デリケートゾーンが黒ずんでいることで悩んでいる女性は多いですよね。

「水着の季節になると特に気になる」「好きな男性に見せるのが恥ずかしい」

など深い悩みが多いと思います。

中には、あそこが黒ずんでいることで「セックス経験が多い」なんて言われることもあればさらに悩んでしまうと思います。デリケートゾーンが黒ずんでいるからといって、遊んでいる女性なんて思われてしまうのは心外ですね。

では、なぜデリケートゾーンは黒ずんでしまうのでしょうか?
また黒ずみを解消することができるような対策方法はあるのでしょうか?

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる女性は多い!

デリケートゾーンが黒ずんでいることで悩んでいる女性はとても多いのです。ですが実はバストトップやデリケートゾーンが黒ずんでいるのは当たり前とも言えます。

黒ずみの最大の原因はメラニン色素によるものです。このメラニン色素は黒人、黄色人種、白人の順に多くなっていて黒人の人が最もメラニン色素の量が高く、白人の人がメラニン色素が低くなります。

その中間に位置する黄色人種である日本人の多くはバストトップやデリケートゾーンがもともと黒ずんでいるのです。また日本人の中にも日焼けをしにくい人、しやすい人によって黒ずんでいる人、そうでない人に分けることができます。

あまり人と比べるような場所ではないことから、自分だけなのでは?とコンプレックスになっている女性も多いのですが、ここはあまり神経質になる必要はありません。これ以上悪化させないようにすることが黒ずみを解消する上で一番重要なポイントとなります。

デリケートゾーンが黒ずむ3つの原因

デリケートゾーンが黒ずむ大きな原因となるのがメラニン・ターンオーバーの乱れ・ホルモンバランスの乱れです。

1.メラニン

メラニンと聞くと顔などにできるシミをイメージする女性も多いでしょう。ですがメラニンは体全体で働いているものなので、デリケートゾーンの黒ずみの原因にもなっています。
肌が外部から刺激を受けると肌を保護するためにメラニン色素が発生します。このメラニン色素が結果的に黒くなってしまうことで黒ずみになってしまいます。実はデリケートゾーンの場合はもともとこのメラニン細胞が活発なため黒ずみやすいのです。さらに年齢を重ねることで黒くなっていきます。

2.ターンオーバーの乱れ

皮膚の表皮が新しく生まれ変わることをターンオーバーと言います。肌の新陳代謝のことであり、正常な状態であれば28日程度かけて生まれ変わっていきます。ターンオーバーではメラニンによって黒ずんだ肌はゆっくりと元に戻る作用があり、正常に戻らないことでシミや黒ずみとして肌に留まってしまうことになるのです。

3.ホルモンバランスの乱れ

女性にはエストロゲンプロゲステロンと呼ばれる二つの女性ホルモンがあります。生理や妊娠に深く関係しているホルモンですが、この二つのホルモンのバランスが乱れることで肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまうのです。

デリケートゾーンの黒ずみができる原因の元は?

デリケートゾーンの黒ずみの原因となるのはメラニンターンオーバーの乱れホルモンバランスの乱れの3つです。
これらの3つの原因を作り出しているものが、普段の生活の中に隠れています。言わば原因の原因が6個もあります。それは……

1.紫外線

デリケートゾーンを直接紫外線に当てることは日常生活の中ではほとんどないことですが、実は薄い衣類程度であれば紫外線は通り抜けてしまいます。また目に紫外線が当たると体内に吸収されてしまいデリケートゾーンの黒ずみの原因になることもあります。

2.肌への刺激

肌が刺激を受けることでメラニン色素は保護するために発生します。デリケートゾーンへの外部からの刺激で代表的なものは下着です。サイズの合っていない下着を着けていたり、締め付けるような下着をつけていたり、化学繊維でできた下着をつけることで刺激になってしまいます。下着は選ぶ際に注意が必要です。

またお風呂に入った時、硬いボディタオルを使用してゴシゴシと擦るのもNGです。そして女性は普段からデリケートゾーンのムダ毛の処理をしているという人も多いでしょう。カミソリや毛抜き、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛なども肌への刺激となり黒ずみを発生させてしまう原因となります。

4.睡眠不足

ホルモンバランスを整える上で睡眠は欠かせません。睡眠不足はホルモンバランスが乱れる原因の一つです。

4.バランスの悪い食生活

ダイエットのために極端な食事制限をしたり、インスタント食ばかりを食べるような食生活をすることでホルモンバランスが乱れてしまいます。また冷たい飲み物や食べ物を取りすぎるのもよくありません。

5.ストレス

ストレスを受けることで自律神経が乱れてしまうと卵巣への命令がうまく伝わらなくなってしまいます。結果的にストレスによってホルモンバランスも乱れてしまうのです。

6.運動不足

運動不足になると自律神経が乱れてしまうので、ストレスと同じようにホルモンバランスにも影響してしまいます。

デリケードゾーンの黒ずみの8つの対策方法とは?

普段の生活習慣の中にデリケートゾーンが黒ずんでしまう原因が多く隠れています。では、その対策はあるのでしょうか?

1.紫外線対策

UV対策をするのであればある程度厚手のものを羽織るなどが必要です。また目から紫外線が入るのを防ぐためにサングラスと利用しましょう。

2.下着選び

体に密着するような下着を避けて、シルクやコットンなど肌に優しい素材を使った下着を選ぶようにしましょう。こうすることで肌への刺激を減らすことができます。

3.脱毛後の処理

脱毛による刺激が黒ずみの原因となることも多いのですが、脱毛をしないわけにはいきませんね。ですから脱毛後のケアが大切です。脱毛では必要な角質まで落としてしまうので十分に保湿をして肌を保護するようにしましょう。

4.お風呂

ゴシゴシ擦ることが刺激になってしまうのでデリケートゾーンはボディタオルなどを使用せずに石鹸をつけた手で優しく洗うようにしましょう。

5.睡眠

睡眠中には成長ホルモンなど様々なホルモンが分泌される時間です。眠り始めの3時間は特にホルモンの分泌が盛んになるので最低でも8時間程度の睡眠時間を確保することでホルモンバランスを整えることができます。

6.食生活

ファーストフードや肉類を中心に食べるなどの食生活はできるだけやめましょう。肉や魚、野菜や豆類、海藻などをバランスよく一日3食食べるようにすることが大切です。極端な食事制限などをすると、栄養状態は悪くなってしまいます。

またエストロゲンと似た構造を持ち、似た働きをする大豆イソフラボンを積極的に摂取することでホルモンバランスを整えることができ、マグロやかつお、ナッツ類に含まれるビタミンB6は女性ホルモンの分泌を促すことに繋がります。

7.ストレス

ストレスを溜めないような生活をすることが大切ですが、仕事などではどうしても避けることはできませんね。ですからできるだけ普段の生活の中でリラックスできる時間を作るようにしましょう。ショッピングやお酒などでのストレス解消もいいのですがアロマや半身浴、音楽を聴くなど体を休めることも大切です。

8.運動

運動をすることで疲労を感じ、質のよい睡眠を取ることができます。運動をするとストレスを解消することができ自律神経を活性化させてホルモンバランスを整えることができます。ウォーキングなど軽い運動でも良いので生活に取り入れましょう。

ただ、これらの対策法だと、どれもこれ以上黒ずみが濃くならないようには出来ますが、今の状態から薄くするのは1年2年と長い時間が必要になります。
ですので、もしデリケートゾーンの黒ずみを早く治したいということなら、黒ずみ解消クリームを使うことをオススメします。