00b1a6af78a9457e81310795ed112ee1_s

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?

なかなか他人には相談することができずにコンプレックスを抱えている女性も少なくありません。
デリケートゾーンが黒ずんでいることで遊んでいる、不潔など様々な印象を持たれるのではと、水着のシーズンや異性との旅行なども憂鬱になってしまいますね。

インターネット通販やドラッグストアにはデリケートゾーンの黒ずみを改善することができるケア用品が販売されており、クリームやジェル、石鹸などタイプは様々です。
ではこれらに含まれるどんな成分がデリケートゾーンの黒ずみに効果を発揮するのでしょうか。成分を知っておくことで商品を選ぶ際の参考になりますね。

usukunatta_02

デリケートゾーンの黒ずみに効果のある成分一覧

アルブチン

メラニン色素の働きを抑えてシミやそばかすなどを改善することができる成分です。
美白成分の中でも特に効果が高いと言われており、厚生労働省にも認可されています。
アルブチンが配合されているものを選ぶ際には天然アルブチンと合成アルブチンがあるので肌に優しい天然アルブチンを選びましょう。

ハイドロキノン

沈着してしまったシミに効果のある成分で、メラニンの生成を抑え、メラニンを作る細胞そのものを減少させる効果を持っています。
日本国内では濃度制限がかかっているので皮膚科医などの処方が必要になることがほとんどです。

ビタミンC誘導体

美白のビタミンと呼ばれるのがビタミンCです。
このビタミンCをより肌に浸透することができるように改良した成分がビタミンC誘導体であり、ニキビによく効く成分として知られています。美白効果ではメラニンの色素を抑制したち、抗炎症作用やコラーゲンの生成を促す効果があります。

プラセンタ

デリケートゾーンの黒ずみは肌のターンオーバーが低下していることが原因の一つとして挙げられます。
プラセンタは肌のターンオーバーを促進する効果があり、アンチエイジングにも効果があるので定評があります。

アロエ

抗炎症作用があることでやけどの応急処置に使われてきたのがアロエです。
アロエにはシミやそばかすを薄くする効果があり、メラニンの生成を抑制することからシミやそばかすなどの予防にも役立てることができます。
保湿効果もあるのでデリケートゾーンの乾燥によって起こる摩擦が原因の黒ずみにも効果を発揮します。

パルミチン酸アスコルピルリン酸

パルミチン酸アスコルピルリン酸は大きく分類するとビタミンC誘導体の一種です。
ビタミンCに対してりん酸基とパルミチン酸基の2つを結合して作られるものでビタミンCの弱点でもある酸化しやすい、肌になじみにくいという点を克服した成分です。ビタミンCの1000倍もの浸透性があります。肌に浸透するとビタミンCに変化をして美白効果を発揮します。

フラーレン

ダイヤモンドと同じ炭素の同素体物質となるのがフラーレンです。
サッカーボールのような形をしている成分で、紫外線を浴びることで生まれるメラニンを抑制し、メラニンによる色素沈着を抑える効果を持っています。
美白成分はビタミンCの125倍にもなり、近年注目を集めている美白成分です。デリケートゾーンを直接紫外線に当てる機会は少ないのですが、紫外線は薄手の衣類であれば通り抜ける性質を持っており、目から紫外線を吸収することで全身が紫外線を浴びるのと同じ効果が生まれてしまいます。

白金ナノコロイド

平成17年に東京大学大学院の研究グループによって発見されたのが白金ナノコロイドです。
強い抗酸化作用を持つ成分であり、コエンザイムQ10やビタミンC、ポリフェノールなどを上回る効果を期待することができる成分として注目を集めています。白金ナノコロイドが紫外線の浴びすぎによって発生した活性酸素に働きかけることで肌を若々しく保つことができます。

浸透型ビタミンC

浸透型ビタミンCは肌の表皮に作用する水溶性ビタミンC誘導体と肌の真皮に作用する油溶性ビタミンC誘導体の両方のメリットを持つように開発されたビタミンC誘導体です。
新型ビタミンC誘導体とも言われており、刺激が少ない、浸透性が高いなどのメリットがあります。浸透型のビタミンC誘導体にはパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS アプレシエ)などがあります。

甘草フラボノイド

ビタミンCの257倍の美白効果を持っているのが甘草フラボノイドです。
カンゾウフラボノイドと言い、メラニンの生成抑制作用に優れていて、さらに活性酸素の除去効果で若々しい肌のキープに役立てることができます。
甘草フラボノイドは単体では肌に染み込ませることができず、油に溶ける性質を利用してホホバオイルなどと合わせて浸透させる成分です。

フラバンジェノール

フラバンジェノールは紫外線に当たることでできるメラニンを作る酵素となるチロシナーゼを抑制する作用を持つ成分です。
メラニンの生成や働きを抑えることができ、ビタミンCの600倍の抗酸化力を持っています。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はもともと人体に存在しているゼリー状の物質のことですが、保湿を目的とする化粧水やクリームなどに配合されていることが多いので美白効果があるのか?と疑問に思う人もいるでしょう。
保湿効果が高いことから下着との摩擦などによって起こる乾燥状態を改善することができ色素沈着を防ぐことができます。黒ずみを予防する目的として使用するものです。

コラーゲン

コラーゲンと言えば保湿ですね。肌にハリやツヤ、うるおいをもたらす効果があり、化粧品やサプリメントなどで日々取り入れているという人も多いのではないでしょうか。
ですが実はコラーゲンは美白にも深く関係しています。コラーゲンを十分に摂取することで肌のターンオーバーを正常にすることができるので黒ずみの改善にも役立てることができます。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は肝斑の治療薬として用いられることもあるアミノ酸の一種です。
メラニンの生成を抑制する作用や炎症を抑える作用などがあるのでシミやそばかすを改善することができ美白効果を得ることができます。

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kは代表的な消炎成分の一つです。
グリチルリチン酸ジカリウムと呼び、マメ科の植物である甘草の根や茎から抽出される薬用成分です。
直接的に美白効果があるわけではないのですが、高い抗炎症効果があるので紫外線や摩擦による刺激から肌を守ることができ、結果的に美白につながります。

トレチノイン

シミやニキビの治療薬として使われているのがトレチノインです。
ビタミンA誘導体の一つであり、トレチノインには古い角質を排除して皮膚の再生を積極的にする作用があります。
ハイドロキノンと併用することで相乗効果を期待することができるのですが、日本国内ではハイドロキノンと同様に濃度制限がかかっているので皮膚科医などの処方が必要になることがほとんどです。

オウゴンエキス

オウゴンエキスは紫外線対策に効果的な美容成分と言われており、オウゴンエキスに含まれるフラボノイド類が紫外線を吸収する作用を持っています。
またフラボノイドには紫外線によって傷つけられた部分を修復する働きもあり、メラニン色素の発生を抑えることができます。活性酸素の除去も行います。

オタネニンジンエキス

オタネニンジンエキスは高麗人参とも呼ばれ古くから漢方薬などで使用されてきました。
細胞の新陳代謝を活性化する作用があり、肌のターンオーバーを促進することができます。これによってデリケートゾーンの黒ずみにも効果があるとされているのです。

ビタミンE

皮膚の新陳代謝を高めてターンオーバーを促進することができるのがビタミンEです。
ビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれており、老化やシミ、シワなどの原因となる活性酸素を除去する作用があります。
紫外線の浴びすぎによって体内では活性酸素が発生してしまうのでメラニンの発生を抑える効果に繋がり、高い抗酸化作用によって外部の刺激から肌を守るバリア機能を正常にする働きもあります。

クロレラエキス

クロレラエキスは湖沼、河川や湿地などに生息している淡水性の緑藻植物であるクロレラから抽出して作られたエキスです。
細胞の働きを活性化させることで肌のターンオーバーを促進することができ、乾燥から肌を守ることができるので摩擦による刺激で起こる黒ずみを予防することができます。

トウキエキス

トウキエキスはセリ科の多年草でありトウキの根から抽出される天然由来の成分です。
ふるくから漢方に使用されてきたものですが、メラニンの発生を抑える効果があることから美白にも役立てることができます。

エイジツエキス

エイジツエキスはバラ科の植物の果実から抽出したエキスであり、皮膚細胞の活性化を促進することから肌のターンオーバーを促進する効果があり、美白に役立てることができます。

usukunatta_02