デリケートゾーンの黒ずみを薄くして解消する「イビサクリーム」って、どのように使うのが効果的か知っていますか?

このイビサクリームの使い方、塗り方について、開発会社に直接取材で聞いてみました!

イビサクリームはジェル状!手に取ってデリケートゾーンの黒ずみへ!

tukaikata2

イビサクリームはジェル状のクリームになります。
容器は普通のチューブになっていますので、チューブを押して必要な量を出して、気になるデリケートゾーンの黒ずみに塗ります。

塗る際に特別なものは必要ありません。
ハンドクリームなどと同じように、指で気になる黒ずみ部分に塗るクリームです。

このように使用方法に特別な準備物や注意点はありませんが、基本となる手順はあります。
手順を守った方がイビサクリームの効果は出やすいので、基本的な手順を確認の上で使うといいでしょう。

【イビサクリームの使用手順1】まずは手を清潔に!

クリームを手に取り、デリケートゾーンの黒ずみへと直接塗るのなら、まず手の清潔さは基本ですよね。

塗る場所がデリケートな部分でありますし、クリームと一緒に雑菌や汚れを染み込ませたらお肌が荒れる原因にもなりかねません。

デリケートゾーンの黒ずみを悪化させず、イビサクリームがしっかり効果を発揮できるよう、使用前は手を清潔にすることを心がけましょう。

イビサクリームを塗る前はどれくらい清潔にすればいい?

手を洗うのは、日常生活と同じような方法でOKです。

お風呂上りの直後ならすぐに塗っても大丈夫です。
また、それほどひどく手が汚れていなければ、水洗いだけ十分です。

あまりに神経質になる必要はありませんが、少し手が汚れているときは石鹸やソープを使って洗ってみてください。
手がある程度清潔になれば、それでイビサクリームを塗る準備は完了!

【イビサクリームの使用手順2】5円玉大にクリームを出す

手を清潔にしてイビサクリームを塗る準備が整ったら、手の平に必要な量のクリームを出します。
1回当たりの目安はというとクリームがちょうど5円玉ぐらいの大きさになるよう手の平に出します。
ちょうどいい量が出たらチューブを押すのを止めてください。

デリケートゾーンの黒ずみへのクリーム目安量は絶対?

tukaikata

このように目安となるクリームの量がありますが、もちろん絶対ではありません。
たとえばデリケートゾーンの黒ずみの範囲が大きく、目安量ではクリームが足りない方もおられるでしょう。

そういう方はクリームを追加しても大丈夫です。
逆に、黒ずみがかなり小さく、目安の量では多すぎると思うときは、量を少し減らしてもOK。

イビサクリームの容器がチューブ式だからこそ、1回に出すクリームの量は柔軟に調整できます。
目安となる量を参考に、必要な量を手の平に出してくださいね。

【イビサクリームの使用手順3】黒ずみよりもやや広い範囲に塗る

手の平にクリームを出したら、適量を指先ですくい取りデリケートゾーンの黒ずみへと塗ってください。
ジェル状のクリームなだけに伸びはよく、指先で軽くなでるだけで滑らかに伸びて塗り込めます。

デリケートゾーンの黒ずみ部分からはみ出ても、まったく構いません。
むしろ黒ずみ部分よりも少し広めに塗るのがオススメです。

必要な範囲にしっかりとクリームが浸透するよう、デリケートゾーンの黒ずみとその周辺へとしっかりなじませてください。

これがイビサクリームの主な使い方になります。

デリケートゾーンの黒ずみより広く塗っても問題はない?

イビサクリームは美容成分を多く含むケアクリームです。
傷口に塗るような「薬」ではありませんし、黒ずみを取るといっても漂白剤のようなキツイクリームでもありません。

ですから、黒ずみ以外の範囲に塗っても特に問題はありません。
また、保湿効果もかなり高いので、普通のお肌の美容ケアになりますよ。

デリケートゾーンの黒ずみに塗るときも、ぜひ黒ずんだ範囲よりも少し広めに塗るイメージで塗ってみてくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみへイビサクリーム2度塗りもオススメ!

tukaikata3

以上の1~3の手順でデリケートゾーンの黒ずみ塗ったら、クリームが乾いた後にもう1度同じように塗るのもオススメです。
いわゆる「2度塗り」ですね。

これをしないと効果が出ないわけではありませんが、2度塗りするとクリームのケア成分がさらにしっかりと浸透し、デリケートゾーンの黒ずみを確実にケアできます。

必須の使用方法ではありませんが、薄くなりにくいしつこい黒ずみにはこの2度塗り法を試すといいですよ。

デリケートゾーンの黒ずみへ塗るペースは1日2回

tukaikata4

イビサクリームを塗る回数やタイミングですが、1日に2回が基本的な使用回数になります。

より効果を出すためにも、1日2回はデリケートゾーンの黒ずみにイビサクリームを塗ってみてください。

塗る時間帯は「朝」と「晩」が基本です。
人前でクリームを塗るのが難しい部分でもありますので、朝出かける前と、夜寝る前とに塗る習慣をつけるといいですよ。

イビサクリームを塗る回数や時間帯が多少変わっても大丈夫?

忙しいときなど、たまにイビサクリームを塗るのを忘れることもあるでしょう。
そういうときは無理に塗ろうとしなくても大丈夫です。

毎日イビサクリームを塗る習慣があれば、塗れないときが多少あっても問題はありません。
もちろん塗る時間帯が多少ずれても大丈夫です。

イビサクリームは薬ではありませんので、そこまで神経質にならなくても問題はありません。

ただ、基本的には1日2回、朝と晩に毎日塗った方が効果が表れやすいので、余裕があるときはなるべく忘れずに塗るようにしてくださいね。

デリケートゾーン黒ずみケアが1日1回だと効果が薄い?

クリームを塗る回数が1日1回でも、ある程度の効果はあります。
ただ、2回の時よりも効き目は落ちる可能性があります。

難しければ1日1回のケアでもちろん構いませんが、なるべく1日2回はデリケートゾーンの黒ずみにイビサクリームを塗ってみてくださいね。

どうしても1日1回のケアになりがちな方は、先ほどの「イビサクリームの2度塗り」を
活用するといいかもしれません。

イビサクリームの使い方はとても簡単そうでしたね。

基本的には、イビサクリームをデリケートゾーンの黒ずみへ塗るだけです。
ジェル状のクリームなので伸びもよく、緩すぎずちょうどよい硬さです。

あとはこれを毎日繰り返すだけですから、イビサクリームの使い方で特に難しいことはありません。
デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる方にはオススメのクリームです。