あんなに茶色かったデリケートゾーンが、たった2ヶ月で・・・!
デリケートゾーンの黒ずみをお手軽に解消できた秘訣を公開します。



デリケートゾーンの黒ずみを薄くしたい!
この黒ずみはどうやったら解消できるんだろう?
クリームと石鹸と皮膚科・・・どれがいいの?



そう疑問に思ってネットで調べてみても、出てくるのは「嘘っぽいランキングサイト」か「誰が作ってるのかわからない解説サイト」ばっかり。
どうしてもデリケートゾーンの黒ずみを薄くしたいから、色んなサイトを見て、調べてみました。
でも、出てくるのは信用できないランキングサイト、口コミサイト、比較サイト、解説サイトばかり。
色んなサイトで様々な商品がオススメ!と紹介されているけれど、どの商品がいいかなんて、どのサイトで書かれている内容も信じられなくて全然分かりません。おさ

もうこうなったら、私たちが商品を買って、実際に使ってみて、デリケートゾーンの黒ずみがどんな風に変化するか、本当に薄くなるのか、効果があるのかを試すしかない!

と思ったので、販売されているあそこ(陰部)の黒ずみ解消系の商品(石鹸やクリーム、ジェルなど)を見つけられるだけ見つけて、買って自分たちのデリケートゾーンの黒ずみに塗って試してみました。

 

このサイトのランキングやレビュー、口コミは信用できる?

このサイトでも商品を紹介する時に、レビューと口コミを書き、ランキング形式で紹介しています。
「え、じゃあ他のサイトと同じじゃん!」
「ホントに薄くなったの?」
「信じて大丈夫かなぁ・・・」
と思われるかもしれません。

でも、ご安心ください!

他のサイトと異なるのは、実際に紹介している全ての商品を黒ずんだデリケートゾーンに塗って使って、本当に股の黒ずみが薄くなったものだけを紹介している点です。

特に効果があった商品であるイビサクリームは、2ヶ月(60日間)使用し、細かに黒ずみの変化を写真も撮影しました。
その写真はこちらから見ていただけます。

実際に商品を使ったのは私たち3人

デリケートゾーンの黒ずみを解消したい女性三人

私、ずみ子(21歳)とアサミさん(26歳)、ユウさん(31歳)の3人は、同じ美容エステサロンで働いている仲良しの同僚です。
エステサロンで働いているという仕事柄、肌の状態や毛穴の黒ずみや詰まり、ニキビのある無しやニキビ跡の状態、シミの状態にはとても注意しているのですが、あそこ(陰部)の黒ずみは・・・。

ズミコ(22歳)

彼氏に「なんかずみ子のあそこって黒ずんでない?」と言われて・・・

アサミ(26歳)

ずみ子に「アサミさんのVゾーンって黒ずんでます?」って聞かれて

ユウ(30歳)

アサミとずみ子の話が気になって、家で自分のあそこ(陰部)を見たら「えっ!?黒い!!」

ネット上の「全ての黒ずみ解消商品を試そう」と思ったきっかけは・・・

自分の股の部分って鏡でも使わないと見れないから、じっくり見ることってあんまり無いけど、一度「黒ずんでるかも」って意識すると自分のデリケートゾーンって意外と黒いことに気づきませんか?

私、ずみ子は、彼氏に「ずみ子のあそこって黒ずんでない?」って、あそこ(陰部)の黒ずみを指摘されて気付きました。

美容にこだわって、いつも2種類のリファ

を鞄に入れてる職場の先輩、アサミさんに股の黒ずみを無くす方法を相談したけど、

ズミコ(22歳)

アサミさん、ちょっと聞いて欲しいことがあるんですけど!
昨日、彼氏に、あそこが黒いっていきなり言われたんですよ〜!

アサミ(26歳)

ずみ子ってあそこ黒いの?笑
エステティシャンなら全身のシミシワ黒ずみは注意しないと!笑
でも、私も気になるからトイレで見てこよ。

アサミがトイレで確認すると・・・

アサミ(26歳)

ずみ子~、私も黒ずんでた!

アサミさんもデリケートゾーンに黒ずみがあって、どうやって薄くするのかを知りませんでした。

-次の休みに、職場の仲の良い3人で集まった時・・・-



ズミコ(22歳)

アサミさん、この間、私のあそこが黒ずんでるって話したじゃないですか?

アサミ(26歳)

あ〜、はいはい!ずみ子の陰部の黒ずみね!笑

ユウ(30歳)

あのさ、実は私もVIOゾーンのVとIの所が黒くなってた!

ズミコ・アサミ

えっ、ユウさんも!

ズミコ(22歳)

私、あの後、あそこの黒ずみを薄くして解消する方法をネットで調べたんですけど・・・

クリームとか石鹸とか、17種類も商品があったんですよ。
結局、17個もあって、どれを買ったらいいか分からなかったんですけど、どれがいいと思います?

アサミ(26歳)

ずみ子、それはなぁ、自分に使って試してみないと分からないよ。

ズミコ(22歳)

え〜〜!
効果のないクリームとか石鹸に何千円も何万円もお金払いたくないですよ〜。
ユウさんはどう思います?

ユウ(30歳)

これは、アサミの言うとおりね。
ずみ子の損したくないっていう気持ちはすごく分かるけど、
こういう美白系の商品って、ネットのサイトのランキングとかイチオシとかオススメって信用できないでしょ?

アサミ(26歳)

やらせとか嘘とかあるもんね!

ユウ(30歳)

そう。
それに、自分の肌に合う合わないって問題もあるよね。

ズミコ(22歳)

こういう美白クリームでそんな事あります?

アサミ(26歳)

あるある!
ずみ子が使ってる化粧品を私が使わせてもらった事があったけど、私の肌が荒れたことがあったでしょ?あの化粧水と乳液とか。

それと一緒でさ、ずみ子には美白効果があっても、私には効果がないとか肌が荒れたりすることはあるかも知れないよ。

ユウ(30歳)

だから、結局は自分でネットとか雑誌で調べて、商品を買って、自分で試して、
自分に合ったクリームとか石鹸を探すしかないのよ。

ズミコ(22歳)

(がっくり)誰にでも合う完璧な商品って売ってないのかぁ・・・

アサミ(26歳)

私はずみ子の気持ち分かるよ。
自分に合う商品探してたらお金かかるもんね。

ユウ(30歳)

いいこと考えた!
じゃあ、ずみ子が見つけた17個の商品を3人で買って試してみよっか?
3人で試したらかかるお金が3分の1になるし、自分の肌に合うか合わないかが分かるよ!

ズミコ(22歳)

やった!

アサミ(26歳)

いいですね!実は、私もかなりあそこの黒ずみが気になってて・・・

ユウ(30歳)

早速、今から買おっか!

17個の商品を3人で試した結果!黒ずみ解消効果が高かった商品ベスト5は・・・

イビサクリーム

東京の大人気ブラジリアンワックスサロン発、デリケートゾーン専用の美白クリームです。日本人の肌に合うよう、研究を重ね誕生しました。メディアや雑誌でも話題のクリームで、幅広い年齢層からも支持されています!

美白成分トラネキサム酸配合でデリケートゾーンの黒ずみの原因であるメラニン生成を抑制、お肌の炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kも入っています。その他13種類もの美容成分も配合。

定期購入で買えば30%オフの割引価格になり、返金保証もちょうどターンオーバー周期の28日間お試し可能です。

・有効成分「トラネキサム酸」や美白成分がふんだんに入っている!

・厚生労働省が、傷の治りが早くなると認めている最強の美白成分!

・グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)という美白成分を配合!

・その他13種類もの美白、美肌成分を配合で、最も美白力のあるクリーム!

・赤ちゃんでも使えるほどお肌にやさしく、国内工場で製造なので安心

・電話一つで簡単に解約できるので、安心して申し込める!

・中身が分からないように届けられるので、家族や周囲にバレる心配が無い!

ホワイトラグジュアリープレミアム

乳首の黒ずみケアで人気のクリームです。デリケートゾーンにも使用できますよ!

お肌の表面から奥まで3種類のビタミンが、それぞれアプローチします。黒ずみの原因メラニンが発生する、基底層という場所に届く成分も入っているので、浸透のしやすさも安心です。

使用感はサラサラしていて、お肌に負担のかかる成分もないから、敏感肌の人も使えるような処方になっています。通常購入より定期購入の方が、4,000円も安くてお得です。初回に限らずずっと4,000円割引なのが嬉しいポイント。

  • ・デリケートゾーンにも使える優秀な乳首の黒ずみ美白クリーム
  • ・独自の手法で作られた3種のビタミン(速効型、中間型、持続型)が黒い肌の色を解消!
  • ・スーパーVCTが肌の奥深くの基底層まで浸透し、黒くなった原因のメラニン色素を元から薄くする!
  • ・初回だけでなくずっと4,000円オフの値段で買える
  • ・最大90日間全額返金保証!
ヴィエルホワイト
「美のカリスマ」によって開発された、デリケートゾーンの黒ずみ向けの「美白エッセンス」です。93.7%という驚異のリピート率と、プロ御用達200以上の実績を誇る話題の美容液です。 ヴィエルホワイトは、ジェルでもなくクリームでもない、エッセンスになっています。化粧水のようにゆるめのテクスチャーが特徴です。黒ずんだデリケートゾーンの美白、解消のほか、毛穴ケアや潤いケアをしたい方にもおすすめ。

・サラサラとした使い心地で、液体タイプな所が珍しい

・毛穴やかさかさ肌が気になる人におすすめ

・割引率が高く、返金保証期間が長い

ホスピピュア

湘南美容外科と共同開発で誕生した、乳首の黒ずみ専用クリームです。満足度94.1%、アットコスメやなどでも注目度が集まっています。使った人の9割が「また使いたい!」と好評のコスメです。

美白成分「トラネキサム酸」配合で、しっかりメラニンにアプローチ。衛生的なパッケージデザインもおすすめポイントです。

最安値は公式サイトの定期購入です。とくに全身にたっぷり使いたい人は、お得な3本セットを選ぶとかなりお買い得価格で購入できます。

・湘南美容外科と共同開発によって誕生したクリーム

・メラニンの生成抑制が期待できる「トラネキサム酸」配合

・全身にたっぷり使いたい人もお得に使える

薬用アットベリー

脇の黒ずみやニオイケアのために作られたクリームです。ファッション雑誌や「スキンケア大学」でも紹介されている話題のコスメです。使った人の満足度やうるおい実感度が高く、リピート率も良い美白クリーム!

大きさの異なる美容成分が入っているので、デリケートゾーンのお肌の表面から奥までしっかりケアが望めます。プラセンタをはじめとする5つの美白成分に、コラーゲンなどの6つの潤い成分も配合されています。

・脇の黒ずみケアとして評価が高い商品

・トリプルサンド方式で肌の奥~表面までしっかりアプローチ

・回数を重ねるごとにお得に使える!石けんがもらえる!

黒ずみ解消効果が最も高い「イビサクリーム」が総合評価で1位!

イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみ解消クリームで一番人気

デリケートゾーンの黒ずみの美白に最もオススメの商品は、石鹸でもジェルでもなく、イビサクリーム

デリケートゾーンの黒ずみ専用商品で初めて、大手化粧品メーカーが美白美容液に使う成分「トラネキサム酸」に目をつけ、クリームに配合したのがイビサクリームです。
トラネキサム酸はメラニンを生成する原因因子にアプローチするため、早い段階で黒ずみを発生させない効果が望めます。
イビサクリームは、このトラネキサム酸を多量に配合しているため、黒くなった肌を最もスピーディに美白にできます。

また、ブラジリアンワックスサロンが、脱毛に来たお客様一人ひとりにデリケートゾーンの悩み、肌の悩みを聞き、クリームの効果や塗り心地を研究したため、「解消までの時間が最短3週間」、「塗り心地が滑らか」、「塗ったときの刺激ゼロ」、「値段や保証も有り」など欠点がありません

・デリケートゾーンの黒ずみを早く治したい
・肌に刺激のない優しいクリームが良い
・なるべく安く解消したい
・効かない場合は返金して欲しい

イビサクリームはこんな人にオススメの、デリケートゾーンの黒ずみ解消専用クリームです。

 

デリケートゾーンの黒ずみ解消商品17個の効果、成分、値段(送料も)を比較!

デリケートゾーンの黒ずみ解消商品(クリーム、石鹸など)を17個購入して、実際に自分たちのデリケートゾーンに使ってみました。
この17個の商品の中で、最も黒ずみ解消に効果が高かった商品ベスト5を比較しました。

商品名 効果 注目成分 値段・返金保証
イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみ解消に使われている

1位 イビサクリーム

3週間~2ヶ月
高い黒ずみ美白力を感じた

最強の美白成分
トラネキサム酸

4,400~7,000円(税抜)
28日間返金保証
ずみ子の感想 17個の商品の中で1番早くに変化があった。デリケートゾーンの肌も荒れることもなく使いやすさも◎
アサミの感想 2週間目ぐらいから効果があった。お肌に透明感も出てきて満足。
ユウの感想 思っていたより早く美白を実感できて驚いている。今後も使い続けたいクリーム。
商品詳細ページはこちら 公式サイトはこちら
商品名 効果 注目成分 値段・返金保証
ホワイトラグジュアリープレミアムで黒ずみのあるデリケートゾーンを解消

2位 ホワイトラグジュアリープレミアム
1ヶ月~3ヶ月で解消 3種類のビタミン 5,980円(税込)
毎月先着300名限定で90日間返金保証
ずみ子の感想 バスト用だけどデリケートゾーンにも使うことができた。ヒリヒリしなかった!
アサミの感想 黒ずみ解消までは行かなかったけど、トーンアップはあった。
ユウの感想 3種のビタミンのうち1つは、メラニンの出来る所まで届くというのは良い。
商品詳細ページはこちら 公式サイトはこちら
商品名 効果 注目成分 値段・返金保証
デリケートゾーンの黒ずみを解消するクリーム3位のヴィエルホワイト

3位 ヴィエルホワイト
約2ヶ月~3ヶ月で解消 リポソーム化された贅沢美白成分 4,395円~9.960円(税抜)
120日間返金保証
ずみ子の感想 すべすべにはなるけど、美白は変化なし。
アサミの感想 ぐんぐん浸透して、うるおい感があったのは良かった。
ユウの感想 私のデリケートゾーンの黒ずみには効かなかった。リポソーム化浸透製法で、トラネキサム酸が入っている点は評価できる。
商品詳細ページはこちら 公式サイトはこちら
商品名 効果 注目成分 値段・返金保証
ホスピピュアはデリケートゾーンの黒ずみ解消クリーム4位

4位 ホスピピュア
個人差がある 初期段階で黒ずみ抑制
トラネキサム酸
5,500円~9,000円(税抜)
90日間返金保証
ずみ子の感想 効果がすごくあったわけではないのに、値段は高めなので継続できなさそう。
アサミの感想 2ヶ月使ったけど、効果があったのかどうかよくわからなかった。
ユウの感想 トラネキサム酸配合は良いけど、見合った美白効果があるかというとやや不安。
商品詳細ページはこちら 公式サイトはこちら
商品名 効果 注目成分 値段・返金保証
5位の薬用アットベリーでデリケートゾーンの黒ずみ解消

5位 薬用アットベリー
効果の実感は低め 5つの美白成分 2,980円~6,800円(税抜)
180日間返金保証
ずみ子の感想 パッケージは可愛いけど、あそこは黒いままだった。
アサミの感想 私の場合は全く変化なし。脇用でデリケートゾーンの黒ずみを治すのは難しいかな?
ユウの感想 返金保証が長いのは良い。黒ずみは解消されなかった。
商品詳細ページはこちら 公式サイトはこちら

黒ずみ解消に石鹸や医薬品はダメ!クリームが選ばれている「ある理由」とは?

デリケートゾーンの黒ずみ解消商品は17個以上、たくさんあります。これらの商品を3つに大きく分類すると、

石鹸、ソープ

医薬品(ハイドロキノンやトレチノインなど)

クリーム、ジェル

に分けることが出来ます。私たちが17個の商品を使い分かったことは、「クリームとジェル」がおすすめということです。どうして「石鹸、ソープ」や「医薬品」ではなく、「クリームやジェル」なのでしょうか。

石鹸やソープはなぜダメ?おすすめできない理由

デリケートゾーンの黒ずみ解消に石鹸はおすすめできないよくランキングサイトでは、「デリケートゾーンの黒ずみ解消石鹸やソープは、汚れや皮脂を洗い流すだけでなく、黒ずみ解消成分を浸透させることができるんです!」と言った内容を書かれているのを見かけます。

これに少し疑問を感じました。
「石鹸で洗う時はシャワーで洗い流すから、本当に浸透するのかな?肌に成分が留まらないのでは?」
と思ったんですね。

私たち3人全員もやってみたけど、石鹸で黒ずみの美白を感じることはできませんでした。

医薬品である「ハイドロキノン」「トレチノイン」がダメな理由

ハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみ解消に向いていないデリケートゾーンの黒ずみ解消で美容クリニックに行くと、レーザー治療がメインに思われがちですが、医薬品を処方してもらう方法もあります。「ハイドロキノン」や「トレチノン」という薬をもらうことが出来ます。

医薬品なので高い効果が期待できる反面、副作用のリスクが心配な所がネックです。私もデリケートゾーンに塗ったことがあるけど、あそこって皮膚が薄いし、ものすごくヒリヒリとして使えませんでした。しかも下着との擦れで痛みが悪化して、日常生活にも支障が出てしまうほど・・・。

あの時は3人とも下着が履けなくなってしまって大変でした。だから特にお肌が弱い人には、医薬品のハイドロキノンやトレチノインをおすすめ出来ません。

なぜクリームやジェルが黒ずみ解消に効果があるのか?

デリケートゾーンの黒ずみ解消はクリームが効果的デリケートゾーンの黒ずみ解消にクリームやジェルが良い理由は、美白成分を肌に留めておけるからです。石鹸のように洗い流す必要もなく、朝塗ったらそのまま夜までしっかり成分が残ってくれます。

しかも美白成分やうるおい成分が、長時間浸透してくれてる感じもわかります。

「そのクリームやジェルでどれくらい黒ずみは薄くなるの?」
と、気になっている方も多いでしょう。
この後3人の黒ずんでいたデリケートゾーンの色の変化をお見せしますね!

【まさか!】イビサクリームをデリケートゾーンに2ヶ月間塗ったらこんなに変化が!

デリケートゾーン 黒ずみ

自宅で黒ずんでしまったデリケートゾーンのケアが出来たらいいなぁと思いつつ、
「そんな簡単にキレイになるわけない」
「どのクリームを使っても同じでは?」

と不安な気持ちになり、なかなか購入に踏み込むまでは行かないと思います。
その気持ちもわかります。だからまずはイビサクリームを使った、私たち3人のデリケートゾーンの黒ずみのビフォーアフター写真を見てみてください。

ちなみに私(ずみ子)と職場の先輩2人の3人でチャレンジしました!

⇒ビフォーアフター画像を見る

3人が2ヶ月間(60日間)デリケートゾーンに塗り続けたクリームはコチラ!

私たち3人が2ヶ月(60日)間塗り続けたクリームは、「イビサクリーム」です!
朝晩1回ずつ(出勤前とお風呂上りに)、気になる黒ずみに塗りました。

最強の有効美白成分「トラネキサム酸」が入っていて、成分内容も安心できる「イビサクリーム」。私たち3人の股の黒ずみはどうなったのか・・・

ずみ子たち3人のデリケートゾーンの黒ずみの変化(ビフォーアフター画像)

ビフォーアフター画像をそのまま載せたいのですが、デリケートゾーンというちょっと公開するのは微妙な部位なので、別ページでどのくらい変化したかをお見せしますね。
下のボタンを押して、ビフォーアフターの画像をご覧ください。

デリケートゾーンの黒ずみを解消する「3つの方法」とは?

黒ずんだデリケートゾーンをなるべく早く治すには、以下の3つの方法があります。

解消法1:皮膚科、美容外科
解消法2:黒ずみ対策石鹸
解消法3:黒ずみ解消クリーム

それぞれの方法の「治るまでの日数」、「痛みや副作用」、「治るまでにかかる費用」を比較します。

治るまでの日数 痛みや副作用 治るまでにかかる費用
皮膚科、美容外科 2週間~3ヶ月 陰部の痒み、痛み
出血、ただれ
30,000~120,000円
黒ずみ対策石鹸 4~10ヶ月 特になし 12,000~40,000円
黒ずみ解消クリーム 3週間~4ヶ月 特になし 4,500~18,000円

お金がかかってもいいし、陰部の痒み、痛み、出血、ただれも大丈夫!とにかく早く治したい!という方は、皮膚科や美容外科に診察を受けにいきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみを早く治したいけれど、出費は抑えたいという場合は、黒ずみ解消クリームを使うことをオススメします!

では、デリケートゾーンの黒ずみが最も早く解消できて、値段もお手頃で、返金保証もついているクリームはどれなのでしょうか?

最もオススメのデリケートゾーンの黒ずみ解消クリームは?

私たち3人は、黒ずみを解消するクリームや石鹸などを17種類使って、デリケートゾーンの黒みが薄くなるかを試しました。
その17種類の商品の中で

「最も治るまでの日数が早く」
「厚生労働省が認めるトラネキサム酸を配合」
「値段が安く」
「返金保証も付いている」

最も黒ずみに悩む女性を救っている総合評価で1位の商品は、イビサクリームです。

黒ずみの解消効果が「2倍」に?クリームの効果的な使い方・塗り方!

各商品の公式サイトやデリケートゾーンの黒ずみ解消方法を紹介しているサイトで、クリームの使い方が説明されています。
ですが、普通過ぎて説明を読む意味が無いので、私たち3人が実践している「自称、黒ずみ解消効果を2倍にするクリームの使い方・塗り方」を紹介します。

デリケートゾーンに黒ずみができる原因って?

デリケートゾーンに黒ずみができる2大原因は、以下の2つです。

  • 下着のこすれ
  • メラニン色素のとどまり

詳しく説明するともっとたくさんの原因がありますが、それはこちらをお読み下さい。
デリケートゾーンの黒ずみの原因

下着のこすれ

下着の擦れ(こすれ)は、ピッタリの下着を履くことで皮膚と下着がこすれてしまい、その刺激でメラニン色素が発生して黒ずんでしまう原因になります。
ですので、少なくとも寝る時は緩い下着を履くようにしましょう。

メラニン色素のとどまり

メラニン色素は皮膚の新陳代謝とともに、表面に押し出され、排出されます。
ですが、新陳代謝が滞り、排出されないと、通常の皮膚よりも色が濃くなった、メラニン色素を多く含む皮膚がその部分にとどまり続けます。
すると、色の濃い皮膚がミルフィーユのように積み重なるので、どんどん色が濃くなって黒ずんでしまいます。

この黒ずみの原因であるメラニン色素の排出を促すのが、黒ずみ解消クリームです。

結局、黒ずみの解消に大事なのは何なの?

デリケートゾーンの黒ずみを解消するのに大事なのは、2つです。

  • 「メラニン色素」ができないようにする(下着で擦れないようにする)
  • 「メラニン色素」を排出する(クリームを塗る)

つまり、黒ずみの原因である「メラニン色素」を作らせず、スムースに排出すれば、黒ずみはどんどん薄くなるんです!

メラニン色素を作らせない=緩い下着を履く
メラニン色素を排出する=クリームを塗る
で黒ずみを解消できるのは分かりましたが、ここで大事なのは、「クリームの美白成分をメラニン色素のいる部分まで浸透させる」ことです。

いくらクリームを塗っても、美白成分がメラニン色素の留まっている部分まで浸透せずに、皮膚の表面から先に届かなければ、クリームを塗る意味がありません。

では、どうやってクリームの美白成分を皮膚の深くまで浸透させればいいのでしょうか?
それは、体を石鹸でしっかり洗って、タオルで拭いたあと、ボディクリームなどを塗る前に何よりも早く「クリームを黒ずんでいる部位に塗ること」です。

この時に、黒ずみ解消専用の石鹸であそこを洗うとより効果的です。

では、これで黒ずみ解消効果が2倍になるのかと言うと、これだけではありません。
さらに、寝る時や家にいる時に「ある方法」をすることで、黒ずみを解消する効果を2倍に高めることができるんです。
それは、・・・。

自称、黒ずみ解消効果を2倍にするクリームの使い方・塗り方で最大のポイント

黒ずみが気になる部位にクリームを塗り込むのは分かりました。
でも、そのクリームって寝てる間に下着や布団に付いて、取れちゃうんじゃ・・・。
と心配になりませんか?

実際に、寝る前にべたべたに塗っても起きた時にはさらっとしていて、クリームが取れてしまっていることはよくあります。

そこで私たちが試したのは、「部位と下着の間にラップを挟むこと」です。

何と、ラップを挟んで寝ると、起きた時にもクリームでベタベタ状態で、寝ている間ずっと、無駄なくクリームの美白成分が浸透していました!

※この時に用いるラップは、分厚いラップは異物感が気になるので、安い薄いラップがオススメ

自称、黒ずみ解消効果を2倍にするクリームの使い方・塗り方の手順は?

  1. 朝出かける前に黒ずみが気になる部位にクリームを塗る
  2. 帰宅後、お風呂でキレイにあそこを洗う
  3. 黒ずみが気になる部位をタオルで拭く
  4. クリームを指に取り、部位にしっかりと塗り込む
  5. ラップを部位に貼り付ける(クリームを塗っているから張り付く)
  6. 緩い下着を履いて寝る

デリケートゾーンの黒ずみ「7個の原因」

女性にとって、デリケートゾーンの悩みはやっぱり恥ずかしいですよね?だから人には言わないものの、『黒ずみ』に悩む人はとても多いんです。

しかも「デリケートゾーンの黒ずみが気になるけど、なんでこうなるのか原因が分からない…」という人もたくさんいて、気になるけど対策できない状況が続きやすいですよね?

今回はデリケートゾーンが黒ずむ主な原因を説明しますので、黒ずみ対策に役立ててください。

原因1:肌への摩擦

デリケートゾーン以外の黒ずみでも同じですが、肌が黒くなる原因は『メラニン』と呼ばれる色素が関係しています。メラニンという単語は有名ですが、『なぜメラニンが黒ずみを作るのか?』という点は知らない人も多いので、ちょっとだけ詳しく見ておきましょう。

メラニンが肌を黒くしてしまう理由
メラニンは『紫外線などで肌が刺激を受けると、それに反応して生成される色素』です。メラニンが発生すると肌に黒ずみが発生し、紫外線などの刺激から肌を守ってくれます。つまりメラニンは大切な存在である一方、発生することで肌の見栄えが悪くなるのも事実です。

メラニンと言えば紫外線のみで作られると勘違いされますが、摩擦などの刺激でもメラニンは発生します。とくにデリケートゾーンは下着の食い込みや動きもあり、常に刺激されやすいですよね?

ゆえに、デリケートゾーンの黒ずみで悩む女性は『ぴっちりとした下着』を着用している場合が多く、衣類による摩擦が原因になりやすいでしょう。

原因2:ターンオーバーの乱れ、加齢

デリケートゾーンの黒ずみの原因となるターンオーバーの乱れ若いうちほど「肌が黒ずんでいたけど、自然と治った!」ということが多いですよね?これは肌の新陳代謝である『ターンオーバー』が活発だからであり、このターンオーバーが乱れることで黒ずみも修復しにくくなるでしょう。

実はターンオーバーはとても乱れやすく、とくにデリケートゾーン周辺は下着などの圧迫や刺激が続きやすいため、なんの対策もしないとターンオーバーが追いつかないのです。

なお、ターンオーバーが乱れる主な原因はやっぱり加齢でして、年齢と共にターンオーバーの機能も低下し、黒ずみが目立つようになるでしょう。

原因3:食生活

デリケートゾーンの黒ずみの原因となる食生活女性はダイエットを意識する人が多い分、『黒ずみ対策に必要な栄養』も不足しやすいのはご存じですか?

ダイエットを強く意識した食生活だと、以下の栄養が不足しやすく、黒ずみもなかなか改善できません。

ビタミンC
美容成分として有名なビタミンCは、『メラニンの生成を抑制する働き』もあります。ビタミンCを摂取することで黒ずみが予防でき、デリケートゾーンの美しさも保てるでしょう。
鉄分
女性は生理などで不足しやすい鉄分ですが、この成分は血液を作るだけでなく、『酵素』の生成にも必要です。酵素が十分だと肌の抗酸化作用(老化防止)が期待できるため、貧血気味の人は酵素も不足しているケースが多いでしょう。
たんぱく質
ダイエットをする女性は野菜中心の生活になりやすく、そうなると不足するのがたんぱく質です。実は肌に欠かせないコラーゲンもたんぱく質の一種であるように、不足すると綺麗な肌を新たに作れなくなるため、ダイエットで美しくなるなら欠かせない成分でしょう。

ダイエット中の女性は「とにかく栄養は摂らないように!」と考えますが、それは間違いです。

栄養バランスが崩れた食生活では、いつまで経っても黒ずみが消せないでしょう。

原因4:ホルモンバランスの乱れ

デリケートゾーンの黒ずみの原因となるホルモンバランスの乱れ女性は男性に比べるとホルモンバランスが乱れやすく、ホルモンのバランスが悪いままだと肌の調子が悪くなり、黒ずみも治しにくいです。

「ホルモンバランスってなんで乱れるの?」と疑問に思うなら、以下の理由をチェックしましょう。

 

  • 生理周期
  • 更年期
  • 睡眠不足
  • 過度のダイエット
  • 悩みを抱えすぎる
  • 飲酒

このように、多くの女性が該当しやすいように、ホルモンバランスの乱れはかなり起きやすいのです。

完全に防ぐのが無理だとしても、できるだけ回避できるような生活を心がけたいですね。

原因5:ストレス

ストレスはデリケートゾーンの黒ずみの原因ストレスはターンオーバーやホルモンバランスを乱すだけでなく、免疫力まで低下させます。ストレスが過度だと病気になりやすいだけでなく、黒ずみも悪化させやすいのを知っておきましょう。

デリケートゾーンはどうしても雑菌がわきやすく、免疫力が低下しているとかゆみも感じやすくなり、ついかきむしったり強い力で洗ったりしやすいですよね?そうなると肌へ刺激を与えやすくなり、さらなる黒ずみを招くのです。

なお、通気性の悪い下着を着用していると、さらに雑菌が繁殖します。ストレスをため込まないのもそうですが、かゆみが酷いなら下着の素材も見直しましょう。

原因6:乾燥

デリケートゾーンの黒ずみの原因となる乾燥実は『デリケートゾーンは乾燥しやすい』というのをご存じでしょうか?デリケートゾーンの肌はかなり薄く、肌が薄い部位は保水性(潤いをため込む力)が弱いため、どうしても乾燥に弱いのです。

そして潤いのない肌はバリア機能が低下し、刺激にも弱くなります。乾燥したデリケートゾーンはちょっとの摩擦でも過剰反応を起こし、さらに黒ずみが発生するでしょう。

普段から顔の保湿をしている人でも、デリケートゾーンは意識しないことが多いです。『肌であればどこでも乾燥する可能性あり』と考え、しっかりと保湿したいですね。

原因7:間違った洗い方

デリケートゾーンの間違った洗い方は黒ずみの原因となるデリケートゾーンを清潔にすることで雑菌もわきにくく、黒ずみも治しやすいと思いますよね?ですが、激しく洗うのは考えものです。

デリケートゾーンは刺激に弱いように、ゴシゴシと強い力で洗ったり、洗浄力が強すぎるソープを使ったりすると、肌に刺激を与えてしまいます。刺激が黒ずみにつながるのは再三説明した通り、間違った洗い方は黒ずみを悪化させるのです。

もちろん洗い方が弱すぎると雑菌が繁殖するので、デリケートゾーンは手で優しく洗ったり、ここだけ洗浄力が控えめのソープを使ったり、ほかの部位以上に丁寧なお手入れをしましょう。

デリケートゾーンはその名前通り、とても繊細です。だから黒ずむ原因も多く、たくさんの女性を悩ませるでしょう。
その分対策も大変ですが、ここを綺麗にしておくとほかの病気も防ぎやすく、「私は見えないところもちゃんと綺麗にしてる!」と自信が持てますね。
自信を持つ女性は顔付きにも現れるように、デリケートゾーンの保護も綺麗になる秘訣です。顔のスキンケアだけでなく、こうした部位にも気を払ってくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみ「9個の解消方法」

女性を悩ませるデリケートゾーンの黒ずみですが、黒くなる原因はさまざまであり、「普通にしているつもりなのに、黒くなった…」と悩む人も多いでしょう。

ですが、原因があるなら対処法もあります。今回は『デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法』を、9つご紹介します。黒ずみに悩む女性はこれらを実践し、綺麗な状態を取り戻しましょう!

解消方法1:体を冷やさないようにする

体を冷やさないようにし、デリケートゾーンの黒ずみを解消冷え性に悩まされる女性はとても多く、体が冷えることで女性ホルモンの分泌量が減るのはご存じでしょうか?そして女性ホルモンが減って体内のホルモンバランスが乱れると、黒ずみを治してくれる『ターンオーバー機能』も衰えてしまうでしょう。

ターンオーバーとは?
ターンオーバーとは『肌の新陳代謝』であり、代謝機能が正常ならば肌も一定周期で生まれ変わるため、黒ずんだ肌も自然と元通りになります。しかしターンオーバーはちょっとのことで乱れてしまい、「女性ホルモンが減ると肌の状態が悪くなる」というのは、女性ホルモンとターンオーバーが密接に関係しているからです。

昔から『女性は体を冷やしてはならない』と言われるのは、女性ホルモンが関係しているからですね。こうした冷え対策を行うなら、以下のことに気をつけてみましょう。

  • 冷たいもの(体を冷やすもの)を飲み過ぎない
  • お風呂の時間はシャワーよりも湯船に浸かるべし
  • 冷えやすい場所(お腹や足など)をピンポイントで温める
  • 夏でも薄着しない

「夏は暑いから薄着でも大丈夫!」と思いがちですが、建物に入ると空調が強めの場合が多いため、肌を出し過ぎてはいけません。夏に薄着をするなら、『空調が効きすぎている場所で羽織れる服』も持ち歩くといいでしょう。

全身をきちんと温めていれば、デリケートゾーンの改善も進みます。

解消方法2:たばことお酒を控えよう

デリケートゾーンの黒ずみ解消にはたばこを控える最近は女性でも『たばこ』や『お酒』といった嗜好品を好む人が増えましたが、これらは黒ずみ改善の邪魔になりやすいです。

というのも、こうした嗜好品は『ホルモンバランスを乱しやすい』からですね。

たばこの影響について
たばこには『女性ホルモンの分泌量を減らす働き』があり、吸ってしまうことで妊娠しにくくなったり、生理痛が悪化したりします。女性ホルモンが減ると体内のホルモンバランスも乱れてしまい、黒ずみが消えにくくなるでしょう。
お酒の影響について
お酒に含まれるアルコールは『睡眠の質を下げる』という影響があり、熟睡しにくくなります。すると自律神経が乱れてホルモンバランスも崩壊し、黒ずみが悪化しやすくなるでしょう。

こうした嗜好品の悪影響は男性よりも女性に出やすいため、男性と同じ感覚で双方を嗜んでいると、いつまで経っても黒ずみは治りません。

肌の修復機能を最大限にしたいなら、お酒もたばこも控えてくださいね。

解消方法3:十分な睡眠時間を確保しよう

睡眠時間の確保はデリケートゾーンの黒ずみ解消になる睡眠の質が悪いと肌も綺麗にならないように、『ターンオーバーは寝ているときに進む』という特徴があります。

なので十分な睡眠時間を確保すると共に、熟睡するために以下のような対策も意識しましょう。

 

  • 午後10時から午前2時まではしっかりと寝ておく
  • 自分に合った寝具を揃える
  • 寝る前は目への刺激を避ける
  • 寝るときは部屋から光をなくす

午後10時から午前2時の睡眠は『ゴールデンタイム』と呼ばれるように、ターンオーバーが最も活発化します。この時間に熟睡できるかどうかは、肌も含めた健康に関わるでしょう。

デリケートゾーンが綺麗な女性は、睡眠不足もきちんと回避しているのです。

解消方法4:運動で代謝を改善しよう

デリケートゾーンの黒ずみを解消するための運動適度な運動は全身の若さを保つように、体を動かすことでターンオーバーにもよい影響があります。デリケートゾーンも肌の一部ですし、運動は肥満防止になるため、美しくなりたい女性にピッタリですね。

ただし、筋トレと呼ばれるような無酸素運動は体への負荷が強く、女性には向きません。デリケートゾーンの黒ずみを治したいなら、程よい負荷の『有酸素運動』を始めてみましょう。

有酸素運動に該当する代表的な運動は、以下の通りです。

  • ウォーキング
  • ヨガ
  • 水泳
  • エアロバイク

こうした運動を無理なく続けることで、デリケートゾーンのターンオーバーも活発になるでしょう。

また、有酸素運動は綺麗な体のラインが作れるため、デリケートゾーン以外も美しくなれて一石二鳥です。

解消方法5:黒ずみを防ぐ食べ物を摂ろう

デリケートゾーンの黒ずみを解消する食べ物黒ずみは日々の食事内容も関わっているため、『黒ずみを防いで美しい肌を作る食べ物』を摂取するのは大変有効です。

そうした食べ物はビタミンC(美白効果)、鉄分(抗酸化作用)、たんぱく質(健康な肌作り)を含むことが多く、これらの成分を多く保有する食べ物は以下が該当します。

 

☆ビタミンCを多く含む食べ物

  • レモン
  • みかん
  • いちご
  • ブロッコリー
  • 赤ピーマン
  • のり
  • アセロラ

☆鉄分を多く含む食べ物

  • パセリ
  • 豚レバー
  • 鶏レバー
  • 小松菜
  • 卵黄
  • ひじき
  • 干しエビ

☆たんぱく質を多く含む食べ物

  • 鶏ささみ
  • すじこ
  • かつお節
  • 煮干し
  • 納豆
  • ごま
  • 落花生

女性は月経の都合で鉄分が不足しやすく、「太るから…」とたんぱく質を避けがちです。

ですが、こうした栄養も適度に摂取しないと、デリケートゾーンが綺麗になりません。たとえばたんぱく質は植物性(大豆類など)を優先すれば肥満にもなりにくいように、工夫すればダイエットとも両立できますね。

解消方法6:ストレスを解消しよう

ストレスを解消してデリケートゾーンの黒ずみを美白女性は男性に比べて我慢する傾向が強く、不満があってもつい抱え込みがちです。だから『ストレスによるトラブル』も女性に多く、デリケートゾーンの黒ずみもこのストレスが関係しています。

ストレスをため込むとターンオーバーの周期や女性ホルモンが乱れ、免疫力も下がってしまいます。免疫力が下がるとデリケートゾーンが雑菌に弱くなり、かゆみを引き起こしてさらに黒ずみが悪化するでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみを治すなら、ストレス解消に時間を惜しまないでください。休日は自分がしたいことをしてストレスを解消し、気持ちを軽くすればデリケートゾーンも快方に向かうでしょう。

ストレス解消の際は他人に勧められたことをするよりも、『自分が好きなことやしたいことをする』のがポイントです。もしも「なにもせずにぼーっとしたい…」と思うなら、あえてのんびり過ごすのもいいでしょう。

解消方法7:下着を見直そう

黒ずみは摩擦や圧迫などの刺激が引き金になるため、デリケートゾーンの黒ずみは『下着による刺激』が関係しやすいです。

したがって、自分が身に付けている下着を見直すことで、黒ずみも解消しやすくなります。これまで下着にこだわってなかったなら、以下の点に注目して改善しましょう。

サイズはぴっちりしすぎないものを選ぼう
今の下着のサイズはきつすぎませんか?サイズがぴっちりすぎるとデリケートゾーンに食い込み、摩擦が起きやすくなって黒ずみの原因になります。下着を買うならしっかりとサイズを意識し、程よい大きさを選びましょう。
肌に優しい素材を選ぼう
下着の素材は多種多様ですが、デリケートゾーンを労るなら『綿』か『絹』がおすすめです。どちらも肌に優しく通気性にも優れるため、デリケートゾーンへの刺激も控えめでしょう。なお、普段用は綿の製品揃えておき、高額な絹の製品はお気に入りを数着用意すれば、お財布にも優しいです。

下着は女性の大事な部分を守る衣類なので、惜しんではいけません。

大人になってデリケートゾーンを気遣うようになったら、下着のランクもアップしましょう。

解消方法8:優しく洗おう

デリケートゾーンは優しく洗って黒ずみを解消デリケートゾーンが汚れたままだと雑菌が繁殖し、黒ずみも治せません。そうなると綺麗に洗う必要がありますが、強い力で洗うのはNGです。

デリケートゾーンは刺激に弱いため、ゴシゴシ洗うと逆に黒ずみが濃くなります。デリケートゾーンを優しく洗いつつ清潔さを保つなら、以下の点に注意してください。

  • 洗うときは指の腹を使って優しく触れる
  • ソープはデリケートゾーン専用の製品を使う

デリケートゾーンに悩みを持つ女性が増えたので、専用のソープも登場しています。デリケートゾーンに特化した製品なら低刺激かつ清潔にしてくれるため、黒ずみに悩むなら使う価値はありますね。

黒ずみを治したいなら、とにかく優しく洗うように心がけてください。

解消方法9:デリケートゾーン向きのクリームを使おう

デリケートゾーンの黒ずみを解消するにはクリームデリケートゾーン専用のソープがあるように、『デリケートゾーン専用のクリーム』も増えてきました。「デリケートゾーンにクリームなんているの?」と思われそうですが、黒ずみを治すならとても役立ちます。

たとえば、『デリケートゾーンは乾燥しやすい』のはご存じでしょうか?乾燥すると摩擦や雑菌に弱くなるため、潤いを与えないと黒ずみは広がるばかりです。専用クリームはそうしたデリケートゾーンに潤いを与え、刺激から守るバリアを作ってくれるでしょう。

また、黒ずみ解消にうってつけな美白効果を含む製品が多いため、デリケートゾーンのケア用品としては極めて優秀ですね。

人間の体には代謝機能があるように、デリケートゾーンの黒ずみも自然に修復しようとしてくれます。ですが、自然に任せっきりだと黒いままなのは、『デリケートゾーンは名前の通り繊細すぎるため、そのままだと修復が追いつかないから』ですね。なので、デリケートゾーンの黒ずみを本気で治したいなら、具体的な対策を施してあげましょう。

今回お伝えした対策は、どれも黒ずみ解消に役立ちます。まずは1つずつでも構いませんので、綺麗なデリケートゾーンを目指して対策をしてみてください!