デリケートゾーンの黒ずみを1日でも早く治したいと思いませんか?

治すためにはまず黒ずむ原因を知り、それぞれの原因ごとに対策を取るのが大事ですね。

デリケートゾーンの黒ずみを招く原因は、4つあります。
それらをどのように解決していくか、あそこの黒ずみ解消商品「イビサクリーム」を開発した会社社長に質問してみました。

それぞれの原因ごとに有効な対策を教えていただいたのでご紹介します。

【デリケートゾーン黒ずみ対策1】自己流のお手入れを避けよう

kaisyou-taisaku-4sen1

1つ目のデリケートゾーンの黒ずむ原因とは、毛抜きやカミソリを使った自己流のお手入れです。

最近はアンダーヘアーのお手入れをする女性も増えていますが、毛抜きやカミソリを使った自己流のお手入れをしていると、それが黒ずむ原因となります。

丁寧なお手入れが黒ずむ原因となり、美容を損なう結果とならないよう、お手入れは脱毛サロンなどで頼むか、コツを教えてもらうといいでしょう。

自己流のお手入れがデリケートゾーンの黒ずみになるワケとは?

黒ずむ原因は肌に溜まっているメラニンなのですが、自己流のお手入れをしていると、メラニンが肌に溜まりやすくなります。
理由は2つあります。

1、自己流のお手入れがメラニンを増やす
2、肌が荒れてターンオーバーが乱れる

メラニンは肌を保護する役目もあるので、肌が刺激を受けると活発に作られます。
毛抜きでアンダーヘアーを毛根ごと引き抜いたり、カミソリを直接当てたりすると、肌には強い刺激となることが多いですよね。

そのせいで黒ずむ原因となるメラニンが大量に作られ、それだけ黒ずみが起きやすくなります。

一度増えたメラニンは肌の細胞の入れ替わり(ターンオーバー)のとき、古い細胞と一緒にアカとなってはがれていくのが普通ですが、肌荒れがひどいとターンオーバーのペースは乱れます。

メラニンが正常に排出されなくなるため、やはり黒ずみが起きやすくなります。
これら理由から、毛抜きやカミソリを使った自己流のお手入れは、陰部の黒ずみを招きやすいんですね。

デリケートゾーンの黒ずみ対策になるお手入れのコツ

毛抜きやカミソリを使って自己流にお手入れするのは、なるべく避けてください。
お手入れの後に肌がヒリヒリしたり、赤くなったりしている方は特に要注意です。

デリケートゾーンのお手入れはなるべく脱毛サロンにお願いするか、お手入れの方法を教えてくれるサロンなどで相談するのがオススメです。

デリケートゾーンのお手入れの後には黒ずみ解消クリームでケアを

お手入れのあと、ある程度は肌へのダメージがあるかと思います。
そのときに最適な解消クリームを使うのもオススメです。

黒ずみ解消クリームの「イビサクリーム」は、黒ずみを薄くするだけではなく、肌をケアする役割もあります。
抗炎症作用や高い保湿作用があり、お手入れ後のケアクリームとしてもオススメです。

こうしたクリームでケアすることで、お手入れが原因の黒ずみは回避できるのです。

【デリケートゾーン黒ずみ対策2】合わない下着を避けよう

「合わない下着」も、デリケートゾーンの黒ずむ原因です。
合わない下着は陰部の締め付けや、こすれの原因となります。

コレが黒ずみを招くのは、やはり刺激となってメラニンを増やしたり、肌荒れしてターンオーバーが乱れたりするからです。

少し大げさに感じるかもしれませんが、下着は基本的に1日近くつけているものですから、合わないものはデリケートゾーンにとって十分な刺激となります。

そうならないよう、下着は体に合う物を選ぶことが大切です。

デリケートゾーンの黒ずみ防止のために選びたい下着のポイント

kaisyou-taisaku-4sen2

・サイズが合っている
・素材が柔らかい
・刺激になるようなデザインがない

まずはサイズが基本ですね。特に避けたいのは、「サイズが小さいもの」です。
サイズが小さいと、どうしてもデリケートゾーンへの締め付けとなりますので、ちょうどいいサイズの物を選ぶようにしてください。

下着の素材も要チェック。できるだけ通気性がよく、肌に柔らかい素材ものがオススメです。

デザインも大事です。凝ったデザインの下着もありますが、そのデザインが肌とのこすれや圧迫の原因とならないものを選びたいですね。

このように体に合う下着に替えられれば、それだけ陰部ンへの刺激が減り、黒ずみも起きにくくなりますよ。

【デリケートゾーン黒ずみ対策3】パートナーのアンダーヘアを処理!?

「パートナーに自分のアンダーヘアを処理してもらう」というのも、デリケートゾーンの黒ずみ対策になります。
これが黒ずみの対策となるのは、陰部との摩擦が黒ずむ原因となるからです。

摩擦はデリケートゾーンの黒ずむ原因に

摩擦が黒ずむ原因となるのは、自己流のお手入れなどと同じく、肌への刺激となるからです。
これがメラニンの増加や、肌荒れによるターンオーバーの乱れにつながります。

陰部での摩擦が多いほど、黒ずみが起きやすくなります。
デリケートゾーンの黒ずみを避けるためには、できるだけ摩擦を避けたいのですね。

性行為は摩擦の原因に!パートナーのアンダーヘアに注意

kaisyou-taisaku-4sen3

女性のデリケートゾーンに起こりやすい摩擦の1つが、「性行為」です。
このとき、特に気を付けたいのが「パートナーのアンダーヘア」。

いくら女性側がアンダーヘアをお手入れしていても、パートナーのアンダーヘアが強くこすれると、デリケートゾーンとの摩擦が大きくなりがちです。

女性の側でせっかくアンダーヘアーをお手入れに注意しても、パートナーのヘアによる摩擦で女性の肌への刺激になりかねないので、できればパートナーにもお手入れをしてもらうのがオススメです。

その他、デリケートゾーン黒ずみを避ける摩擦対策

性行為以外にも、デリケートゾーンとの摩擦を招くものはあります。
たとえば「運動」や「お風呂でのボディウォッシュ」などです。

陰部が激しくこすれるような運動は、必要がない限りは避けることをオススメします。
運動が好きな方は、デリケートゾーンが特に激しくこすれる運動や、そのようなウェアだけは避けるように意識されるといいでしょう。

お風呂に入るとき、デリケートゾーンを念入りに洗う女性も多いかと思いますが、このときはソープをしっかり泡立て、手で優しく洗うのがオススメです。
垢すりタオルなどを使ってゴシゴシと強くこするのは、なるべく避けてくださいね。

このように日常生活でよくある摩擦をなるべく避けてください。
それだけ陰部の刺激が減り、黒ずみが起きにくくなります。

【デリケートゾーン黒ずみ対策4】規則正しい生活を

デリケートゾーンの黒ずみは、ホルモンバランスの乱れでも起こります。
目に見えない原因ですのでわかりにくいですが、これも確かに黒ずみを招きますので、対策はとても大事です。

ホルモンバランス対策とは、基本的に健康的な生活をすることです。

ホルモンバランスがデリケートゾーンの黒ずみを招くワケは?

ホルモンバランスの乱れがなぜデリケートゾーンの黒ずみを招くのか、まずこれを確認しておきたいですよね。
そのワケは先ほどと同じく、黒ずむ原因を増やし、なおかつターンオーバーを乱すからです。

メラニンはホルモンによって作られることもあります。
正常なバランスなら問題ないのですが、ホルモンバランスが乱れると、メラニンが過剰に生成されることもあります。

これもターンオーバーが正常であれば、アカと一緒にやがて排出できます。
しかしホルモンバランスが乱れると、ターンオーバーが乱れることもあります。

このようなわけで、ホルモンバランスが乱れると黒ずむ原因が肌に溜まりやすくなります。
デリケートゾーンの黒ずみを招く大きな原因の1つとなるんですね。

ホルモンバランスを乱さない生活習慣とは?

kaisyou-taisaku-4sen4

・睡眠時間は十分に確保
・栄養バランスのいい食事
・規則的な生活
・ストレスはなるべく溜めこまない

目に見えないホルモンバランスですが、これは健康的な生活をするほど、正常に近いバランスになります。
つまり避けたいのは、「不健康な生活」です。

たとえば睡眠不足が慢性化していたり、毎日非常にストレスが大きかったりすると、ホルモンバランスが乱れやすくなります。
それだけデリケートゾーンの黒ずみも起きやすくなりますね。

このようにホルモンバランスの乱れも陰部の黒ずむ原因ですから、コレの対策のため、なるべく健康的な生活を心がけてください。

なお、仕事や家事で忙しい女性は、できる範囲で構いません。
無理にやるとかえってストレスの原因になりますので、できる範囲で取り組んでくださいね。

まとめ

デリケートゾーンの黒ずみはどうして起こるのか、原因を教えてもらえると、どれも納得の原因でしたね。そして原因が分かれば対策も取れます。

これら対策を普段から心がければ、それだけデリケートゾーンの黒ずみも薄くなりやすくなりますよ。
もちろんこれら対策だけで絶対に治るわけではありませんが、通常よりも治りやすくなるのは事実です。

解消クリームと合わせるとさらに確実ですから、これら対策を知っておくのも大変オススメです。