一度できるとなかなか治らないように思えるデリケートゾーンの黒ずみ。
しかしこの黒ずみを解消できるというクリームがあります。

それらのクリームには、黒くなった肌の色を薄くし、解消効果のある成分が使われています。
どんな成分がデリケートゾーンの黒ずみ解消に効果的なのか、気になりませんか?

その成分について、黒ずんだ肌の色を解消するクリーム、イビサクリームを開発した会社に質問してみました。
そこでいくつかの成分を教えてもらえましたので、ここでご紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみ解消成分、トラネキサム酸とは?

黒ずみ解消成分として、まずは「トラネキサム酸」があります。
美白作用が有名で、イビサクリームの主要成分でもあります。

まさに美白効果が期待されており、黒ずんだ色を薄くして白い肌へと近づけてくれます。

トラネキサム酸とはどんなもの?

トラネキサム酸とは、元は止血剤として使われていたものですが、コレを使った患者さんのシミが薄くなるなどの事例から、美白効果が認められた成分です。

その美白効果は、現在では厚生労働省から認可されており、有効な美白成分の1つに指定されています。
イビサクリームはもちろん、他の美白作用のある化粧品にもよく使われている成分です。

トラネキサム酸がデリケートゾーンの黒ずみを薄める仕組み

トラネキサム酸が持つ美白効果は、主にメラニンの抑制です。
メラニンとは肌の中で作られる色素です。
元から黒いメラニンや、酸化して黒くなるメラニンなどいくつかの種類がありますが、コレが黒ずむ原因となります。

このメラニンが多いほどデリケートゾーンの黒ずみも起きやすくなりますが、それを減らすのがこの「トラネキサム酸」の効果。

一度できたメラニンは肌の中の古い細胞と同じく、肌のターンオーバーでやがてはアカとして排出されます。
ですから新しいメラニンを抑えると、肌の中からメラニンが少しずつ減っていきます。

メラニンが減るほど肌の黒ずみは取れていくので、トラネキサム酸を使うと次第に黒ずんだ肌の色が薄くなるというわけです。

デリケートゾーンの黒ずみ解消成分、プラセンタとは?

プラセンタも黒ずみ解消成分としてよく使われるものです。
肌の総合ケアになる様々な効果を持っている成分です。

プラセンタとはどんなもの?

プラセンタとは「胎盤」のことを意味しますが、ほとんどの場合は「胎盤から抽出されたエキス」のことを指しますね。

胎盤の中で赤ちゃんが育つのは、それだけ豊富な栄養が胎盤の中にあるからです。
健康維持に重要な役割を果たす成分で、美容の分野でもよく使われています。

プラセンタでデリケートゾーンの黒ずみが解消するワケ

プラセンタでデリケートゾーンの黒ずみが解消するのは、まずは肌をケアしてターンオーバーを活性化するからです。
肌の中に溜まったメラニンをしっかりと排出しますので、黒ずんだ肌が薄くなりやすくなります。

また、ホルモンバランスを調整する役目もあります。
メラニンはホルモンによって作られることもありますので、ホルモンバランスもデリケートゾーンが黒ずむ大きな原因です。

そのホルモンバランスを調整し、メラニンの過剰生成を止めてくれます。
黒ずむ原因をなくしますから、それだけ肌の色が薄くなりやすくなるんですね。
プラセンタにはこのような効果があります。

デリケートゾーンの黒ずみ解消成分、ハイドロキノンとは?

次にご紹介するのは「ハイドロキノン」という成分です。
トラネキサム酸と並んで有名な美白成分で、デリケートゾーンなどの黒ずみケアではよく見る成分ですね。

その効果はもちろん美白ですが、ハイドロキノンは別名「肌の漂白剤」とも言われるくらい、肌を強力に美白する成分です。

ハイドロキノンとはどんなもの?

強力な還元作用があることから、元は写真の現像などに使われていた成分です。
その技師の方の肌が白くなっていたことから、美白効果が発見されました。

「漂白剤」とも言われるだけにその効果は高く、一時期は病院の処方でしか手に入らなかった成分です。

現在は少し規制が緩み、ハイドロキノンを配合したクリーム等は市販されていますが、今でも病院で処方されることも多い成分です。

ハイドロキノンがデリケートゾーンの黒ずみを薄める仕組み

bihaku-4seibun1

トラネキサム酸と同じく、新しく作られるメラニンを減らす効果があります。
その効果で次第にメラニンの数が減ってくるので、だんだんと肌が白くなるんですね。

コレの他、メラニンの色を薄める効果もあります。
メラニンの元からの色にはいくつかの種類があり、元は黒くないメラニンもあります。

これも酸化すると黒くなるのですが、酸化して色が変わっているだけなので、元に戻せば黒くなくなります。
ハイドロキノンの「還元作用」とは、酸化した物を元に戻す作用です。

この作用で酸化して黒くなったメラニンを元に戻すと、肌の中に溜まっている黒いメラニンの数が減るため、黒ずみも薄まるという仕組みです。

デリケートゾーンの黒ずみ解消成分、ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体も、美白ケアの分野ではよく見られる美白成分です。
ビタミンCを壊れにくくしたもので、その美白効果をしっかりと得られます。
デリケートゾーンなどの黒ずみを薄めるのにも効果的です。

ビタミンC誘導体とは?ビタミンCとは違うの?

「美容にはビタミンCがいい」と聞いたことはありませんか?
美容には総じてオススメされる成分ですが、ビタミンCは壊れやすいのが欠点です。

ビタミンCそのものを取っても、結局壊れてしまってその効果を得られないことが多いのです。
そのため、「ビタミンC誘導体」がよく使われますね。

これは肌の中に浸透してからビタミンCに変わるもので、壊れやすいビタミンCの効果をしっかりと得られます。

ビタミンC誘導体には、水溶性、油溶性、その両方の性質をもつものと、いくつかの種類があります。たとえば次のようなものですね。

・リン酸型ビタミンC(水溶性)
・テトラヘキシルデカン酸アスコビル(油溶性)
・アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(水溶性・油溶性両方)

ビタミンC誘導体がデリケートゾーンの黒ずみを薄めるワケ

bihaku-4seibun2

ビタミンC誘導体がデリケートゾーンの黒ずみを薄めるのは、先ほどのハイドロキノンの効果と同じく、酸化したメラニンを還元して、元の色に戻す効果があるからです。

このほか、肌のターンオーバーを促す効果もあります。
ターンオーバーとは肌の細胞の入れ替わりのことで、古い細胞が次第に肌の表面に押し上げられ、垢としてはがれるまでのサイクルのことです。

肌の中でできたメラニンは、このターンオーバーのときに一緒に肌の表面へと上がっていき、やがては垢と一緒にはがれていくのが普通です。

このターンオーバーが乱れているのも、デリケートゾーンの黒ずむ原因の1つです。
ターンオーバーを解消してメラニン排出を促し、黒ずみを薄めるのもビタミンC誘導体の効果です。

デリケートゾーンの黒ずみ解消には他成分との組み合わせが大事

ご紹介したように、デリケートゾーンの黒ずみを解消できる成分はいくつかあります。
ただし、これら成分を1つ取れば、必ず黒ずんだデリケートゾーンの色が薄まるわけではありません。

肝心なのは、これら黒ずみケア成分と、他の成分との組み合わせです。
美白効果をより高める組み合わせもあれば、そうでもない組み合わせもあります。

オススメできるのは、美白効果が高まるように、それぞれの成分を相性良く配合してある製品です。
イビサクリームはまさにそのような製品ですので、実際に使うことでデリケートゾーンの黒ずみが解消できるのです。

イビサクリーム配合のデリケートゾーン黒ずみ解消成分は?

・トラネキサム酸
・グリチルリチン酸2K
・サクラ葉抽出液
・カモミラエキス
・ダイズエキス
・オウゴンエキス

イビサクリームにはこのような成分が配合されています。
トラネキサム酸は先にご紹介した美白成分ですね。
コレがイビサクリームの主要成分の1つです。

さらに「グリチルリチン酸2K」という成分も、有効成分の1つとして配合されています。
これは肌を健康に整える効果があります。
この効果でターンオーバーを正常化し、肌に溜まったメラニンの排出を促します。

他の成分もトラネキサム酸やグリチルリチン酸2Kに近い効果があり、これら配合成分の総合力で黒ずみを解消していくのが、イビサクリームの特徴</span>です。

このように、実際に濃くなってしまった肌の色を解消するためには、特定の成分だけではなく、他成分との組み合わせも大事です。この点も忘れずにご確認くださいね。

まとめ

このように、デリケートゾーンの黒ずみを解消する成分はいくつかあります。
これら成分をうまく配合したクリームなど使うと、もう治らないのではと思えた黒ずみが薄まることもありますよ。

ただ、これら成分をやみくもに塗ればいいのではなく、他の成分との組み合わせも大事ですので、うまく成分が配合されたクリーム等を使うといいでしょう。