチン酸アスコルビル エステルC

脂溶性のビタミンC誘導体では最も歴史の古いものであり、アメリカではエステルCという名前で流行しました。
最近の研究では皮膚の酸化を促進してしまう可能性が高いことがわかっており、あまり使われることはありません。

ビタミンCに副作用はないの??

ビタミンCの副作用として挙げられるのが肌へのピリピリ感や刺激などがあります。
高濃度のもので比較的起こる症状で、つけすぎることで乾燥肌になることもあります。

ですから濃度やつける回数、量などは適量を守る必要があります。

ビタミンCを化粧品に配合して吸収性や持続性を高めることができるものがビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体の歴史は長く、使用する私たちの間でも広く認識されています。
研究も日々進んでおり、様々な種類のビタミンC誘導体が出ているので効果や副作用などを考慮して自分に合ったものを選びましょう。

ビタミンC誘導体が使われている黒ずみ改善の商品

●ホワイトラグジュアリープレミアム
●ピューレパール
●ラヴージュ

などがあります。

usukunatta_02