脱毛後
脱毛がきっかけで、デリケートゾーンの黒ずみがお悩みになっていませんか?実はそういう女性って、とても多いんです!
脱毛後にこの黒ずみがお悩みになったり、場合によっては脱毛前からコレがお悩みになったりと、ケースは様々ですが、脱毛とデリケートゾーンの黒ずみのお悩みはセットになることが多いですね。

脱毛でありがちなデリケートゾーンの黒ずみのお悩みや、この黒ずみの正体・解決法など、多くの女性のモヤモヤしたお悩みをここで詳しく、一気にご紹介させてもらいます!

脱毛がきっかけ!?よくあるデリケートゾーンの黒ずみのお悩みとは

まず気になるのは、「こんなことで悩んでるのって、私だけ?」という不安ではありませんか?実は多くの女性が同じようなことで悩んでいたりしますので、この点はあまり心配いりません!

脱毛がきっかけでよくあるデリケートゾーンの黒ずみのお悩み内容について、まずはご紹介しますね!

脱毛したらデリケートゾーンの黒ずみが目立って恥ずかしい!

脱毛に関するデリケートゾーンの黒ずみのお悩みでよくあるのは、「脱毛してせっかくアンダーゾーンがスッキリしたのに、それで逆に黒ずみが目立つようになった・・・」というもの。

デリケートゾーンの黒ずみは、脱毛するまではアンダーヘアーに隠れてハッキリ見えないことが多く、脱毛するまで本人も黒ずみに気づいていないケースも多いです。

だからこそ、脱毛後に初めて「なんか黒い!」と気づき、そこからデリケートゾーンの黒ずみが気になるようになったというお悩みが、本当に多いんですよ。

脱毛前よりデリケートゾーンには黒ずみがあるのが普通だった!?

脱毛後に黒ずみに気づくということは、すでにデリケートゾーンが黒ずんでいたことになりますよね。実は、これが普通なんです。体の中には、比較的黒ずみやすい場所がいくつかあります。

  • ひじ
  • 乳首
  • デリケートゾーン
  • ひざ

デリケートゾーンは体の中でも黒ずみやすい場所の1つで、程度の差はありますが、ここは黒ずんでいるのが普通なんですね。ここがまったく黒ずんでいない女性は、ほとんどいないと言われています。

ですから、今まで黒ずみを隠していたアンダーヘアーを脱毛して、それで黒ずみが目立つようになり、お悩みになるのも普通のことなんです。

脱毛後に人目が気になるのは普通?男性陣の黒ずみへの印象はイマイチ

脱毛後にデリケートゾーンの黒ずみがお悩みになりやすいのは、この黒ずみに向けられる世間の目も大いに関係ありです。特に男性は、この黒ずみについてどう思っているのかというと・・・?

  • あまりいい感じがしない
  • できれば綺麗な方がいい
  • 不潔な感じがしてちょっとイヤ
  • 遊んでる感じがして萎える



感想は人それぞれですし、男性全員がネガティブな印象を持っているわけではないのですが、男性の約8割が、このようなネガティブな印象を持っているというアンケート結果もあります。

このような目で見られるからこそ、脱毛後にデリケートゾーンの黒ずみが目立つと、どうしてもお悩みになる女性が多いんですね・・・。

デリケートゾーンの黒ずみが原因で脱毛ができなくなった例も!

脱毛が原因で起こるデリケートゾーンの黒ずみのお悩みには、「この黒ずみのせいで脱毛できない!」というものまであります。これは決して人目を気にしてのお悩みではありません。

実は、デリケートゾーンの黒ずみが濃いと、脱毛サロンなどで処置を延期されることがあります。脱毛は脱毛サロンでお願いされる方が多いかと思いますが、ここで採用されているのは「光(フラッシュ)脱毛」という方法。

メラニン色素に反応する特殊な光を当て、毛を生えにくくする処置になります。このとき、デリケートゾーンの黒ずみがどう影響するのかというと・・・?

【濃い黒ずみが脱毛時に問題となるワケ】

  • 黒ずみの正体はメラニン色素
  • 黒ずみが濃いとそちらも脱毛器の光に反応してしまう
  • その結果痛みを感じることがある
  • ひどい場合は火傷の恐れもあり



あとでまた詳しくご紹介しますが、デリケートゾーンにできるこの黒ずみの正体は、お肌の中に溜まっているメラニン色素。脱毛処置で、今まさに処置しようとしているものと同じ成分なんですね。

これがあるとそちらもムダ毛の毛根と同じように反応してしまい、お肌に痛みや火傷が生じる恐れがあります。ちなみに、黒ずみさえなければ、これら処置の痛みなどは普通ありません。

つまりデリケートゾーンに濃い黒ずみがあると、本来は痛みや副作用がほとんどないはずの処置に危険性が出るため、施術を延期されることがあるワケです。

このようなわけで、脱毛しようとすると、デリケートゾーンの黒ずみは何かとお悩みになりがち・・・。知らない間にできているこの黒ずみは、いったい何なのでしょうか?

ポイントはメラニン!脱毛前からあるデリケートゾーンの黒ずみの正体

先ほども少し触れましたが、このデリケートゾーンの黒ずみの正体は、お肌の中に溜まっているメラニン色素です。

【メラニン色素のポイント】

  • 黒い色素が多い
  • 毛に多く含まれている色素
  • お肌の中でも普通に作られる
  • お肌に溜まるとお肌も黒くなる



メラニン色素にもいろいろあるのですが、最終的に黒い色素となるものが多いです。このメラニン色素が多く含まれているのが「」です。日本人の毛の多くが黒く見えるのは、このメラニン色素が多く含まれているからです。

この色素は毛根以外のお肌でも普通に作られますので、コレがお肌に溜まると、毛と同じようにそこが黒ずんで見えます。つまりデリケートゾーンの黒ずみとは、お肌に溜まっているメラニンなんですね。

デリケートゾーンの黒ずみが起こるほどメラニンが溜まる理由は?

一度できたメラニンも、お肌の細胞の入れ替わり(ターンオーバー)のとき、一緒に入れ替わって自然になくなります。ただ、メラニンの数が多すぎると排出しきれず、お肌の中に残ることがあります。

また、ターンオーバーは体の機能の1つですから、体調や年齢などにも影響されます。体が疲れていたり、年を取って体の機能が落ちると、ターンオーバーのペースも遅くなり、細胞の入れ替わりも遅くなります。

すると、一度できたメラニンがなかなか無くならないので、常にお肌の中にメラニンが残りがちになり、デリケートゾーンの黒ずみが起きやすくなります。

この生活習慣に注意!デリケートゾーンの黒ずみを招く原因

メラニンが増えたり、ターンオーバーが乱れたりといった理由で、デリケートゾーンにメラニンが溜まり、黒ずみが起きるわけですが、コレを招く生活習慣がいくつかあります。

これらがデリケートゾーンの黒ずみを招く具体的な原因となりますので、注意した.いポイントです。

【黒ずみを招きやすい生活習慣】

  • カミソリ等でのアンダーヘアーのお手入れ
  • デリケートゾーンの洗いすぎ
  • 下着の締め付け
  • その他のデリケートゾーンの摩擦
  • 強い紫外線
  • デリケートゾーンの汚れ



基本的にメラニンはお肌への刺激に合わせて作られます。ですので、アンダーヘアーを毛抜きやカミソリを使ってお手入れしており、お肌への刺激となっていると、コレが原因でメラニンが増えることがありますね。

他にもデリケートゾーンをお風呂でゴシゴシと洗ったり、締め付けの強い下着をはいていたり、何らかの刺激があると、同じようにデリケートゾーンが黒ずみやすくなります。

また、紫外線やお肌の炎症などもメラニンを増やすことがありますので、直射日光を浴びたり、生理のときのナプキン処理などが遅れると、黒ずみを招くことがあります。

他にもある!?少し特殊なデリケートゾーンの黒ずみを招く原因

先ほどご紹介したもの以外にも、デリケートゾーンの黒ずみを招くものがあります。

【黒ずみを招く少し特殊な原因】

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 妊娠、出産
  • 加齢

メラニンはホルモンによって作られることもありますし、ホルモンバランスによってターンオーバーが影響を受けることがあります。ホルモンバランスが乱れると黒ずみを招くことがありますので、目には見えない原因ですが注意が必要です。

特にホルモンバランスが変わるのが「妊娠・出産」のときです。このときのホルモンバランスではメラニンが大量生産されることが多く、妊娠や出産が原因でデリケートゾーンの黒ずみが濃くなることは多いです。

さらに、年を取るとターンオーバーが遅れがちになりますので、年を取るほど黒ずみも起きやすくなります。これら避けにくい原因によって、黒ずみができる場合もあります。

原因は多数!脱毛前からデリケートゾーンは黒ずみやすい!

以上のように、デリケートゾーンの黒ずみは決して異常や病気ではなく、普段の生活にある多くの原因により、メラニンが溜まっている状態です。

黒ずみを招く原因が多数あるだけに、何も意識しないと、これら原因にはどうしても当てはまりますよね。ですから、脱毛前にすでに黒ずんでいる方が普通くらいなんです。

健康上の問題は特にないのですが、「脱毛後に人目が気になる」、「脱毛処置が受けられなくなる」など、脱毛したい方には大問題ですよね。

これら黒ずみを薄めたいなら、意識して「黒ずみケア」に取り組むことをオススメします!

デリケートゾーンの黒ずみは薄められる!?知っておきたい解決法

普通に生活しているとなかなか避けられないデリケートゾーンの黒ずみですが、実はケアの方法があります。このケアで黒ずみを薄められることも多いので、知っておくといいですよ。

デリケートゾーンの黒ずみはセルフケアが可能!

デリケートゾーンの黒ずみを薄めるための「クリーム」や「化粧水」、「石鹸」などがあります。これら専用の美白ケア商品を使えば、セルフケアで薄められることも多いですね。いくつか例を挙げておきましょう。

美白ケア商品の種類 商品例
クリーム イビサクリーム
ピューレパール
ホスピピュア など
化粧水 ヴィエルホワイト など
石鹸 ジャムゥハーバルソープ
シークレットレディ ジャムウソープ など

これら専用の美白ケア商品には、黒ずみケアに役立ついくつかの特徴があります。

  • 美白成分を含む
  • お肌を健康に保つ成分を含む
  • 保湿成分を含む
  • 刺激物は少ない



お肌に溜まるメラニンを減らす美白成分や、お肌を健康にしてターンオーバーを正常化させる成分など、黒ずみ解消に役立つ成分がたくさん入っています。

このような専用商品を使ってのセルフケアで、デリケートゾーンの黒ずみを薄められることも多いですよ。

エステやサロンでのデリケートゾーンの黒ずみケアも可能!?

自分一人でのケアで、デリケートゾーンの黒ずみを薄められないときは、専門家の手を借りる方法がありますよね。まずはエステやサロンをチェック!

これらお肌のケアへの対応は各エステやサロンの方針によるのですが、お肌のケアをしてくれるエステやサロンがあれば、ここで黒ずみケアを相談できることがあります。

デリケートゾーンの黒ずみは病院でも相談可能!

健康上の問題はないデリケートゾーンの黒ずみも、美容方面の病院なら治療できることがあります。薬での治療が多く、次のようなものを処方してもらえたりしますね。

薬の種類 薬の例
飲み薬 トラネキサム酸
ビタミンC
ビタミンE など
塗り薬 ハイドロキノン

トレチノイン
ピーリング剤 など

黒ずみを薄める成分を凝縮した飲み薬がありますので、コレを飲めば体の内側から黒ずみを薄められます。もちろん塗り薬もありますので、こちらを処方してもらえることもありますね。

このような薬での治療が多いですが、病院によっては「レーザー治療」もあります。これはメラニンだけを除去する特殊なレーザーを体の外側から当てることで、手術などせずにお肌の中のメラニンを除去する方法です。

このように、デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法はいくつかあります。これらで意識的にケアすると、黒ずみが薄まることも多いですよ。

デリケートゾーンの黒ずみケアでよく利用されるのは美白クリーム!

いくつかあるデリケートゾーンの黒ずみの解消法の中で、特に多くの女性からよく使われてオススメなのは「美白クリーム」の利用です。

手軽に使えるのにデリケートゾーンの黒ずみを薄められることが多いので、特に希望がなければまずこれを選ぶのがオススメです!

デリケートゾーンの黒ずみにも効果的!?美白クリームの利点とは

美白ケアクリームとは、「美白成分」や「お肌のケア成分」など、黒ずみ解消成分を多く含んだ専用のクリームですね。コレの利点はいくつかあります。

【黒ずみ解消クリームの利点】

  • 黒ずみ解消成分がバランスよく入っている
  • ケアが手軽で簡単にできる
  • ネットで簡単に買える
  • お肌にもやさしいので安心



これらは黒ずみ解消を第一に作られたクリームで、必要な成分がバランスよく入っています。しかも使い方は普通のクリームに近いですから、個人でも手軽に、効果的な黒ずみケアができますよ。

これらクリームをドラッグストアなどで見かけることは少ないと思いますが、ネット通販なら簡単に見つかります。購入も簡単ですから、誰にも内緒のケアだってできますよ。

刺激物もなるべく使わないように配慮されていますので、デリケートゾーンに使ってもかぶれなどを起こす心配も少ないです。これら多くの利点が、多くの女性から人気のポイントです。

デリケートゾーンの黒ずみケアに特にオススメのクリームは?

これらデリケートゾーンの黒ずみに使えるクリームはたくさんありますが、特にオススメなのは「イビサクリーム」です!

【イビサクリームとは?】

  • デリケートゾーンの黒ずみ解消クリーム
  • デリケートゾーンの黒ずみには特にピッタリ
  • 購入は通販で簡単!
  • 専用通販での定期購入で値引きもあり!

たくさんある美白ケアクリームですが、どの部位の黒ずみのために作られたかは、クリームごとに違いがあります。その中で「デリケートゾーンの黒ずみ」のために作られたのが、このイビサクリームなんです!

今デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる方には、特にピッタリのクリームですよね。購入はもちろんネット通販で簡単にできますし、イビサクリームの公式通販に行けば、定期購入による割引もあります。

イビサクリーム通常価格 7,000円(税抜)
イビサクリーム定期購入価格 4,970円(税抜)
イビサクリーム定期購入 クレジットカード決済時 初回4,470円(税抜)
(2回目以降 4,970円(税抜)

デリケートゾーンの黒ずみケアには本当にピッタリのクリームですよ。

イビサクリームはこれらデリケートゾーンの黒ずみにどう効くの?

イビサクリームの効果は大きく2つあります。

  1. メラニンを徐々に減らしていく
  2. お肌のケアでターンオーバーを促す

イビサクリームの有効成分「トラネキサム酸」は、新しく作られるメラニンを減らす作用があります。これのおかげで、黒ずみの原因になるメラニンを緩やかに減らしていけるんですね。

そして、もう1つの有効成分「グリチルリチン酸2K」や、各種の保湿成分がお肌をケアし、ターンオーバーを正常化してくれます。今お肌に溜まっているメラニンを、正常なターンオーバーで減らすのをサポートしてくれるんですね。

これら2つの効果を合わせて、デリケートゾーンのお肌に溜まっているメラニンを減らしていくため、黒ずみが薄くなっていくのがイビサクリームの効果です。

イビサクリームのデリケートゾーンの黒ずみへの使い方は?

  • クリームの量は1~5円玉大ほど
  • デリケートゾーンの黒ずみに1日2回塗る
  • 1~4か月ほど、毎日コレを続ける

基本的には普通のクリームですので、チューブから適量を出し、デリケートゾーンの黒ずみに塗ればOKです。塗る回数は1日2回で、毎日継続するのがポイントです。

イビサクリームの効果の仕組み的に、お肌のターンオーバーの周期に合わせて少しずつ黒ずみが薄まります。ターンオーバーの周期は約1か月ほどですから、効果が強く出るまでには数か月かかることもあります。

塗って数日で黒ずみが薄まることは少ないですが、コツコツと塗り続けると効果があることが多いですね。

他のケアよりも手軽!?デリケートゾーンの黒ずみケアはクリームがオススメ

このように、専用の美白クリームを使うと黒ずみを薄められることが多いです。他の方法に比べて手軽な上に、黒ずみを本当に薄められることも多いので、多くの女性から人気の方法です。

他の方法、たとえば病院に行く場合、確実性は高いですが、美容分野の治療になるため健康保険が使えず、費用が高くなりがちです。通院にかかる時間も負担になりがちですね。

また、「デリケートゾーンの黒ずみを他人に見られたくない!」ということで、できれば自宅でのケアを希望される女性も多いです。そのような方から、これら美白クリームがよく使われますね。

デリケートゾーンの黒ずみ改善のコツを合わせるとなお確実に!

これら美白ケアクリームを使うだけでも黒ずみを薄められることもありますが、黒ずみケアにはいくつか押さえたいコツがあります。このコツまで押さえると、黒ずみケアもさらに効果的です。

【黒ずみ改善のコツ】

  • 自己流のアンダーヘアのお手入れは避ける
  • 下着は締め付けの緩いものを選ぶ
  • 蒸れを避ける
  • 規則正しく生活する
  • お風呂では泡と手で優しく洗う
  • 肌に優しい石鹸を使う
  • 普段から保湿ケアに注意



これらはつまり、デリケートゾーンの黒ずみの原因をなるべく作らないコツですね。デリケートゾーンへの刺激や摩擦、肌荒れなどを避けるのは基本です。

また、ターンオーバーやホルモンバランスを乱さないよう、健康的な生活も大事です。寝不足や夜更かしが続いたり、偏った食事ばかりにならないよう、注意してくださいね。

ちなみに、すべてを完璧にやる必要はありません。完璧にやろうとするとストレスになり、結局心身の不調につながりますので、できる範囲でOKです。

これらコツを実践するほどデリケートゾーンの黒ずみも薄まりやすくなり、美白ケアクリームの効果もアップしますよ。

脱毛の前後にデリケートゾーンの黒ずみが気になったときは、このような美白ケアクリームを活用したケアがあります。なるべく手軽に、しっかり黒ずみを薄めたい方にはコレが一番オススメですね。

まとめ

脱毛時にありがちなデリケートゾーンの黒ずみのお悩みや、その黒ずみの正体、その解決法などをご紹介させてもらいましたが、いかがでしたか?

繰り返しになりますが、女性のデリケートゾーンは多少なりとも黒ずんでいるのが普通ですので、脱毛の前後に黒ずみの悩みが出てくるのは自然なことですよ。

脱毛後のデリケートゾーンの美白のため、もしくは延期になった脱毛処置を今度こそ受けるため、本気でデリケートゾーンの黒ずみを薄めたいときは、ぜひご紹介したケアを実践してみてください!

いい方法が分からないときや、多くの女性が密かに実践しているオススメの方法がいいときは、イビサクリームなどの美白ケアクリームをぜひ使ってみてくださいね。