デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる方のため、たくさんの解消商品がありますよね。それらには解消クリームが多いですが、中には「美白石鹸」などの石鹸もあります。

美白石鹸とは「洗うだけで黒ずみが薄まる」という特殊な石鹸になります。
ただ、「デリケートゾーンに使ったけど効果がなかった」という口コミが見られることも・・・。

美白石鹸で本当に黒ずんだデリケートゾーンの色は薄まるのか、陰部の黒ずみを解消するクリーム、「イビサクリーム」を開発した会社様に聞いてみました。
デリケートゾーンの黒ずみを解消する美白クリーム

美白石鹸にもデリケートゾーンの黒ずみの解消効果はある!

美白石鹸とは、コレを使って黒ずみ部分をケアすると薄くなるという商品になります。

ibizacream-bihaku-sekken1

効果にはもちろん個人差があり、効果を実感できない方もおられるでしょうが、効果がないわけではありません。
やはりデリケートゾーンの黒ずみ対策に、一定の効果があります。

美白石鹸によるデリケートゾーン黒ずみ解消の仕組み

美白石鹸に含まれている成分、黒ずんだ肌への効果の仕組みは、商品によって違いがありますが、黒ずみ解消に効果のある特殊な成分が含まれているものが多いですね。

たとえばハーブ類などの天然成分が多く使われている石鹸などがあります。
これも黒ずんだデリケートゾーンの美白、解消に使える商品として有名です。

普通のソープや石鹸に含まれていない、解消成分が肌をケアして整えるため、これらソープを使うとデリケートゾーンの黒ずみが薄まっていくわけです。

「肌のケア」=「デリケートゾーンの黒ずみ解消」になるワケ

肌をケアするとなぜ黒ずみが薄まるのか、そのワケは、肌へのダメージや肌荒れが黒ずむ原因になっていることも多いからです。
黒ずみの原因となる4つのポイントを知っていますか?

POINT!
・デリケートゾーンの自己流のお手入れ
・合っていない下着
・その他の摩擦、刺激
・ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスはともかく、他の3つの原因は、いずれも肌へのダメージや、それによる肌荒れを招きそうなポイントだと思いませんか?

肌へのダメージは黒ずむ原因となるメラニンを増やしますし、肌荒れすると肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が乱れて、黒ずみの原因が溜まりやすくなります。

肌のケア成分が入った特殊な美白石鹸は、このような肌ダメージや肌荒れをケアしてくれますので、黒ずんだデリケートゾーンの色を薄める一定の効果があると言えるのです。

黒ずみ解消効果を実感しづらいのは石鹸ならではの事情!?

デリケートゾーンの黒ずみなどへ一定の効果があるという美白石鹸。
しかし「効果がなかった」という声もよく聞かれるのはなぜでしょうか?
それは、「石鹸、ソープ」という商品のタイプならではの事情です。

美白石鹸は最後に洗い流すのが基本!

美白石鹸は少し特殊な解消成分こそ入っていますが、基本的には「石鹸」です。
お風呂で体を洗うときなどに使いますが、解消が終わったら洗い流すのが基本です。

たとえば、黒ずみ解消石鹸として有名なある商品では、次のような使い方になっています。

使い方
1、美白石鹸をよく泡立てる
2、黒ずみを泡で包み込む
3、数分間待つ
4、洗い流す

ibizacream-bihaku-sekken

注目してもらいたいのは最後の「洗い流す」という点。
商品によっては、このように泡で包み込むという特殊な使い方をすることもありますが、結局最後は流してしまうんですね。

これはクリームや化粧水などではなく、ソープ・石鹸である以上、どうしても避けられないことかと思います。

浸透せずにそのまま流れてしまう解消成分もある?

美白石鹸で体を洗っている時は、解消成分が肌に浸透しますので、最終的にお湯で洗い流してもある程度の効果はあるのですが、肌に浸透しきれなかった成分は最後に一緒に流れることになりますね。

ケア成分が肌に浸透するチャンスが、ソープを洗い流すまでの間に限られる点から、ケア成分が浸透しきれない面はあるかもしれません。

この点から、デリケートゾーンの黒ずみが薄まるまでに少し時間がかかることもあり、効果の実感しづらさにつながるところがあります。

つまり、ケア成分が肌に浸透するまである程度時間はかかるのですが、時間をかけても肌がケア成分を完全に浸透するには限界があるのです。

クリームの方がデリケートゾーン黒ずみ解消には効果的

これがもし美白石鹸ではなく、デリケートゾーンの黒ずみ専用美白クリームだったとしたらどうでしょうか?
この場合、基本的には洗い流さないのが基本ですので、解消成分がじっくりと浸透します。
この点は黒ずみケアにもかなり効果的です。

デリケートゾーンの黒ずみ解消クリーム「イビサクリーム」の使い方

陰部の黒ずみを解消するクリーム、「イビサクリーム」の場合、使い方は次の通りです。

手順
1、手を清潔にする
2、1~5円玉大を目安にクリームを出す
3、デリケートゾーンの黒ずみへ塗り込む

クリームですから、使い方はコレで終わりです。塗った後に洗い流す必要はありません。ココで塗った分だけ成分が肌に維持され、デリケートゾーンの黒ずみを解消する美白クリームでしたら、それだけ無駄なく黒ずんだ肌を解消してくれます。

Young woman applying skin cream on her hand

クリームが軽く乾いた後、同じようにもう1度塗り込む「2度塗り」もオススメです。
さらに多量の成分が肌に維持され、しっかりと黒ずみを解消してくれますよ。

デリケートゾーン黒ずみ解消にはクリームの方が効果的

美白石鹸もクリームも、どちらもデリケートゾーンの黒ずみ解消を見込める点では同じですが、
このように使い方が異なるので、成分の浸透に違いが出てしまいます。

黒ずんだ陰部の色を薄めるには、解消成分が黒ずみの位置にしっかりと残り、維持できることが肝心です。

そのため、黒ずんだデリケートゾーンを薄めたいなら、一度塗ったら洗い流さず、成分がしっかりと黒ずみの位置に残るクリームの方が効果的です。

美白石鹸も効果がないわけではないのですが、効果を実感できなかった方は、一度イビサクリームなどで解消対策をしてみることをオススメします。

まとめ

「デリケートゾーンの黒ずみへの効果がなかった」という口コミも見られる美白石鹸。効果がないとは言えませんが、商品タイプの特徴による注意点もあるみたいですね。

美白石鹸で実際に黒ずんだ陰部の色が薄まった方はいいですが、効果をイマイチ実感できなかった方は、解消成分を最終的に洗い流しまうことに原因があるのかもしれませんね。

デリケートゾーンの黒ずみを少しでも早く治したければ、専用の美白ケアクリームを一度試してみてはいかがでしょうか?