デリケートゾーンの黒ずみ解消に使えるイビサクリーム。
これだけで黒ずみを解消できることは可能ですが、解消効果をさらにアップさせるケアの方法を知りたくありませんか?

イビサクリームの開発会社様に伺ったところ、実はイビサクリームと組み合わせるとさらに効果的な解消方法はあるとのこと。
その方法も教えてもらえました!

少しでも早く、少しでも確実に黒ずみを撃退したい方は、このような追加ケアの方法も知っておくとなお安心ですね!
その方法についてご紹介します!

イビサクリームの後にボディクリームでケア!お肌を徹底的に保湿

イビサクリームと合わせるとさらに効果的な解消方法として、まずオススメなのは「ボディクリーム」によるケアです。
その目的は、お肌の保湿。

イビサクリームを塗った後、さらに別のクリームでデリケートゾーンの黒ずみ部分を保湿すると、イビサクリームの効果がさらにアップ!
それだけ薄まりやすくなります。

保湿はとても重要!乾燥はデリケートゾーン黒ずみの原因に!?

保湿

お肌の健康に保湿はとても大切で、保湿それ自体が黒ずみ解消にもなります。
この保湿が足りずにお肌が乾燥すると、皮膚が固くなって黒ずむ原因になることも。

デリケートゾーンの黒ずみを予防するためにも、また薄めるためにも、保湿はとても大切なんです。
このため、イビサクリーム自体にも保湿成分はたっぷり含まれています。

その上で、さらに保湿クリームを塗れば、お肌への潤いがさらにアップ。
イビサクリームの効果もさらに上がり、黒ずんだ肌の色が薄くなりやすくなりますよ。

デリケートゾーン黒ずみに使う保湿クリームでオススメのものは?

イビサクリームと相性のいいクリームは特に指定はありませんが、低刺激性のボディクリームなどがオススメです。

といいますのも、塗る場所がデリケートな場所だからですね。
クリームによっては刺激物が含まれている場合もありますので、デリケートゾーンにも安心して使える低刺激性のクリームを選ぶといいですよ。

イビサクリームは主にデリケートゾーンの黒ずみ解消に使うクリームですから、もちろん、刺激物の使用を極力避けています。
香料や着色料、パラベンなどは不使用です。

基本的にどのような保湿クリームを使っても構いませんが、イビサクリームと同じくらい低刺激のクリームを選んだ方が安心です。
それを使って追加ケアすれば、デリケートゾーンの黒ずみがさらに薄くなりやすくなりますよ。

デリケートゾーン黒ずみを内側からケア!なるべく健康的な生活を

運動

イビサクリームの使用と合わせたいもう1つのケアは、「健康的な生活」です。
これはイビサクリームや保湿クリームを使った外側からのケアではなく、体の内側からのケアになりますから。

イビサクリームを使って外側から黒ずみを解消しつつ、体の内側からもケアができれば、さらに早く、確実に黒ずんだデリケートゾーンの色を薄められます。

健康的な生活がデリケートゾーンの黒ずみケアになるワケとは?

健康的な生活がデリケートゾーンの黒ずみ解消にもオススメなのは、生活習慣が黒ずみの原因になることがあるからです。

不健康な生活が原因でホルモンバランスが乱れると、デリケートゾーンの黒ずみの原因になるんです。
ホルモンバランスが崩れると黒ずむ原因となる「メラニン」が作られやすいですし、お肌のターンオーバーも乱れがちになります。

これらのせいでお肌の中に黒ずむ原因のメラニンが溜まりやすくなり、デリケートゾーンの黒ずみも起きやすくなります。
コレを避けるため、なるべくホルモンのバランスは正常に保ちたいのですね。

ホルモンバランスを崩さないためには、なるべく健康的な生活習慣が必要です。
健康的な生活をするほど、デリケートゾーンの黒ずみはできにくく、薄くなりやすくなります。
黒ずみに悩んでいるときにはオススメですよ。

デリケートゾーン黒ずみを治すためにオススメの生活習慣とは

  • 規則正しい生活
  • ストレスの少ない生活
  • 十分な睡眠時間
  • 栄養の整った食事

基本的には、このような生活習慣ですね。
もちろんできる範囲で構いません。
過度に規則正しくしようとすると、それ自体がストレスになることもありますよね。

ストレスにならない範囲で構いませんので、
できるだけ健康的な生活を心がけてください。
それをイビサクリームの使用と合わせると、
黒ずみがさらに薄くなる近道になります。

まとめ

このように、デリケートゾーンの黒ずみケアに使えるイビサクリームとあわせるとさらに効果的な解消の方法があります!
これらケアも一緒に行うと、さらに薄まりやすくなりますよ。

イビサクリームで本当に黒ずんだデリケートゾーンが薄くなりピンクになるのか、少し不安がある方はこれら追加ケアも合わせて知っておくと安心です。
イビサクリームと合わせて一緒に使ってみてくださいね。