デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいるとき、「こんなことを気にしているのは私だけ?」と、不安になることもありますよね。
この黒ずみでお悩みの方は多くいらっしゃいます。

黒ずんだ陰部に悩んでいる方は、具体的にどんなことを気にされているのか、普段からこのことで気に病んでいる方の声を聞いている、イビサクリームの販売会社様に聞いてみました。

そこでわかった、デリケートゾーンの黒ずみで悩んでいる方に多いお悩みについてご紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみで人目を気にされる方が多い!

黒ずんだデリケートゾーンで悩んでいる方は、「人目が気になる」というものです。
この黒ずみを人に見られたくない、他人の視線が気になるといったお悩みの声が多いですね。

パートナーの視線を気にされる方が多い

パートナー

特に気になるのは「パートナー」からの視線。
夫や彼氏がいる女性は、パートナーにデリケートゾーンの黒ずみを見られたくないとナーバスになっている方が多いです。

陰部はあまり他人に見られやすい部分ではありませんが、パートナーは別ですよね。
同居していれば着替えのときに見られることもありますし、パートナーなら性行為をすることもあります。

デリケートゾーンを唯一見られるような相手だからこそ、パートナーの視線を気にして悩んでいる方が多いんですね。

また、実際に「パートナーからデリケートゾーンの黒ずみを指摘された」という声も多く聞かれます。
それが、色を気にするきっかけとなるケースもあります。

このようにデリケートゾーンはパートナー絡みのお悩みの声が多いです。

水着のときに視線が気になるという声も!

「水着のときの周りの目」を気にされる方もかなりいらっしゃいます。
水着になると露出が多いので、当然Vライン周りも見られてしまいます。

そこに黒ずみがあると、その部分が目立たないか心配ですよね。
「周りから見られている」「汚いと思われているんじゃないか」といった不安で悩んでいる女性は、実は相当多くいらっしゃるようですね。

この悩みのため、
「海やプールにはしばらく行っていない」、
「水着のときは必ずショートパンツやパレオをつけている」
といった声も聞かれます。

デリケートゾーンの黒ずみを見られたくなくて神経質に?

このようにデリケートゾーンの黒ずみは、体の健康自体には問題がなく、あくまで外見上のお悩みです。

陰部の色を絶対に他人には見られたくないけど、同居しているパートナーがいたり、水着を着たりするときなど、どうしても他人に見られそうで、神経質になっていたり・・・といった心配ですね。

特に若い女性は、見た目にかなり気を使うのでデリケートゾーンの黒ずみはマイナスポイントのように思え、かなり気に病んでしまうことがあるようです。

脱毛でデリケートゾーンの黒ずみに悩む方が増えている!?

脱毛

また、最近増えている黒ずんだ陰部関連のお悩みとして、「脱毛サロンに行ったら黒ずみのことが気になり始めた」という声もあります。

最近はアンダーヘアーのお手入れや脱毛に熱心な女性が増えています。
このため、脱毛サロンに通う方もいらっしゃるようですが、そこで脱毛して初めてデリケートゾーンの黒ずみに気づき、悩み始める女性は多くいらっしゃいます。

普段の生活でデリケートゾーンの黒ずみが密かに起きていることも

黒ずんだ陰部の原因は、いくつかあります。

  • 自己流のお手入れ
  • 不規則な生活によるホルモンバランスの乱れ
  • 合わない下着
  • その他の摩擦

脱毛サロンに通う前までは自分でお手入れをしていたり、忙しい毎日で生活が不規則だったりすると、それが原因でデリケートゾーンが黒ずんでしまうケースは多々あります。

他にも合わない下着の締め付けやこすれ、運動時の摩擦などで黒ずむこともあり、陰部が黒ずむ原因は、日常生活の中にたくさんあります。

ほとんどの方は黒ずむ原因を知っているわけではないので普段の何気ない毎日の中で、こうしたことを積み重ねることで徐々にデリケートゾーンが黒ずんでいくのです。

脱毛以来、デリケートゾーンの黒ずみがお悩みのタネに・・・

アンダーヘアーを脱毛したら、陰部がスッキリしますよね。
だからこそ余計に黒ずんだ部位が目立つようになり、「どうしても白くしたい!」とのお悩みになるようです。

このように脱毛サロンに通ったのをきっかけに、デリケートゾーンの黒ずみが人に言えない悩みに発展することがあるようです。

まとめ

以上のように、多くの女性が黒ずんだあそこに悩み、人目などを気にされているようです。
悩んでいるのは決してアナタだけではありません。

ただ、これら悩みはデリケートゾーンの黒ずみをケアすれば解決します。
イビサクリームを毎日塗るだけで色が薄くなるので、悩んでいる方にはオススメです。