デリケートゾーンの黒ずみに悩むあなたは、イビサクリームが気になっていませんか?
イビサクリームはデリケートゾーンに使えるケアクリームで、あそこの黒ずみ解消にもピッタリだと言われていますよね。

でも、その効果について、実際に買う前はどうしても不安になることもあるでしょう。
そこで、イビサクリームの開発会社の代表井上さんに、イビサクリームの美白効果について直接お会いして聞いてみました。

そのイビサクリームの効果とは・・・?

イビサクリームはメラニンを抑えて肌を白くする!

bihakuseibun-kouka

イビサクリームの大きな効果の1つは、「メラニンを抑えること」です。
この効果のことを「美白」と言われることが多いですね。

イビサクリームにも美白効果があると言われるのは、メラニンを抑えるこの効果があるからです。
デリケートゾーンの黒ずみ解消にもつながる、とても重要な効果です。

デリケートゾーンの黒ずみにも関係?メラニンって何?

イビサクリームが抑えるという「メラニン」とは、そもそも何なのでしょうか?
これは体内で作られる色素なのですが、黒い色素となることも多く、肌に溜まるほど黒ずんで見えてしまいます。

つまりこれがデリケートゾーンの黒ずみの正体です。
気になるあそこにメラニンがたくさん溜まり、色素が沈着しているから、そこだけが黒ずんで見えるんですね。

メラニンが体内で作られること自体は、異常ではありません。
メラニンは肌を保護する役目もありますので、一概に悪者でもないんですね。

しかし、メラニンが増えるほどデリケートゾーンの黒ずみは起きやすくなりますから、このメラニンをいかに抑えるかが、美白ケアでは大事です。

ですから「イビサクリーム」にもメラニンの生成を抑える成分が入っており、黒ずみの原因を減らすことで肌を白くしてくれます。

メラニン生成を抑えるイビサクリームの成分とは?

bihakuseibun-kouka1

メラニン生成を抑える成分
・トラネキサム酸
・サクラ葉抽出液
・ダイズエキス

イビサクリームにはたくさんの成分が入っていますが、メラニンを抑える効果があるのは主に上記の成分です。
特に効果が高いのは「トラネキサム酸」ですね。

トラネキサム酸ってなに?

トラネキサム酸とはイビサクリームの有効成分の1つで、その効果はまさに「美白」です。
もともとは止血剤として使われていましたが、シミを薄めるといった美白効果もあることがわかっています。

今では美白成分として厚生労働省に認可されている成分で、シミや黒ずみを薄めるためによく使われます。

トラネキサム酸だけじゃない!他の成分も力を発揮!

「サクラ葉抽出液」「ダイズエキス」などもトラネキサム酸と同じように、メラニンを減らす働きがあります。
これら成分の効果でデリケートゾーンの黒ずみの原因を減らすのが、イビサクリームの大きな効果の1つです。

以下の成分について詳しく知りたい場合は、リンク先のページを御覧ください。
トラネキサム酸
サクラ葉抽出液
ダイズエキス

イビサクリームは肌の荒れを防ぎ、整えてくれる!

イビサクリームには肌の荒れを防ぎ、健康な状態に整えてくれる効果があります。
美白ケアクリームとして、メラニンを抑えるだけのクリームではないのですね。

そのワケは、肌の健康も黒ずみ解消に必要だからです。
この点もイビサクリームはしっかり抑えているんですよ。

ターンオーバーを正常化!これがデリケートゾーン黒ずみ解消につながる?

肌の健康が黒ずみ解消に大事なのは、肌の健康と肌の生まれ変わり(ターンオーバー)です。

肌が健康なほどターンオーバーは正常にしっかり行われますが、肌が荒れると、ターンオーバーも乱れがちになります。

黒ずみの原因はメラニンですが、ターンオーバーが正常ならメラニンも古い細胞と一緒にアカとしてはがれていきますので、黒ずみになるほど肌には溜まりにくいんですね。

ところがターンオーバーが乱れると、メラニンが正常に排出されず、黒ずみになるほど肌の中に溜まることも多いです。

つまり、ターンオーバーの乱れ=黒ずみの原因と言えるのです。

正常なターンオーバーもデリケートゾーン黒ずみの予防や改善に重要であるため、イビサクリームには肌をケアする成分がたくさん含まれています。

肌を整えるイビサクリームの成分とは?

bihakuseibun-kouka2

肌を整える成分
・グリチルリチン酸2K
・サクラ葉抽出液
・カモミラエキス
・オウゴンエキス

肌をケアするのがイビサクリームの中のこれら成分ですね。
特に肌の健康にプラスになるのは、「グリチルリチン酸2K」です。

グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)はマメ科のカンゾウという植物の根や茎から取れる薬用成分で、先ほどのトラネキサム酸と同じく、イビサクリームの有効成分の1つになっています。

その効果は主に肌の荒れや炎症の鎮静化です。
要は肌をきれいに整える効果ですね。

まるで美容クリームのような効果ですが、これも黒ずみ改善に必要な効果となります。

グリチルリチン酸2K以外の成分ってどんなの?

その他の「サクラ葉抽出液」などの成分も同じく、肌を保湿したり、肌荒れを鎮めるなどの効果があり、肌をケアしてくれます。

結局は黒ずみを治すための効果なのですが、イビサクリームにはこのように美容クリームのようなケア効果もあります。

以下の成分について詳しく知りたい場合は、リンク先のページを御覧ください。
グリチルリチン酸2K
サクラ葉抽出液
カモミラエキス
オウゴンエキス

イビサクリームはダメージ直後の肌のケアクリームとしても使える!?

イビサクリームにはこのようにケア効果もありますので、ダメージ直後の肌のケアに使えることもあります。
たとえばデリケートゾーンの脱毛直後などです。

自己流の脱毛はもちろんのこと、サロンで受けたとしても脱毛処置である程度のダメージは避けられません。
脱毛直後はそれだけ肌が荒れかかっている状態となります。

そこでイビサクリームを塗ると、肌をしっかりと保湿しつつ荒れや炎症を鎮める効果もあるので、脱毛のダメージを素早くケアできます。

このように肌荒れを防ぐケアクリームとしての効果もあるのが、イビサクリームです。

まとめ

イビサクリームは、黒ずみの原因である「メラニンの抑制」、「ターンオーバーの正常化」、「肌荒れのケア」という効果があるクリームです。

黒ずみの原因を減らすだけでなく、肌をきちんとケアしてくれるので一石二鳥ですね。

コレを塗ればデリケートゾーンの黒ずみの原因が徐々になくなるので、次第に黒ずみが薄くなってきます。
デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる方にはまさにピッタリのクリーム!

気になっている方は、トップページのイビサクリームを使う前、使った後のビフォーアフターをご覧ください。