デリケートゾーンに黒ずみができ、「もう治らないのかな・・・」と悩んでいませんか?自然には治らないことも多いですが、きちんとした方法なら十分に治るんです!

でもどうやって?と、思いますよね。確実なのは病院での治療。美容系の病院になりますが、ここなら黒ずんだお肌も治療対象なんです。

ちなみにコツさえわかれば、セルフケアで治ることもあるんですよ。実はたくさんあるデリケートゾーンの黒ずみの治し方について、詳しくご紹介していきます。

黒ずみは本当に治すことができるの?これができる・治るメカニズム

まずはコレが大事ですよね。そもそもどうしてデリケートゾーンが黒ずむのでしょうか?ポイントはお肌の中に溜まっているメラニンという色素なんです。コレを知ると、一度黒ずんだ後でも治ることにも納得できますよ。

メラニンが溜まっているから、お肌が黒くなっている!?

何も知らないと、デリケートゾーンにできた黒ずみは「汚れ」や「痣」、「皮膚病」などに見えますよね。実はどれとも違うんです。

これはお肌の中にメラニンが溜まっている状態。メラニンが溜まっているから、そこが黒く見えるんですね。ちなみに、メラニンとは?

メラニンとは何?

  • お肌の中で作られる色素
  • 黒い色素が多い
  • 髪の毛に多く含まれる
  • 紫外線を防ぐ役目がある
  • お肌が刺激を受けると作られる
  • 溜まるとそこが黒ずんで見える
  • シミやそばかすの原因にもなる

メラニンは紫外線を防ぐ役目がありますので、お肌が刺激を受けたら自動的に作られます。

これがお肌に溜まったところで害はないんですが、「シミ」、「そばかす」、そして「黒ずみ」の原因になるのが、女性にとって悩ましいところですね・・・。

一度できたメラニンはお肌のターンオーバーで減らせる

一度できたメラニンは、お肌のターンオーバーでなくなります。ターンオーバーとはお肌の新陳代謝のことで、新しい細胞が生まれるたび、古い細胞が垢になってなくなるサイクルのこと。

このサイクルで、メラニンも古い細胞と一緒になくなるのが普通です。そのため、メラニンが一度できたら、絶対にシミやソバカス、黒ずみができるわけではありません。

それなのに、実際にデリケートゾーンがよく黒ずむのは、このターンオーバーによるサイクルでメラニンを減らしきれないことが多いからです。

女性のデリケートゾーンは繊細なのに刺激が多い!メラニンも増えやすく、残りやすい

女性のデリケートゾーンが実際に黒ずみやすいのは、女性のデリケートゾーンは繊細なわりに刺激を受けやすく、メラニンが大量発生しやすいからです。次のようなことに心当たりはありませんか?

女性のデリケートゾーンに多い刺激

  • 下着によるこすれ、しめつけ
  • カミソリ、毛抜きを使ったお手入れ
  • お風呂で強く洗う
  • 運動、性行為などによる摩擦
  • かゆくてボリボリとかく

繊細な女性のデリケートゾーンに、日常的に加わっているこれらの刺激。これがデリケートゾーンにとっては強い刺激となり、メラニンを大量発生させがちなんです!

メラニンがあまりに大量発生すると、ターンオーバーですべてのメラニンを減らしきれず、お肌に残ることが多いです。コレが原因で黒ずんでいることは多いですね。

ターンオーバーの乱れも実際にデリケートゾーンが黒ずむワケの1つ!

また、ターンオーバーが乱れており、それが原因でメラニンが減りにくくなり、黒ずむこともあります。ターンオーバーが乱れる原因は、いくつかあります。

ターンオーバーが乱れる理由

  • 体の疲れ
  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 不健康な生活
  • 肌荒れ
  • お肌の乾燥
  • 加齢

これらに当てはまるとターンオーバーも正常に回らなくなり、いつもよりメラニンが減りにくくなります。コレが原因でお肌にメラニンが溜まり、デリケートゾーンが黒ずんだりするんですね。

お肌に溜まってるメラニンを減らしてやれば、黒ずみも解消できる!

デリケートゾーンが黒ずむ原因やメカニズムは、以上のようなものです。原因は汚れでも皮膚病でもなく、お肌の中に溜まっているメラニンが原因なんですね。

ですから、お肌の中に溜まっているメラニンさえ減らせれば、この黒ずみも解消するわけです。元々メラニンはターンオーバーで自然になくなるものですから、コレを促すことも十分に可能。

病院ならコレを促す処置もたくさんありますし、中には強制的にメラニンを取り除く方法もあるんです。

8個もある!?病院での黒ずみの治し方

  • ハイドロキノン
  • トレチノイン
  • その他の美白剤
  • 飲み薬
  • ピーリング剤
  • レーザートーニング
  • インティマレーザー
  • 手術

これら方法でメラニンを取り除き、デリケートゾーンを美白できます。これらの方法についてさらに詳しくご紹介していきますね。

【治し方1】ハイドロキノン

ハイドロキノンとはお肌の漂白剤とも言われる成分で、黒ずみ治療にぴったりのもの。塗り薬として出されることが多く、コレを塗っていると次第にお肌が薄くなるという治療になります。

ハイドロキノンの効果とは

  • メラニンの生成を抑える
  • メラニンの色を薄める
  • メラニンを作る細胞を減らす

黒ずみの原因となるメラニンを減らしながら、メラニン自体の色を薄める作用もあります。その上、メラニンを作る細胞自体を減らす作用もあります。

いろいろな方法でお肌にメラニンが溜まりにくくし、色も目立たなくするので、美白効果はかなり高いです。

起こり得る副作用

  • あかみ
  • かゆみ
  • 刺激感
  • 黒ずみ
  • 色抜け

効果が高いので副作用は強めです。あかみ、かゆみが出ることは多いですし、他の重大な副作用が起きることもあります。

ハイドロキノンを塗っているときに紫外線を浴びると、かえって黒ずみを強めることもあります。美白効果も強くなりすぎると、お肌の色が抜けて不自然なほど白くなることも。

使用中は副作用が出ないか注意の上、紫外線対策をしつつ、使用期間や塗る量も医師の説明通りに利用し、異常を感じたらすぐに相談してください。

値段

約2~3千円(病院や処方薬によって異なる)

【治し方2】トレチノイン

トレチノインとは、ハイドロキノンと一緒によく使われる薬です。メラニンの色を薄めるといった直接的な作用はありませんが、今黒ずんでいるお肌を薄めるのにとても役立つ塗り薬なんですよ。

トレチノインの効果とは

  • ターンオーバーを促す
  • ハイドロキノンの浸透を助ける

トレチノインはお肌のターンオーバーを促すことで、今お肌に溜まっているメラニンをお肌の外へ、強制的に押し出していくような効果があります。

そのおかげでメラニンがしっかりとお肌の表面へと上がっていき、垢と一緒にはがれて減っていくので、次第にお肌が薄くなるんですね。

ハイドロキノンの浸透をよくし、効果を上げる作用もありますので、ハイドロキノンと一緒に使うと美白効果がかなり高まります。

起こり得る副作用はある?

  • あかみ
  • かゆみ
  • 刺激感
  • 出血

ハイドロキノンと同じく、あかみやかゆみには注意が必要です。特に効果が出過ぎると出血につながることもありますので、これもまた医師の説明をよく聞いて、それを守って利用するようにしてください。

値段

約2~3千円(病院や処方薬によって異なる)

【治し方3】美白剤・ローションの利用

美白効果がある塗り薬はハイドロキノンだけではありません。たとえばビタミンC誘導体など、他にも美白成分はありますので、そちらを配合したローションや塗り薬での治療もあります。

美白剤・ローションの効果とは

  • メラニンの生成を減らす
  • メラニンの色を薄める

メラニンができにくくしたり、メラニン自体の色を薄めたりと、ハイドロキノンに近い効果があります。コレを使うほど黒ずみができにくく、薄まりやすくなります。

起こり得る副作用

  • あかみ
  • かゆみ
  • 刺激感

ハイドロキノンより効果が穏やかですので、副作用もやや穏やかですが、あかみやかゆみなどが出ることもありますので、使用にはやはり一定の注意が必要です。

値段

約3~4千円(病院や処方薬によって異なる)

【治し方4】飲み薬

これは体の内側から黒ずみを薄めていく方法です。処方される成分は「トラネキサム酸」や「ビタミンC」などが多いですね。これらを飲むことで美白できます。

飲み薬の効果とは

これらにはメラニンを抑える効果があるのが基本です。普段よりもメラニンができにくくなり、黒ずみが解消しやすくなるんですね。

起こり得る副作用

  • 胃のむかつき
  • 吐き気
  • 下痢
  • 発疹

ビタミンCやトラネキサム酸はあまり副作用がない薬ですが、まったく起きないわけではありません。体質によっては上記のような副作用がおこりえます。

また、トラネキサム酸は止血剤としての効果もありますので、他の薬との飲み合わせや、体質との相性は注意が必要です。飲んでいる薬や体質などはもれなく医師に伝えておきましょう。

値段

約2~3千円(病院や処方薬によって異なる)

【治し方5】ケミカルピーリング剤

ピーリングは、お肌の表面(角質)を削ること。これを塗るだけでできるのが、ケミカルピーリング剤です。デリケートゾーンなど、強くこすりにくい部位でも簡単にピーリングができる方法です。

ケミカルピーリング剤の効果とは

  • 不要な角質ごとメラニンを減らす
  • ターンオーバーを促す

メラニンはお肌の細胞の中に溜まっていますから、これを削ることで、そこに溜まっているメラニンを少しでも除去できますよね。

その上、不要な角質を取り除くことで、お肌の自然なターンオーバーを促す効果もあります。この作用で自然にメラニンが減りやすくなり、黒ずみ解消につながります。

起こり得る副作用

  • あかみ
  • かゆみ
  • 刺激感

お肌の表面だけとはいえ、お肌の一部を無理やり削る方法になりますから、お肌には多少の刺激となります。この影響でお肌が赤くなるのがよくある副作用ですね。

かゆみや刺激感となることもありますので、ピーリング剤の量や塗る回数は医師の指導に従ってください。基本的には週に1回程度の利用が目安です。

値段

約5千円(病院や処方薬によって異なる)

【治し方6】レーザートーニング(レーザー治療)

これは外科的な治療になり、いわゆる「レーザー治療」というものです。VラインやIラインなど、女性器を除く外デリケートゾーンにできた黒ずみを解消できます。

1度の処置ですぐに美白できるのではなく、何度もレーザーを当てることで少しずつ黒ずみが薄まって治すことができます。5~10回程度の処置が必要なことが多いですね。

レーザートーニングの効果とは?

QスイッチYAGレーザー・メドライトC6という特殊なレーザー機器によるレーザーで、お肌の中に溜まっているメラニンだけを狙い打ちにして治すことができます。

このレーザーを当てるとメラニンが破壊されますので、この治療を続けると徐々にメラニンが減っていき、黒ずんでいたお肌が解消されていきます。

ダウンタイム

ほとんどありません。処置を受けた当日に激しい運動や入浴は避けた方がいいですが、入院は基本的に不要です。その日のうちにすぐ帰宅でき、シャワーなら当日から使えることも多いです。

値段

1回あたり1~3万円(病院によって異なる)

【治し方7】インティマレーザー(レーザー治療)

これはレーザー治療の一種ですが、先ほどのレーザートーニングと違い、施術場所は女性器の中。ここも黒ずむことがありますが、これらは粘膜部分になりますので、その他の方法では治せないことも多いです。

そこを解決できるのが、このレーザーなんです。別名、女性器専用レーザーとも言われます。

インティマレーザーの効果とは

  • 黒ずみの溜まった角質層を薄く削り取る
  • メラニンを減らして薄くする

先ほどのピーリングのように、黒ずんだお肌を角質層ごと薄く削り取ることで、黒くなった色を元に戻して治す方法です。手術のように切除は伴わないため、出血はありませんが、麻酔は使われることが多い処置です。

その代わりに即効性が高く、1度の治療で効果を実感できることもあります。

ダウンタイム

  • 性行為などは3日間避ける
  • 入浴は3日後より可(シャワーは当日より可)
  • 1週間ほど痛みが残る場合あり

処置を受けたことによる影響は、あまりありません。これもレーザートーニングと同じく、ダウンタイムが非常に少ないのが特徴です。

値段

1回10~20万円(病院によって異なる)

【治し方8】手術

最後の方法は手術です。インティマレーザーと同じく、VラインやIラインなど、外デリケートゾーンの黒ずみ除去ではなく、女性器そのものの黒ずみを除去したいときに勧められることのある方法です。

女性器の形自体が原因で黒ずんでいる場合、コレを受けることで根本的な原因を解消できます。

手術による効果とは

  • 女性器の形を整える
  • 黒ずみ再発を防止

大きすぎる女性器を切除し、形を整えられます。コレがオススメできるのは、女性器が大きすぎてどうしても下着とこすれてしまい、何度美白しても黒ずみが再発する場合など。

他の方法では根本的な解決にならない症状でも、手術で形を整えれば解消できたりします。他の方法にはない効果ですね。

ダウンタイム

  • 1週間ほど出血があり得る
  • 1~2週間ほど痛みが続く
  • シャワーは翌日より可能(患部は濡らさない)
  • 1か月間は激しい運動、性行為は禁止

手術になりますので、ダウンタイムは1か月とやや長め。ただし、入院は無理に必要なく、すぐに帰宅はできます。その状態で患部を強く刺激しないように、なるべく安静に生活するようになります。

安静に生活できるなら、手術を受けた翌日より仕事に復帰できることはあります。ただ、患部から出血することがありますので、運動を伴う仕事はしばらく控えた方がいいでしょう。

値段

10~30万円程度(病院によって異なる)

病院で受けられる黒ずみの治し方!注意したいデメリットも?

ご紹介したように、病院に行けば本当に様々な方法でデリケートゾーンを美白できます。中には手術など、病院でなければ絶対にできない治療もありましたね。

これで本当に黒くなったお肌を元に戻せるというメリットの代わりに、病院の治療ならではのデメリットもあります。そちらもご紹介しておきましょう。

副作用がある

先ほどご紹介した治す方法やその内容の多くに「副作用」がありましたよね。病院でしかできない強力な治療を受けられる代わりに、化粧品などを使ったときより副作用にも注意が必要です。

もちろんそうならないように医師の指導がありますし、異常が起きたときはすぐに適切な治療を受けられますが、重大な副作用がデリケートゾーンに起きるかもしれないのは、やはり不安がありますよね。

このようなリスクがあるのが、病院の治療ではなかなか避けられないデメリットです。

お金がかかる

これはほぼすべての病院の治療に当てはまるデメリットです。先ほどご紹介した治療の値段は、すべて全額自己負担になることが多いです。

デリケートゾーンが黒ずんでいるからといって、命や健康には特に支障はないんです。これはあくまで美容治療になりますので、残念ながら保険適用外・・・。

1回当たりの費用は高くなりやすいんですね。1回ですぐ治るわけではなく、何度も通院が必要になるほど、合計でかかる治療費も高くなっていきます。これはかなり大きいデメリットです。

患部を見せる必要がある

これもまた、多くの女性が病院での治療をためらう理由の1つ。デリケートゾーンって、普段は絶対に他人には見せない部位ですよね。しかしここの黒ずみ治療を受けたければ、お医者さんにはどうしても見せる必要があります。

女性への配慮として、なるべく女性医師やスタッフが担当する病院も多いですが、たとえ相手が女性でも、アソコ周りをまじまじ見られるのは恥ずかしいという女性が大半です。

健康上の支障はないからこそ、余計に抵抗感がある方も多いですね。コレがどうしても必要になるのも、病院での治療にありがちなデメリットです。

デメリットにも注意!病院での治療は必ずしも人気とは限らない!?

病院での治療なら黒ずみを確実に解消できることは多いんですが、これらデメリットがあるからこそ、ダントツで人気がある治し方ではないんです。

セルフケアではどうしても治らないこともあったり、何度治しても再発するなど、どうしても病院の治療を必要とする方以外は、まずは自宅でのセルフケアから始める方も多いんですよ。

病院に行かなくても治るの?その他にもある黒ずみ解消法とは・・・

確実性は高い代わりに、デメリットも大きい病院での治療。デメリットの方が気になるため、セルフケアでデリケートゾーンを美白する方も多いんですが、具体的にどんな方法があるのでしょうか?

実はとてもオススメできる方法があります。病院には行かず、誰にも内緒でコレを解消した方も多いんですよ。

セルフケアでもっともオススメ!黒ずみ解消クリームとは

病院に行かずにデリケートゾーンをきれいにしたいなら、専用の黒ずみ解消クリームがオススメです。女性のアンダーゾーンに使える専用のクリームがあるんですよ。
その中でもオススメなのはイビサクリームです。

イビサクリームとは

  • アンダーゾーンの黒ずみ解消用クリーム
  • 自宅でも使える効果的なクリーム
  • メラニンを抑えるのが主な効果
  • お肌のターンオーバーを促す効果もある
  • 利用者の満足度は96%以上

イビサクリームの有効成分は、先にもご紹介した「トラネキサム酸」です。美白成分がしっかり入っているんですよ。

ターンオーバーを促すその他の成分も入っており、アンダーゾーンにできた黒ずみ解消にとても役立ちます。

しかし薬ではありませんので、病院でもらうハイドロキノンほど副作用の心配がいりません。自宅でも簡単にできる黒ずみ解消ケアになり、利用者の女性の満足度も非常に高くなっています。

コレを使えば病院に行かなくても、黒ずんだデリケートゾーンをできるだけ解消できます。セルフケアの中ではもっともオススメですね。

専用クリームとあわせてオススメ!お肌が黒ずむ原因を減らそう

イビサクリームなどと合わせてオススメのセルフケアは、黒ずみの原因をなくすよう、生活習慣を見直すことです。

オススメの生活習慣

  • カミソリや毛抜きを使ったお手入れを避ける
  • 下着は通気性のいい天然素材のものにする
  • お風呂では手と泡を使って優しく洗う
  • アンダーゾーンが摩擦する運動は避ける
  • なるべく健康的に生活する

このような生活習慣を心がけると、アンダーゾーンが黒くなりにくくなります。今黒くなっているところも薄まりやすくなりますので、これも黒ずみ解消になります。

これだけで色を薄めるのはかなり大変ですが、イビサクリームなどと合わせると効果大です。本当に色を薄められることも多いですよ。

結局どの方法がオススメ?治し方のランキング

病院の治し方を中心に、デリケートゾーンの黒ずみの治し方をご紹介してきましたが、これらの中では結局どれがオススメなのかが大事ですよね。これらのランキングをご紹介します。

  1. 黒ずみ解消クリーム+生活習慣の改善

    1番オススメなのは、先ほどご紹介した専用のクリームを使いつつ、アンダーゾーンが黒ずむ習慣を改善すること。効果が出やすい上に、自宅で一人でもできるのが人気のポイントです。

    なるべく他人に知られず、できればお金や手間も浮かせて治したいと思っている女性は多いですから、この方法が人気です。病院での治療を受けたい事情がない限りは、この方法をまず試してみるといいですよ。

  2. 黒ずみ解消クリームのみ

    生活習慣は改善せず、専用クリームをとりあえず使ってみる方法ですね。生活習慣を改善した方が効果が出やすいですが、そこまでできない方も多いですよね。

    クリームを塗るだけでも、自宅でできるケアの中ではかなり効果的です。毎日地道に塗り続ければ少しずつ薄まっていくことも多いので、これもかなりオススメです。

  3. ハイドロキノン

    次にオススメなのは、病院で処方してもらえるハイドロキノンですね。お肌の漂白剤と言われる通り、これら美白治療で使われるおなじみの治療薬で、その効果も高いです。

    その上、塗り薬なので体への負担も軽く、毎日無理なく治療を続けられる点もオススメですね。何も言わなくてもこれが処方されることも多いですが、希望できるならこれを選ぶといいでしょう。

    ただし、市販の化粧品などよりずっと効果が強く、副作用もありますから、医師とよく相談の上、使用方法もよく確認の上で使ってください。

  4. 美白剤・ローション

    次にオススメなのは「その他の美白剤・ローション」など。ハイドロキノンに比べて少し美白効果が落ちることがあります。

    その代わり、ハイドロキノンほど強い副作用がないものもありますので、ハイドロキノンが合わない方や、デリケートゾーンに塗るのは不安な方など、こちらがオススメですね。

    使い方はハイドロキノンと同じく、クリームやローションなので、治療を続けるのは簡単です。

  5. インティマレーザー

    最後にオススメなのは、インティマレーザーです。女性器専用レーザーと言われるだけあって、他の治療ではなかなか治せない、黒ずんだ女性器でも治せます。

    「他の方法では治せないけど、手術はちょっと・・・」という女性からよく選ばれる方法です。他の方法では治せない黒ずみだとわかったら、まずはコレを試せないか、一度病院で相談するのがオススメですね。

効果の高いセルフケアほどオススメ!病院での治療はよく相談を

ご紹介したように、効果の高いセルフケアほど人気が高いので、これから黒ずみ解消を目指す方は、それを選ぶといいですよ。

病院での治療を選ぶ場合、治療内容は医師の診断の元で決まります。希望する治療があったとしても、それを受けられるとは限りません。

どうしても強く希望する治療がある場合、その治療をやっている病院を探し、そこでよく相談するのがオススメです。

まとめ

悩ましいデリケートゾーンの黒ずみの解消方法をご紹介してきました。病院での治し方はたくさんありますし、そもそも病院に行かなくても治せたりもする症状です。

これらのどれかの方法で本当に治ることは多いので、「もう治らないかも」と悩んでいるアナタも、一度本気で黒ずみ解消へ取り組んでみるといいですよ。

できれば病院には行かず、自宅で治したいと思うなら、最後にご紹介したオススメのセルフケアをぜひ試してみてください。病院に行くのは、このケアがダメだった後でも遅くありませんからね。